The first Muscle UP / 初めてのマッスルアップ

I am going to write about my first Muscle-UP without the rubber tube today.
The video will follow when the form would be more perfect.
I have been involved in Calisthenics for nearly a year, and trapped in the thrill of myself to be able to do what I could not do yesterday.

 今日、マッスルアップが初めてゴムチューブなしで出来たので、備忘録として記録しておきたい。
 自転車の標準的なゴムチューブ2本で出来たのが、2か月ほど前だったか? その後すぐにその1本が切れて、代わりに極細のゴムチューブに代えて(つまり1.5本)練習していたのが、前回(3/23)ご紹介したYOUTUBEで、実はその翌日にその細いゴムチューブが切れてからは、標準チューブ1本で練習していました。
 そして今日、初めてチューブの助けを借りずに、何度かマッスルアップを成功させることが出来ました。

 昨日できなかった事が今日は出来る!というカリステニクスの醍醐味にすっかりはまってしまいました。
 面白いですよ。あなたも始めませんか?

 (フォームが綺麗になったら、また動画をUPするつもりです。)

EMS-UM of the black version in the making

黒のハウジング(単体用)がまた払底してしまったので、次を仕込まないといけません。最近、白ハウジングを仕込んだばかりで、休ませてくれませんね。

New Finder-BINO successful !

The simplest Finder-BINO I have ever made!

一般的な8×50mmのファインダーの対物ユニットを使用しました。
MAGELLAN-10mm(100°)で射出瞳径=3.0mmでしたので、この組み合わせでの倍率=16.7倍、対物の推定焦点距離=167mmです。
 アミチプリズムは、KASAI-TRADINGさんの”90度正立接眼部ユニット(ヘリコイド付き)”を使用しました。
 一部加工をしていますが、写真に見えているリング系のパーツ類は全てEMSのシステムパーツを使用しています。ファインダーBINOは多く製作して来ましたが、今回が一番シンプルな構造になりました。
 このセットアップで地上風景を見てみましたが、シンプルな光学系ならではの6度の超絶広視界の抜けの良さに絶句しました。
 ホルダーを工夫することで、メインのBINOのファインダーになりますが、このミニBINO自体が、十分に単独で楽しめる物だということが検証できました。
 野山に担いで行くなら、高級屈折鏡筒1本よりも、このミニBINOの方がはるかに楽しめること請け合いです。

EMS-US SET completed !

 車なら、”自動車学校”というものがあり、検定試験に通った者しか運転できないのだけど、EMSには、EMS学校も検定試験もありません。自動車の場合は、使い方によっては他人を殺す凶器になるので、検定の制度が定着しているのでしょうが、EMSはどんな使い方をしても、他人を傷付けることはありませんからね。
 納品したEMSが最終的にどう使われるのか? 見届けられないことの方が多いのは、実に歯がゆいものです。

EMS-US SET for the catadioptric use in the making

 EMS-US/UMのミラーが小さいのは、接続間を排除して内部光路長が短く、大きなミラーが干渉するからそうしているのであって、安価にするために小さくしているのではありません。今回のケースのように、シュミカセで延長管を用いるのであれば、EMS-ULを使用すべきと考えますが、代理店経由のお客さんが(コストのためか?)EMS-USに固執されているとのことで、この選択になりました。
 シュミカセ等の主鏡移動方式のフォーカシングで、バックフォーカスを大きく引き出すと、球面収差は容認するにしても、合成焦点距離がさらに長くなる(例えば、F10ならF12くらいになる。)ので、少しでも低倍広角に対応する意味でも、EMS-UL以外の選択肢はないと思うのですが、その辺、どれだけ理解なさっているのか?
 目幅もお知らせいただけず、いきなり、「鏡筒間隔=145にしてくれ」とのご指摘でしたが、ご自分の目幅で固定して使用されるとのこと、目幅をお聞きしたところ、「大体70mmくらい^^;」とのことでした。