BLANCA-80EDT OTA with DX FOCUCERBLANCA-80EDT鏡筒(DXフォーカサー仕様)

About 10mm margin of the focus is left with EMS-UM with 2″ sleeve, but in the case of the EMS-UL no margin will be left,So, the OTA must be cut short by 15mm or 20mm for keeping the appropriate margin.

 EMS-UMであれば、2インチスリーブを装着してもほとんどのアイピースで合焦しそうですが、EMS-ULだと全く余裕がないため、20mmほど鏡筒を短縮する予定です。

 (今回は、EMS-ULセットと、鏡筒の短縮のみのご依頼なので、単体のEMS扱いでのほぼ即納となります。)

(言い訳がましいですが、ほぼ2年間に渡りまして、父の介護によりBINOの納期に遅れをきたしてしまいましたこと、改めて深くお詫び申し上げます。 また、先般の父の葬儀に当たりましては、非常に多くの方々より温かいお悔やみをいただきましたこと、改めてお礼申し上げます。 まだ、後の法要のこと、お墓のこと、相続のこと等々、課題は山積しておりますが、一日も早く以前のリズムを取り戻すべく奮闘しておりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。)



Fundamental structure of the 125SD-BINO125SD-BINOの基礎構造

This is the turning point of the binoscopic structure. There will be no way for the OTA collimation to get out of order, any more.

 これが新型のTRAVEL仕様の125SD-BINOの基礎構造です。 かつ、一般に、EMS-BINOの基礎構造の転機となるものです。

 一つのアイデアがそれまでの全てを無価値な物に変えてしまうことがありますが、まさしくその瞬間を迎えました。 左右の鏡筒の必要平行度と剛性は、対物側のメガネプレートのみで達成しており、手前のメガネプレートは、センターフォーカス的な粗動機構と剛性のダメ押しを兼ねますが、光学的な精度はこれに依存しません。(つまり前のメガネプレートのみで十分)

  手前のメガネプレートの中央下側の半円状のトリミングはデザイン的な意図もありますが、天頂時に中軸式架台のピラーに干渉しないためです。

 この方式の最大の利点は、どんなにバイアスの強いユーザーさんであっても、鏡筒を歪める(悪い方向に振る)ことが出来ないということです。 ねじ込みですから、鏡筒を斜めにねじ込むことは不可能です。  極端な話が、部品をバラバラにして海外の遠征地に送り、現地で組み立てたとしても、光軸が再現できるということです。 鏡筒の規模や個性によって、ネジ込み式メガネプレートが対物の近傍だったりフォーカサーの近傍だったりしますが、どちらにしても、このプレート1枚とEMSだけで、必要最小限のBINOが構成できることになります。 もう永久に、”光軸が狂った!”などとは言わせません。



Joint parts of the 125SD-BINO125SD-BINO、後半(接眼側)の接続部品

Another spectacle frame will be inserted between part “2” and part “3”.

 新たなメガネプレート(小)を、部品2と3の間に締め込みます。 部品2(BORGの摺動ユニット)は、元来自由に回転してしまいますが、左右それぞれの鏡筒の2と3をメガネプレートで連結することにより、光軸精度と剛性の向上のみならず、回転しない直進粗動が実現します。(しかもセンター粗動フォーカス)

 収納時には2も右端のフェザータッチも最短に縮めますので、BINO本体は非常にコンパクトになる目算です。

 (125SD-BINO(TRAVEL仕様)の製作記は1月4~6日に掲載しています。)



Televue76-BINO completed!Televue76-BINO 完成!

Televue76-BINO is completed. I could establish the new standard of the fundamental structure at last.The OTAs screwed into the spectacle frame will keep the perfect parallel forever.

 長い年月を要しましたが、ようやくEMS-BINOの理想的な基礎構造の一つが確立しました。接眼部のスタビライザーは通常は不要と思いますが、今回は初期段階で計画した通りの仕様で納品させていただくことになりました。 子供に接眼部を鷲掴みにされる等の不慮の事態には安心です。

 今、外は雪が降り続いています(ターゲットが見えない)が、雪が止みましたら最終調整をして完成です。 遅くなりましたこと、深くお詫び申し上げます。



LX80 Mount arrivedLX80架台が入荷しました

The funeral of my father had prevented me from opening the package for several days.I could open and set up the mount today.

 梱包のまま数日が経過してしまったLX80架台を今日、やっと開梱し、組み立ててみました。まだ、動かしていませんが、Webの情報では分からなかったクラッチ機構は嬉しい発見でした。 つまり、電源を入れなければ、フリー架台としても普通に使えるということです。 少なくとも地上風景はフリーモードで楽しめます。



The spectacle plate for the New-125SD-BINO125SD-BINOのメガネ型プレート

 昨日のプレートの外形を加工しました。 加工の都合(マシンや工具のキャパやワークの形状)上、意外にも外形加工の方が煩雑になります。

 ネジ切りタイプのメガネプレートとしては、今までで最大です。BINOの基礎構造の転機になりそうです。

*************************************************

 MEADE LX80-Mount が近日中に入荷します。 このマウントに一工夫をし、TOA150-BINOを搭載するという挑戦的な計画です。

 TV76-BINOも放っているわけではありません。 アルマイト屋さんの仕事始め(1月7日(月))を待っているところです。 今しばらくお待ちくださいませ。



The first surprise of the New-125SD-BINO125SD-BINO、新機軸Ⅰ

This is the first “surporise” of the New 125SD-BINO. The second, and the third surprise will follow it successively.

 メガネプレートは当然、これから外形をメガネ型に加工します。 当初は銀行マークのパーツで鏡筒パイプを直接ネジ止めする計画でしたが、このネジ方式の方が光軸の再現性が高いため、これに方針転換しました。(当然ながら、鏡筒パイプ末端のオスネジは板厚分だけ余分に延長して切っています。) さらに第2第3の秘策があります。



Super-Compact-125SD-BINO in the planning!超コンパクトな125SD-BINO計画中!

The period of New Year’s holidays, which is the only non-business days of my shop, is when I am busiest. That measns, I have no rest all through the year.All the subcontractors and material supplyers are off at this period, and I would concenrtate myself on more innovative challenge than deal with the everyday’s chores.This will make a surprisingly light and compact 125mm binoscope.

 年間を通じて店を閉じるのは1月1~3日(それと双望会の時^^;)だけですが、仕事は休まないので、むしろ忙しくなります。 外注先も材料屋さんも営業がストップするので、こんな時にはより創造的な仕事に集中します。 今年は、超軽量コンパクトな125SD-BINOを作ってみようと思っています。.