Adjustment of EMS-BINO / EMS-BINOの調整

Finished EMS-Binoscopes are free from the original adjustment, because they are carefully adjusted by Matsumoto before shipping. Especially those who had accepted the binoscope at my shop have proved that EMS-BINO will have no collimation problem by the vibration of the family car while carrying.

 EMS-BINOはこちらで十分に調整して供給していますので、本来はユーザーサイドの初期調整は不要です。(X-Yノブでの使用中の微調整は別) 特にこちらで受け取られ、マイカーで遠路をお帰りの方は、車の振動くらいでは光軸が狂わないことも証明してくださっています。

Still, however, some of them have shown collimation problem by shipping. And in such a case, users should recover the collimation by themselves if you cannot afford to bring your troubled binoscope to my place. So, I reccommend you to carefully study at my website to master how to adjust the disordered binoscopes.

  しかし、こちらで受け取られず、運送屋さん経由で納品させていただいた場合に、 たまに光軸の狂いや像の倒れを訴える方がおられます。こちらで説明を聞かれる方のBINOは狂わず、説明を 聞かれない方のBINOだけがどうして狂うのか、未だに謎ではありますが^^;、どちらにしましても、EMS-BINO の調整原理は極めて単純であり、復元も極めて簡単ですので、サイト内の説明をよくお読みになり、まさかの事態で 慌てないようにしていただければ幸いです。

adex1

Assume that the left 500yen coin is the image of the left telescope. In condition that the XY image adjuster has not lost the original position, I can judge the objective end of the right telescope is misalined in the left-down direction. In other wotds, you have only to pan the right scope in the same direction as the right 500yen coin.

 上の写真は、左の500円硬貨が左眼の像と仮定します。EMSのXY調整ノブが原点を見失っていないとしますと、 右の鏡筒先が左下に振っている状態で、言い換えれば、右の500円硬貨が逃げているのと同じ方向に鏡筒先を 振れば左右の像を合致させることが出来るわけです。
  さて、合致させたのが次の画像です。

adex2

This is the merged image by the above adjustment. You will still find something odd in the above image. Yes, the left 500yen coin leans to the left, and the rihgt one to the right. In other words, the left and right image of the vertical lines form the “V” shape. So, I call this tendency of the error “V error”. And the counterpart error I call is “/I”(lambda) error. Now, you know that collimation is one thing, and image inclination is quite another.

  何だか変ですね。双眼視のコンポジット効果どころか、だぶったような像ですね。 最初の画像に返って見てください。左の500円硬貨は天方向が左に倒れ、右の硬貨は右に倒れていますね。 これを私は『V字傾向の像の倒れ』と言います。
 像の倒れの調整は、光軸の平行調整とは別個に必要なのです。

adex3

Above image shows the inclination-adjusted and collimation wanted condition.

 上の画像では、像の倒れが綺麗に修正されています。(修正方法はサイト内で反復説明しています。) (像の回転調整が光軸の平行調整とは全く独立的に行えることが、EMSの特筆すべき特長なのです。)

The image below shows the condition both collimation and inclinations are rightly corrected.

 倒れが修正された状態で鏡筒を正しく振ると、下の画像のようになります。

adex4

 この画像は、実際に半透明の2枚の画像を処理ソフトで重ねた物です。

  像の回転は、EMSを構成する2つのユニット(望遠鏡側と眼側)の接続アングルの調整で自由自在 になります。
 この事を先日ご説明した方が、「そんな事をしたら、EMSが曲がってしまうのでは??」と 心配なさっていました。^^; 左右のEMSについて、対称的に修正しますし、調整量は眼に見えないほどの微量なので、 心配無用なのです。
 それから、最初にトライされる時は、常に極端に回して見て、回転方向を見極めることが 大切です。 像が回転する原理さえ分かれば、しめたものです。^^
(見ながら追い込むのは一人では 難しいので、目分量で動かしては仮固定してチェックし、追い込んでください。調整作業の結果、生じるEMS全体の倒れは後で 望遠鏡接続部を修正すれば良いのは言うまでもありません。)

  要するに、EMS-BINOは復元調整自在なシステムであるということです。説明文を読むのがどうしても 面倒臭い方は、やはりこちらまでご足労いただく必要がありますね。^^;

 (たまに遭遇する、説明が理解できない方のために、どうすれば理解していただけるのか、試行錯誤しています。 最終的な物とは言い難いので、この原案を取り敢えず日記に残しておくことにします。)

Here is the study-tool of the image-inclination adjustment.

同日追記: 重複になりますが、サイト内の該当説明を参照しない方が多いのでは?との危惧から、特別サービス^^; で、像の倒れの修正方法の新たな教材を用意しました。 下の画像をご覧ください。

inad

1.Unscrew the three yellow arrowed set-screw, and the connection of the two units of the EMS is released, and you can rotate the units with each other. Take the most care when you unscrew the last screw so that the eye side units that is slightly blued will not rapidly drop down.

2.Rotate the whole blued part quite a bit in the same direction of that you want to rotate the image. Red arrow shows the rotating direction to correct the inclined image shown at this sample.

3.Of course, you should reversely do the same adjstment on the opposite scope. Don’t forget to screw the set-screws after finishing the adjustment, too.

 機種により異なりますが、15cm-BINOの場合は、EMSの眼側ユニットは、目幅クレイフォードにジョイント用の オスのテーパー部を挿入し、黄色い矢印の先端辺りの3箇所のM3のセットビス(芋ネジ)で固定しています。 従って、そのネジを緩めれば、接続が解除されるわけです。もちろん、いきなり3つ共緩めて、脱落事故に 至らないように細心の注意が必要です。

 さて、最後の3つ目のセットビスを慎重に緩めると、水色の紗をかけた部分全体が双方向に回転できる状態になります。 上のV字傾向の倒れを修正する場合は、赤い矢印の方向に回転させます。
 つまり、像を回したい方向と、眼側ユニットを 回転させる方向が同じなのです。当然、鏡対称で、右のEMSの眼側ユニットも同じ調整をします。
 微量とは言え、この調整の結果、アイピーススリーブは上が寄り添う形で相対的に傾斜することになります。 今度は、EMS全体を少し回して元の位置に戻せば良いのです。
 左右共にこの修正を施し、像をチェックし、まだ不完全 であれば、また元の調整に戻り、追い込んで行きます。

 文章にすれば面倒に聞こえますが、慣れれば、 回転量と像の回転角の関係も感覚的に理解できるようになり、長くても数分以内で完了する作業です。

双眼クイズも合わせてご覧ください。



150LD-BINO(2008年12月12日)

tm1

tm2

tm3

tm4

tm5

1.『150LD-BINO』を求めるに至った理由

①これまで12.5cmの双眼鏡を3台使用(初期型・直視型・45度 対空)してきた。移動性には富むが、像は満足ではなかった。

②フジノン15cm90度対空双眼鏡はよく見えるが、重すぎて一人 ではほとんど移動不可、それに固定倍率であること。

③双眼装置は以前から使っていたので両眼視の魅力は実感して いた。

④仲間内のSWで150LD鏡筒で観る機会があり、フジノン15cm90 度対空双眼鏡や屈折、C14等と見比べる機会があった。主に月 を見て比較し、150LDは色収差が残っていたがコストパフォー マンスに優れていることを実感した。

⑤12cm~13cmクラスも検討したが淡い天体には集光力が欲しか った。

⑥松本さんのHPを見て、BINO製作への強い思いを感じた。

2.観望しての印象

 先日、150LDBINOで初観望しました。  鳥取で教えて頂いた様に光軸の調整を行いました。昼間の景 色で何度も調整練習を行っていたので、初めての観望でもスム ーズに行うことが出来ました。この日は晴天でしたが、少しベ ールを被ったような空でした。場所は小石原という焼き物の里 です。

 推奨の32mm接眼レンズを装着して観望開始。初めに向けたの は、ペルセウス座の二重星団でした。既に使用されている方々 からのレポートにある「奥行きが・・・」という表現が、実際 に見て「ホントだ~」と実感しました。色の違う明るめの星と 星との間に小さく見える星たちが遠近感を与えてくれているよ うです。友人も「何故か奥行きがあるように感じる」と言って いました。

 次はスバル。視野が広いので余裕で入っています。星が明る すぎる位に見えます。ガスの広がりは有る様な、ハレーション の様な、さて・・・自分には見分けがつきません。  ギョシャ座のM37・36・38はそれぞれに特徴が良くわかって 楽しめました。特に37は極細の針先で突いたような星の集団が 楽しめました。

 M27は7インチ屈折以上のコントラストがついた見え方でし た。

 オリオンは一番期待していた対象です。東の空の高度30度 ほどで観ました。WV32mmでは倍率的に足りないのでショートバ ーローを併用しました。更にクラベの10mmも使用しました。星 雲の様子は倍率を高くしたほうが良く見えました。トラペジウ ムも美しく見えました。更に5個目の星が見えたような気がし ましたが、次回再確認してみます。

 天頂付近にはM31・33が見えました。12.5cm双眼鏡で見慣れ たM31でしたが150LDBINOは大きく広く見せてくれます。傍の銀 河もしっかり見えます。M33は今回の観望の中で収穫NO.1でし た。いつもは「淡い広がりのある天体」という印象でしたが、 今回見ると、コントラストがよく、中心部に光の塊の存在が良 く分かりました。「わ~こんなに見えるんだ」と、暫く見とれ ていました。

 南天ではNGC253を探しているとNGC288が雲のように見えてい ました。253は30cmを超える望遠鏡には太刀打ち出来ませんが コントラスト良く見えていました。

 数日後、月齢4.7の細い月を観望しました。32mm使用で月の 明るい部分は目の位置によって青色又は黄色の収差が見えまし た。しかし、ショートバーロー(マツモト短縮改造×1.75)や10mm アイピースを使用すると、色収差の感覚が少なくなりました。 (当日は月が黄色っぽく見えていました。)

 月齢9.7の月を見ました。透明度が高い日で、ほぼ南中でし た。寒気の影響で32mm使用時からシンチレーションが大きい状 態で見えていました。もちろん色収差が有っても良く見えてい ました。ショートバーローをプラスして使ったり、10mm、5mm を使用してみました。青系の色収差が残っていても結構見えま す。5mm+ショートバーローの無謀組み合わせまで試してみま した。像は収差によって高倍率では色味がやや紫っぽくなりま す。シンチレーションの合間ではピントが合いそうなときがあ りましたが、すぐに視野の外へ逃げていきます。250倍程度で の使用は無意味でした。

月齢12.8の月を見たときはシンチレーションが少ない日でし た。白っぽく光るクレーターの横にくねった谷が印象的でした 。欠け際の山やクレーターの重なりも良く見えていました。南 の方には周りに比べ一つだけ底が浅いように見えるクレーター が有りました。

3.気付いた事・シマッタと思ったことなどランダムに。

①眼の左右差が、左右星像の見え味の違いに表れた。(乱視や 初期の白内障など)

②アイピースの取替え時に光軸の微調整を行うとよい事があっ た。

③結露防止策は観望場所によっては必需。ちなみに、私は15cm 用12Vヒーターを左右フードにセットしています。今回は観 望開始直後から霜が降り、ヒーター使用で観望を継続する事が 出来た。

④昼間の風景(特に鉄塔・アンテナなど)ではセミアポによる 色収差が顕著に現れる。150LDは低倍率(32mm使用)の明るい 天体では収差がはっきり見える。星の場合は明るい星像の周り に青色のにじみが感じられる。しかし、ある程度以下の等級の 星は色収差を感じない。

⑤推奨の32mmアイピースは周辺像が結構流れるがそれより広い 視野の効果が上回るように感じる。(きわめて個人的な感想で すが。)

⑥過度ではない範囲で倍率を高くするほうが良く見える場合も 多い。

⑦三脚は天頂付近を観望することを考えた場合、130で良かっ たと思う。(その分、地上付近は台が必要ですが) ⑧本体を経緯台にセットするときなど、金属の取っ手が滑りに くく太ければ使いやすいのでは。

⑨これは大失敗ですが、光軸調整時に鏡筒バンドを少しだけ緩 めて調整するはずが、少し緩めすぎて左右の筒の上下調整が過 修正になったり、調整後ネジを締めたときにズレたりした。( 松本さんから少しだけ緩めることを教えていただいたのに、う っかりしていました。)

⑩フリーストップの経緯台で動きはスムーズ。高めの倍率のと きは天体の見かけ上の移動量が大きいので、広視野のアイピー スが有用。

⑪《明るい天体でも色収差なく観る》《極めてシャープな星像 を観る》とお考えの方はアポクロマートの双眼望遠鏡(口径に よって重量・価格の問題がある)或いは双眼装置の選択になる と思いますが・・・。

4.くどいですが双眼望遠鏡使用の印象をまとめると

①先ず両眼視による見易さ・気持ち良さでしょう。(実際に良 く見えますね、収差が残っていても。)観望中、片眼づつ見ま したが、何となく窮屈に感じました。両眼視は良く見え、楽で 楽しかったです。

②次に、私にとっては自動導入が電子辞書だとすれば、経緯台 の15cmBINOは紙の辞書のような物です。目的の言葉の前後(目 標天体の周辺)に思わぬ言葉(天体)があったりします。適当 に振り回しても面白いですね。

 これまで大小様々な望遠鏡(双眼装置も含め)や双眼鏡を使 う機会がありましたが、やっとこのシステムにたどり着いたと いう思いです。これからの星仲間の集まりには、150LDBINOだ けを持参することになりそうです。このBINOを自分だけでなく 周りの人々にも使って頂いて、星空ファンが増えると嬉しいで す。

 九州から鳥取まで受け取りに行き、お店では丁寧なご指導を 頂きました。その説明のとき、製作していただいた松本さんの 、双眼望遠鏡に対する愛着・誇りのようなものが伝わってきま した。松本さんにはこちらの都合に合わせて製作していただき 、感謝しています。有難うございました。約束の1日前に突然 お伺いしても気持ちよく迎えていただき、更にショートバーロ ーを夜の間に短縮・ネジカット作業をしていただき、引渡しに 間に合わせてくださいました。感激しています。これからも長 いお付き合いをお願いいたします。  長文・駄文ですみません。

 ~~双眼望遠鏡を製作して頂き本当に良かったです。~~

富山良兼

管理者のコメント;

 富山さんに150LD-BINOを納品させていただいて半月も経っていないのですが、詳細なリポートをいただき、大変 感謝しています。

 ユーザーの方それぞれにご事情や技量の差があるのは当然であり、その序列に言及するのは 慎むべきだと思いながら、自動車便で発送したBINOの梱包を1か月も開梱されなかったこととか、対極の例が 比較対照として、どうしても思い出されます。

 当方まで引き取りにお見えくださる方は、一般的に当方のサイトも よく勉強してくださっており、こちらでの初期説明も速やかに理解され、調整方法を直ぐにマスターされる方が多いと感じます。 こちらに受け取りに見えてくださる方は、恐らくBINOを自動車便でお送りしたとしても最初から使いこなしてお られただろうと思います。

 一方、発送させていただいた方で、最初の使いこなしに少し難航される方については、やはり当方まで受け取りに見えて欲しかった、と思います。^^;

 前置きが長くなってしまいましたが、
それでは、”3.気付いた事・シマッタと思ったことなど・・”にまとめておられる項目につきまして、コメントさせていただきます。

① 射出瞳が小さくなりますと、眼球内の異物の影が邪魔になることがありますが、悲しいかな、加齢と 共にその傾向が顕著になります。
 若い頃ゲル状だった硝子体が網膜付近から次第に液化して来て、不純物が浮遊 するようになるのが原因のようです。 また、加齢とは無関係ですが、胎児の時に水晶体を養っていた血管が退行消失して行く過程で、 血管の一部が置き去りになって残っていることもあって、それが網膜に影を作ることもあります。
 白内障はほとんどの人が免れないものですが、他の病気がなければ、いずれ手術をすれば元の視力に戻ります。
  もっとも、低倍観測時には、白内障を除くご指摘の点は問題にならないと思いますし、双眼ですと、それぞれの 眼の欠点を補い合いますので、影響は随分と緩和されます。

 ② アイピースを交換された時の光軸調整はEMSのX-Y調整だけで済みますので、すでに慣れていらっしゃると思います。  ”調整”と捉えるのではなくて、体操選手が演技を始める前に炭酸マグネシウムの白い粉を手に付けるような ものとお考えください。

 ③ BINOを街中で見ることが多かった私はあまり結露対策に苦労したことが無かったのですが、たまに遠征すると、確かにこれは大切 なことだと分かります。

 ④ 昼間に見る鉄塔やアンテナは、明るい空を背景にして対象をシルエットに近い状態で見ることが多く、 その条件では、確かに色収差が目立ちやすいものです。逆光を避け、対象に日が当たっているような条件でご覧になると、非常に 綺麗に見えて、見直されることと思います。
 セミアポはアクロマートよりも各色の焦点が接近しているため、逆に 条件によっては色が目立つこともあり得るのかも分かりません。 至近距離の昼間の無点灯の水銀灯バルブ 等をご覧になると、色収差は全く認められず、非常に綺麗に見えるのに感動されることでしょう。

 ⑤ EWV32㎜は、85度の広角で、抜群の抜けの良さと、鏡胴径の小ささ、軽さ、巨大なアイレンズと長大なアイレリーフ、 等から、BINO用には最適な物だと確信しています。 確かに、ナグラー等の超高級アイピースと比較しますと、 視野の極周辺まで完全な点像というわけには行きませんが、従来型の広角アイピースと比較すれば、周辺像もかなり 良いものです。

 ⑥ 対象ごとに適性倍率があるようですね。短期間の間にいろいろと検証されていますね。

 ⑦ 富山さんは長身に恵まれておられるので、特にHAL130がマッチされるようですね。

 ⑧ 取っ手については、以前に赤澤さんに良いご提案をいただき、それに被せる格好のスポンジパイプ(長尺)を仕入れたのですが、 それにたまたまメーカー名が黄色いペイントで全長に渡って印刷してあり、綺麗に落とせないことも分かって 気持ちが萎えてしまいました。^^;
 お手数ですが、ホームショップ等で、内径が10~12㎜くらいの断熱用のスポンジ パイプ(品名等がペイントされていないもの^^;)を見つけられましたら、購入されて施工して見ていただけますか。挿入は、ハンドルを水で濡らしてからやられるとうまく行くでしょう。

 ⑨ BINO本体のねじれ調整は滅多に必要ないとは思いますが、理解しておいていただくと安心ですね。

 ⑩ 真鍮耳軸にしてから、高倍率時の架台の操作性が飛躍的に向上しました。それでも、自動追尾機構が ないので、高倍率を使用する時はイーソスのような超広角アイピースが欲しくなりますね。 もっとも、双眼ですと、単眼より2割~3割倍率が低くても 同等の倍率に感じますね。眼の視力が増すためであり、シーイングの影響もその分、排除できます。

 ⑪ 小口径(8cm~10cm)の高性能アポの見え味の基準で15cmクラスを評価すると、一般的に厳しいものがありますね。  シーイングの影響や温度順応等のハンデも斟酌してください。^^; アポBINOとなると、どうしても 予算的に口径を13cm~12.5cmくらいに妥協することが多くなりますので、この150LDの口径を12cm(F7.5)くらいに絞った時の 高倍性能についても、次回に検証してみてください。

  最後に、全体を通して、非常に客観的に150LD-BINOをリポートしてくださったと思いました。 季節が巡りましたら、ぜひ再度ご投稿いただけましたら幸いです。 ありがとうございました。

 (追記:限定的に確保した白鏡筒でしたが、今日現在で残りが2本(BINO1台分)となっています。)