メガネの度数

 

ホームページに眼やメガネのことを書いているせいか、ときどきご質問をいただく。

先日、覚えのない女性名で分厚い封筒が届き、密かな期待を持って開封したら、メガネで苦労して来られた経緯が詳細に綴られてあった。

比較的最近、関東地方から、大手のメガネチェーン店で何度メガネを作っても満足できなかった男性が鳥取市の当店までメガネを作りに見え、「初めて満足がいくメガネが出来た。」と大変喜んでいただいた。 どうも、全国的に相当な割合で自分のメガネ(の度数)に満足しておられない方がおられるようだ。 しかも、よくお聞きしてみると、私が当然だと考えている検査や検討を、メガネの度数を選定する段階で十分に受けておられないようだ。 これは、メガネ店だけでなく、医療機関でも同様の傾向だった。

実は、この傾向は、当方がネットで情報を発信する前から、店頭でも体験していたことだ。 半世紀に渡って鳥取市で眼科医療に貢献されたO先生はすでに故人になられて久しいが、生前にO先生の眼の度を測らせていただいていたのは私だ。現在、千葉県在住の奥さんは、メガネを作る度に私の所まで帰って来られる。奥さんも「あらゆるメガネ店、医療機関を歩いたが、満足できなかった。」という意味の事を言われた。

現在は、他覚的な検査手段が発達しているので、器械による検査だけで、比較的正確な度数を把握することは、素人でも出来る。 そこに巨大資本を持つ他業種の起業家が目を付け、医療器具であるはずのメガネを“雑貨品”として量販展開をする。もともと他業者だから、医療品を扱うというプライドも自覚もない。 有名芸能人を使って集中豪雨的に、主に価格に訴求したテレビ宣伝を流し、消費者を洗脳する。 芸能人は金になればどんなコマーシャルにも出るが、門外の業界の価値を判断する能力を彼らに期待するのも酷なのかも知れない。

さきほど説明したように、概ね正確な眼の度数を測定するのは、そう難しくない。 問題は、正確なメガネと快適なメガネが同値ではないこと(大抵は相反する)にある。 正確?で不適切なメガネが氾濫して行く(しかも加速しているようだ)のは、隠れた社会問題だとさえ思える。メガネは両刃の剣。効果と副作用が拮抗する投薬や食物と同じ。いくら栄養があっても、未調理のままでは腹を壊すので要注意だ。

もちろん、眼の検査の最初の仕事は正確な度数を把握することだ。前言を覆すようだが、実はこれも厳密にはそう簡単な事ではない。後で被検者の装用感を打診しながら、さじ加減をする時の最初の基準なのだから、正確でないといけない。問題は、その後、快適さと求める矯正視力との妥協点を、被検者と同じ目線でじっくりと決定することが大切で、これには、検者の熟練と根気を要するのである。



Okadaさんのエジプト日食遠征記です。

ecl1

ecl2

pst

Total Solar Eclipse with Sky90-BINO in Egypt

≪パッキング≫

 昨年のオーストラリア遠征の経験を踏まえ、鏡筒2本とP.S.T.は機内持ち込み可能 なサイズの40Lザックを出来るだけ小さく見えるように縛り、その他のマウント部、 三脚部をスーツケースに入れるように致しました。

 前回三脚を三脚ケースに入れ、別荷物としていましたが、2つになるため荷物受け取 りにえらく時間がかかったためです。また、1つにまとめることにより、三脚ケース の重さが不要になるというメリットもあります。

 脚が入るスーツケースとなると大型になるにもかかわらず、マウント部など重い 部品が入るため、すぐに20kgとなり空間が空いてしまいます。そこには100円ショッ プで売られているプラスチックケースと衣類で隙間が無いように並べました。旅行さ れた方はご存じかと思われますが、スーツケースは放り投げられたりされますので、 中で荷崩れが起こらないようにするのが破損防止になります。また、クランプネジの ような出っ張り部も全て外すようにします。これらも衝撃で曲がってしまい、機能な くなったと言うお話を聞いたことがあったからです。

≪観望≫

 CAIRO空港に着くなり、年に数回しか降らないという珍しい大雨に遭遇し、先行きに 不安を感じました。翌日も晴れてはいますが、いわゆる気象学的に『晴れ』という内 容で、ますます日食当日の快晴を祈るばかりでした。

 当日、宿泊ホテルから250km離れているため、リビア国境近くの軍事施設近くのため、 ムバラク大統領が観に来るという様々な理由が重なり朝3:00出発というスケジュール でした。また緯度的には沖縄と同程度で、エジプト=熱いという印象ですが、早朝は 10℃程度と上着がないと寒い場所が観測地となりました。

 10時近くまでガスに覆われ、皆の顔は若干覚悟をするというような表情でしたが、祈 りが通じたのかそれ以降は一気に快晴になりました。また、一昨日の雨のおかげで砂 が舞い上がるということもない、最高の観望条件になりました。

 私のSky90双眼は、クイックシューにより鏡筒を容易に着脱することが可能です。その ため、日食前、部分日食中は、添付写真のように一方の鏡筒を太陽望遠鏡のP.S.T.に 付け替えてプロミネンスの様子を見ていました。さすがに、日本と違って大気は安定 しており、たった40mmの口径でも粒状班の様子や黒点を取り囲むプラージュなどが良 く見えました。たまたま側を通りかかった国立天文台の渡部潤一先生や、周りのオラ ンダ人達は喜んでいました。

 食が90%以上進むと、気温が明らかに下がってくるのがわかり、そして空が徐々に暗 くなってくるのです。低空は夕方のようになっており、満月の夜程度の暗さでしょう か。ふと西の空を見ると、いつの間にやら金星が力強く輝き、ダイヤモンドリングに なると周りから大歓声が響くのでした。

 見上げると、見たこともない太陽がそこにはあるのです。真ん中がすっぽりと輝きを 無くした太陽は、漆黒をバックに左右に長く、上下に短く光り輝く妖艶な白い髪の毛 をなびかせているのです。それは、普段の太陽を手で隠して見える、フレアのような 光芒とは全く違うものです。

 たとえがなかなか見あたらないのですが、秋の繊細な絹雲が光り輝き、放射状に伸び ているような感じでしょうか。見たことがある方なら、うんうん言わんとすることは わかる。でも違うんだよな~と言うような。そう、申し訳ございません、あまりぴっ たりなたとえが無い、それは非常に繊細で、見た者のみが共有できる優艶なる美しさ なのです。

 P.S.T.を装着してたマウントは、すでにSky90双眼に装着に直され、主砲を仰角62°に 向けるのです。

黒い太陽を撃て!

かつての皆既日食時の雑誌に記載されていたタイトル。皆既日食を観に行けるだろう かと、昔思っていたが、まさしくEMS双眼でその瞬間がやってきたのです。低倍率、80° オーバーの見掛け視界で見られる双眼は、今のところEMSでしかあり得ないのです。

 コロナは全てが輝く繊細なる線となり、ピンクサファイヤのように光り輝くプロミネ ンスは、肉眼でのイメージをさらに凌駕するのです。P.S.T.での短波長のプロミネン スは赤色ですが、ここでのプロミネンスはピンクなのです!80°オーバーでもってし ても左右にはみ出て広がるコロナは、スーッと闇に消えていきます。

 なぜこのような線になるのか、地球型惑星としては大きすぎる月、この大きさが今 と異なっていたら、月、太陽との距離関係が少しでも違っていたら、、、全ての偶然 が生んだ奇跡をこのEMSで見とれていると、さらなる最後の奇跡、ダイヤモンドリング が始まったのです。

 かき消されてゆくコロナと、光り輝くダイヤモンドリングを数秒見届けた後には、拍 手と歓声、恵みなる太陽の輝きを受けながら、3年後のことを考えている自分がいた のでした。

Okada


管理者のコメント;

 前回、オーストラリアに遠征されたOkadaさんが、今回はエジプト日食遠征記を投稿して くださいました。

 私が最初にして最後?に皆既日食を目撃したのは1983年のインドネシア日食でしたので、四半世紀も昔のことに なりましたが、このたびのOkadaさんのリアルなリポートで、その時の感動を思い出しました。

 しかし、その時私が見たのは、肉眼と手持ちの双眼鏡やカメラのファインダーでしたから、実際にEMS-BINOで見た本当の感動はOkadaさんとお友達と、周りにいたオランダの グループしか分からないでしょう。その意味で、この度は本当に貴重なリポートをいただきました。

 Okadaさん、EMS-BINOを日食に連れて行ってくださって、またその感動をお分けくださって、本当にありがとうございました。