IPD Crayfords of the 130EDT-BINO130EDT-BINOの目幅クレイフォード

The left one is most contacted, and the right one most extended.

 左がほぼ最短、右が最長の状態です。メカを外付けにしたことで、内径をより大きく確保でき、また必要ストロークを確保しながらlow-profileにもなっています。



BLANCA115EDT-BINO

fjb1

fjb2

fjb3

fjb4

 1月の末、115EDT-BINOを受け取ってからずっと天候不順だったため、まったく星を見ることができませんでした。鳥取訪問から4週間近くたった先日、ようやく晴れた夜空にきれいな半月を見つけ、待ちに待ったファーストライトとなりました。 仕事から帰宅すると急いで2階にかけ上がり、自室に置いているBINOをベランダへと移動。月へと照準を合わせたのでした。

人生伴侶のテレスコープを松本式BINOに

 星に興味を持ち始めたのは小6の頃でしょうか。中学時代の星仲間は小型の望遠鏡を使っていましたが、私は藤井旭著「星雲星団ガイド」の中の、双眼鏡でもこれだけ見えるよ、という解説を参考にビクセン7×50の双眼鏡を買ってもらい、以後高校までそれを愛用していました。ところが、大学時代に購入した初望遠鏡のFC-76セットの見え味には、期待が大きかったせいか正直に言って満足できず、次第に星から興味が遠のいていったのでした。

 その後30年たち、目の衰えが気になりだしてから、もう一度宇宙の美しさをこの目で楽しみたいと思うようになりました。まずは手頃なBORG77EDを購入。星に地上に望遠レンズにとマルチに活躍してくれましたが、やはりよく見える望遠鏡が欲しくなり、次の機種の選考に入りました。さまざまな鏡筒や架台、それに双眼装置との組み合わせなども考えましたが、最終的に松本式BINOに決定したのは、始めに星を見る道具として双眼鏡を選んだ経験が強く影響していることは間違いありません。

鏡筒選定

観望場所は基本的に自宅のベランダです。自宅だと部屋からすぐ持ち出せるのは良いのですが、市街地に近いため、よく晴れた日でも3等星がやっとの悪条件です。対象はどうしても月惑星が多くなりそうです。よって選定条件として、収差が少なくシャープで、組み立てた状態で容易に持ち運びでき、価格もリーズナブルなこと、を重視しました。松本さんに10cm前後のEDアポを相談したところ、その頃発売されたBLANCA-115EDTは?、とすすめられ、私も実は気になっていたため、即これに決定することができました。ただし移動距離が長かったならば、より軽量な10cmEDアポか12cmF5を選んでいたのではないでしょうか。

取り扱い

 鳥取まで受け取りに行った際に、松本さんから本当に詳しく説明してもらいました。また、長年の地道な改良のお陰でしょう、全体の構成がシンプルで扱いやすく、昼間に何回か練習を行っていたため、EMSも含めて夜間でも操作に迷うことはありませんでした。

 組み上がったBINOは、3枚玉アポのしっかりした対物セルのために本体重量が17.8kgと、(予想していたとは言え)少し重くなってしまいました。そこで部屋での保管時にはEMSを外した状態にして、ベランダ設置時にアイピースの付いたEMSを取り付けることにしました。また付属のパランスウエイトは、やや重量不足だったため思いきってはずし、その代わり足首用のトレーニングウエイトを巻き付けて調節することにしまた。(写真の赤く見えるのがそれです)。それらの工夫で、移動時の本体重量を15kgまで減らすことができました。

 アイピースは必要最小限の構成にしたかったため、まずEWV-32mmと2倍ショートバローを、そして中高倍率用にイーソス6mmを購入、2インチサイズで揃えました。これらを組み合わせて25倍、44倍、133倍、233倍が得られます。

ファーストライト

 早速ベランダにBINOを設置して、いきなりイーソス6mm133倍で月を入れてみました。視野が広いためにスポットファインダーで十分です。目幅、ピント、EMS調整をすると・・・「これが月なのか!」・・・というのが第一感想です。当日はシンチレーションが悪く、それでもユラユラゆれる気流の向こう側に、これまで見たことのない月が浮かんでいます。次第に双眼視に慣れてくると、細かいクレーターや山脈、谷などが、まさに立体的な風景として目に飛び込んでくるのです。片目とはまったく別物、Google Moonの写真とも違う双眼視だけの「体験」です。当初6mmでは倍率が高すぎたかなと思っていましたが、広い視野いっぱいに色付きのない月面全体を眺めながら、ある一カ所に注意を集中すると驚く程細部まで地表の形態を「感じる」ことができます。1本で中倍率と高倍率を行き来できる、と言えばよいのでしょうか。コントラストも片目で見るよりは、ずっと強く感じます。

 月が沈んだ後気がついたのですが、その夜は2等星までしか見えておらず、どうも薄雲がかかっていたようです。そこでM42は確認程度にして、今度は昔よく見ていたシリウス下のM41を入れてみました。星々は暗めですが、双眼鏡では雲状に見えていた微恒星が無数の光の点として確認できます。さらに驚いたのが星の色です。M41内の比較的明るい星ならば赤や緑の色がはっきりわかります。特に赤がしっかり出ている印象で、星の色の違いを明確に感じることができます。赤色を正確に反射する銀ミラーの効果なのでしょう。星の色の差を認識できる、ということが、こんなに楽しいものとは知りませんでした。

 この日は月を妻や子供達にも見せました。家族にいきなり双眼視は難しいため、その時はEMSを逆はの字に回転させ、2連望遠鏡として使用しました。こんな変則的な使い方ができるのも松本式BINOならではですね。

それから数日後、気流のおだやかな、絶好の夜がやってきました。再び月を…、ゆらぎがないため前回よりはるかにすばらしい眺めです。コペルニクスは、そこから四方八方に広がる「猛烈な」起伏、詳細に見えるクレーターの淵や内部様子が本当に見事で、30分以上同じ所を眺めても全然見飽きません。もっと地形を勉強しなければ!。倍率は、バーローをつけた233倍よりは、133倍の方が月には合っている(少しまぶしいですが)、と私は感じました。何しろ全景と詳細が同時に見られるのですから。

 月明かりの中、次はM42です。トラペジウムを見るのは初めてでしたが、133倍ですぐにそれとわかりました。4つの明るい星のそばに5番目の星が微かに確認できます。事前に写真などで星の位置関係を知っていれば、6番目も見つけられたかもしれません。星像ににじみがないため、当初の予想以上にすっきりと気持ちよく対象を見ることができます。これで夜空の暗い場所で観望したなら、一体どんなふうに見えるのか…、当初の予定になかった欲望がわき起こります。

Life with BINO

 朝目覚めると、真っ先にBINOの姿が目に入ります。使わない時はコンパクトに部屋の隅にたたずみ、いざ星に向けるとすばらしい光景を見せてくれる。完成した115EDT-BINOは、これからの人生に無くてはならない存在になる、そう予感します。それに昔愛用していた双眼鏡が、姿形を変えて戻って来たかのような懐かしさもあるのです。今度の「双眼鏡」がどんなすばらしい世界を見せてくれるのか、これから末永く楽しんでいきたいと思います。松本さん、そして理解ある家族に感謝します。

藤原

管理者のコメント;

 藤原さんより、BLANCA115EDT-BINOの第1号機のリポートをいただきました。
 星見を7X50の双眼鏡からスタートされ、また本来の双眼に戻られた形とのことで、大変光栄に思います。  当1号機は、新たな部分が多く、随分とお待たせしてしまいましたが、寛大にお待ちくださり、また遠路を 車で引き取りにお見えくださいました。

  このサイズ規模のBINOが、鏡筒平行移動か、鏡筒固定で目幅クレイフォード方式かの分岐点ですが、今回は よりシンプルな構造を希望されたため、後者の方法を採用することになりました。 後者の方法は、小規模のBINOの場合、EMSの第1と第2のユニットの間隔が、目幅クレイフォードを挿入するのに十分確保できない場合が多く、毎回苦心するのですが、今回は新たな構造により、さらなるlow-profile化を達成しました。

 HF経緯台も、幅広改造をしない方向で進めました。 ただし、最終的にはどうしてもほんの少し(10mmほど)幅が足りなくなったため、大手術を施すことなく、特殊な形状のスペーサーを作ってうまく対処しました。

 ファーストライトでこのBINOの色の再現性の良さに気付かれたのは、さすがです。製作者である私自身は、実際にBINOで星を見る機会は少ないのですが、屋内の壁に掛けている赤い散光星雲の天体写真を、アルミ、銀、それぞれのミラー(1回反射)で反射させてみると、1回反射の段階ですでに区別できて、非常に興味深いものです。 自分の顔を映してみても歴然ですが、銀とアルミは、健康人と病人くらいの顔色の違いがあります。普段 見慣れている姿見の鏡も、実際の色を再現していないことが分かります。相対的に銀の方が赤味がさして見えるのですが、その 血色が忠実な再現なのであり、普通の鏡の色の方が嘘なのです。

 足首用のウェイトをうまく利用されました。 フードの伸縮も前後のバランス調整に有効ですが、フードを 常に伸ばして使われたい場合は、他の場所で調整しないといけませんね。  

 この度、藤原さんにはファーストライトのご感想をタイムリーにご報告いただき、本当にありがとうございました。 これから気候も良くなりますので、またじっくりと観察された段階での追加リポートをお待ちしております。
 



Adapter for the tripodHAL脚用アダプター

 この所、130EDT-BINOの進捗上状況がお示しできていませんが、順調に準備は進んでおりますので、よろしくお願いします。あと1週間程度でほぼ完成した姿をお示しできると思います。

 写真は、中軸架台の延長ピラーをHAL110三脚に接続するためのアダプターです。邪魔な架頭部のの突起(赤道儀の極軸の方位調整用)は、切除するか、干渉しない範囲の太さのアダプターにすることで回避できますが、今回は写真のように、アダプターの穴にすっぽりと隠し、緩み防止を兼ねさせることにしました。 これで、M10ネジ1本での接続でも不安がなくなります。



EMS-UL for a monoscopeEMS-UL

Though it is not a bino-parts, I will introduce the single EMS-UL here.Note the eye-part that is very flexible to the various applications by a user.

 BINOのパーツではありませんが、単体のEMS-ULをご紹介します。 いつも完成すると直ぐに発送していますので、写真撮影やご紹介の余裕がありませんでした。

 手前の短い方の突出部が眼側です。(以前に逆に取り付けていた方がありました^^;。)眼側のフランジであるフィルターリングの外径も2インチになっており、2インチスリーブやEMS-S(M)用のスリーブの取り付けはもちろん、ユーザー単位のあらゆる工夫や応用を受け入れるキャパを持っています。

 右手前は31.7→50.8ADでEMS-ULに標準付属ですが、2インチスリーブとのセットで、たった2㎜のlow-profileを達成しています。(2インチスリーブ端部のU字切り込みをご覧ください。)

 ネジの頭が白いのは、ステンレス製のネジしか使わないからです。ユニットを繋ぐ延長パイプ(黒)のセットビスがやや賑やかですが、第2ユニットの接続をメス接続からオス接続に最近改良したからです。以前は第1ユニット側の嵌合用のテーパボス(バレル)が第二ミラーのケースの中に少し入り込む構造でしたが、最近は両方のケース内とも、他方のフランジが挿入されることはなく、それだけミラーの収納に余裕が出ています。 その他、マイナーな部分については、常に未公開のまま改良を続けています。バレル内面の植毛シートの施工も最近開始しました。EMS-S等、バレル先端の絞り径が小さい場合には意味はほとんどありませんが、EMS-ULでは効果が大きいようですので、ユーザーの方は各自で施工されると良いでしょう。



Dovetails, the core of the New Mount, completedアリガタが完成しました。

 中軸架台の最後の山場である、アリガタ部が完成しました。合計4個のアリガタはそれぞれが鏡筒バンドのベースに取り付きます。

 以前の記事をご参照いただくと、どの部分かが分かります。クランプネジがアリガタのテーパ面を直角に押す構造にしたことのメリットは極めて大です。



Another lot of larger EMS housingsEMSの大型ハウジング次期ロット

Another lot of larger EMS housings is being processed.

 「いつまでも、あると思うな・・と・・」の諺通り、作り置きのパーツもいつかは無くなります。

 BINO作りが佳境に入った時のパーツの在庫切れは残念ですが、仕方ありません。 絶妙な治具により、速やかに完了する予定です。



Rotary Mount, 20 year’s old / 20年前の回転装置

I will show you the first rotative mount for the FS-102 binscope on an equatorial(EM-200) made about 20 years ago.

I am a little bit embarrased to see it again after 20years, because it also means that I see my past when I was rather immature compared with my current skill. Compare it with newer models that were made a few years later.

But, I have never made this type of rotative mount for more than 10 years, because I wanted to concentrate in meeting the majority orders for alti-azi mounts. (I want another hand.)

20年ほど前に製作した、FS102-BINO用の回転装置(調整のためドック入り)です。

この頃はまだEMS自体のX-Y調整機構は開発しておらず、。右の鏡筒の台座が上下と左右に振れるようになっていました。

左右の調整は、赤道儀の極軸の一般的な方向調整と同じ方法で、上下方向は、強いスプリングで下に押さえられている鏡筒設置用のベースプレートの手前を、下から押しネジで押し上げる構造で、使い勝手は今でも極めて良好です。

左の鏡筒は6個のラジアルベアリングを巧みに組み合わせてリニア機構を構成しています。まだ精密機械部品の知識もほとんどない頃に頭を捻って作ったものです。^^; この数年後のモデルと比較してみてください。

過去の自分との再会に赤面を禁じ得ません。(EMSのX-Y調整の開発により、BINOの基本構造がいかにシンプルになったかがお分かりになると思います。)

(ただ、同時に、工作手段も貧弱だった頃にしてはツボを押さえており、BINOの機能としては、常識的な構造でユーザーが理解しやすく、操作性も良いので、我ながら感心する面もあります。^^;)

(10年以上、回転装置タイプのBINOは作っていません。大多数の要望である、スタンダードな経緯台式の製作に集中したいのと、自動追尾は経緯台でも可能な(はず^^;)ので、眼視は経緯台に限る、という考えもあります。 )



Main parts of IPD Crayford目幅クレイフォードの主要パーツ(EDT130-BINO)

Aiming at the minimum OTAs’ span means the individual plans for the various binoscopes.Succesive improvement reached the lowest profiles shown in the photo.

 鏡筒間隔を最小限にするために、目幅クレイフォードは個別の設計になることが多いです。

 写真はEDT130-BINO用。 鏡筒間隔=182mmで、目幅調整範囲=60mm(57.5mm)~75mmとなります。(( )内は小目幅対応をした場合の数値。 最大目幅は本来は制限はありませんが、特別にご指定がない場合はこのくらいを最大に設定します。)



Long awaited EDT130-OTAs have arrived待ちに待ったEDT130鏡筒(4本)が入荷しました

I fond the EDT130 OTA very compact for its aperture. I can say it to be a typical material for the medium sized EMS-Binoscope from now on.

 前回使用したEDT115の姉妹機のEDT130鏡筒です。 入荷が遅れておりましたが、今日届きました。

 口径がワンランク上がると、サイズや重量のアップを数値以上に感じてショックを受けることが多いものですが、今回ばかりは、その逆で、口径の割に非常に軽量コンパクトなので驚きました。