EMS-UL of the right-eye-shift in the making

 標準は(双眼時の)左眼シフトですが、写真のような右眼シフトも可能(追加料金なし)ですので、ご注文時にご指摘ください。
(尚、原理が理解できる方であれば、左右シフトの組み換えは元来難しくありませんが、EMS-UL/UMのように構成ミラー同士がほぼ接触に近いほど接近している場合は、逆シフトに組み替えると、ミラー同士が接触する可能性があります。つまり、最初からシフト方法を指定いただくのが無難です。)

Another lot of AAS-2 in the making / 新型AAS-2

 WIFI機能付きでご好評いただいていた傾斜センサー、AAS-2 ですが、基板自体も変更し、プチフリーズ現象の解消とともに、両軸共エンコーダ端子を装備することで、さらなる汎用性を満たします。(NEXUS同様の使用法も可能)

FC100-BINO on the HF-fork mount in the planning (for France)

The width of the fork mount should be extended a bit to accept the FC100-BINO system.

 当初は中軸架台をご希望でしたが、モジュールのみお送りしての海外での組み立ての場合、中軸だと鏡筒間隔を広めに設定する必要があり、バックフォーカス延長の処置等、お初めてにはハードルが高いと思い、まずは無難なフォーク架台式をお勧めしました。 フォーク架台とEMS、そしてフレーム部をご提供して、現地でFC100-BINOを組み立てていただく計画です。