Common drive-shaft of the focusers / 同軸フォーカサー(125SD-BINO)

125cmax1 125cmax2 125cmax3

Two drive shafts connected coaxially will work as a perfect Center Focusing system. The individual adjustment can be also done by locking the other drawtube in the case of the standard Crayford focusers.  It can also be done by the IPD Helicoids by wisely using the extention and contraction of the pair.

前回の五藤の10cmBINOでも詳しくご説明していますが、左右のフォーカサーを同軸で連結すると、センターフォーカス機構が実現します。 左右の視度差補正は、連結部に複雑なクラッチ機構を導入するまでもなく、クレイフォード・フォーカサーのロック&スリップ機能を利用するか、目幅ヘリコイドを利用すれば簡単に解決します。 傍観者の空想による心配はほぼ杞憂であり、この着眼の将来性と発展性は注目に値します。 たとえば、わざと極端に左右のドローチューブの引き出しに差を付けておき、共軸で左右の繰りだし装置をどんどん縮めて行くと、とてつもない副産物の発見に驚愕します。先に最短となったドローチューブはそれ以上入りませんが、シャフトは空回りを続けるので、長く出ていた方のドローチューブだけが縮み続け、最終的には、最短で左右が揃うわけです。 これは延長側でも同じです。(最初にこの現象を確認したときは、笑いが止まりませんでした。^^;)

 



Almost completed (125SD-BINO) -2 / ほぼ完成-2

125amt2

The new 125SD-BINO is almost completed, leaving the processing of common axis on the focusers.

後、フォーカサーの共通軸加工を残すばかりです。 125SD鏡筒は、ヘッドが常識破りに軽いため、この口径で通常であれば手前を重くすることに腐心するのですが、この鏡筒に限り、ヘッドがやや軽すぎるため、ウェイトはもっぱら重心よりも前方(対物側)で(しかも左右ペアにして)調整するようにしました。(重いアイピースの使用も想定)



APM123APO-BINO follow-up report-1

rgfup1 rgfup2 rgfup3 rgfup4 rgfup5 rgfup6 rgfup7 rgfup8 rgfup9

I’ve attached some recent pics of the binoscope.
The project is slowly coming to its fruition.
Regards,
Range, China
Comment by Matsumoto:
 I will introduce the follow-up report of the APM123APO-BINO by Mr. Range, China.
 *******************************************
Dear Range,
Thank you very much for the additional photos.
They look more impressive than the ones I watched before.
This time, I noted the custom made 65mm end adapter. It is so fabulous!
May I introduce them in my website as your new post?

Best regards,
Tatsuro

 



Almost completed (125SD-BINO) / ほぼ完成

almst125

The new Unit type of 125SD-BINO is alomost completed through twist and turns.

前回(五藤10cm-BINO)と同じ構造とは言え、結構細かい紆余曲折を経て、ほぼ完成しました。 おまけに1週間前に旋盤の電気系統が致命的な故障するというハプニングが終盤で発生しました。(現在は完璧に復旧しています。)

終盤で予想外の手間がかかったのは、左右の鏡筒径の誤差が大きかったことです。左鏡筒(細い方)で設計していたのですが、まさか右鏡筒が0.5㎜以上太いとは予想しませんでした。(鏡筒径の誤差が事前に分かっていたとしても、メガネフレームの段階で片方の内径だけ大きくする気にはならなかったと思いますが。)



Knack of understanding of my website / 当サイトの見方

I am afraid that it might sound intrusive, but I would like to give you a good knack to understand better the contents of my website.
The point is, Do not try to exploit only the narrow sensed direct answer to your question, but try to understand the fundamental theory by chronologically investigating all the related articles in my website. The keyword search in my website will help you quite a lot.
Here is a good example. Assume that you want the answer of “540/12”, but it will be nothing that you only get the answer of “45”.
In such a stance, you will have to look up the answer when you come accross another question of “637/49”, and such repetition will follow.
To acquire the mechanism of division is more important and useful, and if it seems to be difficult even reviewing addition and subtraction would work quite a lot.  Never leave anytying ambiguous. Even though it sounds bothersome, we will be happier to reach the clear understandings of the fundamental principle.
また説教がましいことを言って嫌われそうですが、当サイトをよりよくご理解いただくためのコツをお話したいと思います。
「ピンポイントの答を探すのではなく、関連事項を時系列に検索、精読いただくことで、根本的な理解を目指していただきたい。」ということです。
たとえば、当面 637÷49の答が欲しかったとしても、13という答だけを探すのではなく、割り算の原理を理解してください、ということです。
そして、割り算がよく分からなければ、足し算や引き算に戻って復習する姿勢を持っていただきたいということです。 最初は面倒くさいかも分かりませんが、それが結局は真の理解に至る近道であり、根本が理解できた 方が、何倍も楽しいですよ。


URA VS ishiURA / ウラ-ウラ対決(大相撲)

Sumo tornament is very hot now at the middle day of the 15-days’ total period of Nagoya-Basho, being battled dead heat by several top wrestlers for the grand championship.
But, what I mostly focus on now are not them, but the small but most distinctive and achrobatic second-division (Juryo) wrestlers. The top of them I count is “Ura” and the second is “Ishi-ura” who is our local Sumo-Wrestler. Today, the first match of “URA- VS -ishiURA” took place and Ura won it.  But, I am very sorry that Ura got injured on his right ankle in the match.  I wish it will not be serious and he will recover soon.
今日は夢の取り組みだった”ウラ―ウラ対決(宇良 VS 石浦)が実現しました。 石浦も地元力士だし、どちらも勝たせたいマッチでしたが、結果は宇良の勝ち。
ただ宇良がこの取り組みで右足首を負傷したのが心配。大事にならないことを祈ります。 ネットで検索いただけば、宇良の非凡な才能が分かると思うので、敢えて長くは書きませんが、宇良は 今まで存在した、”単に素早く動き回る小兵力士”という枠を、その身体能力でも精神力(判断力)でもはるかに超えています。過去の人気小兵力士たちのように、せいぜい三役止まりというのは、彼には 当てはならないと予言します。^^


Adapter rings for the 3-inch focusers / アダプター

fcsad125

Totally different strategy is used on the adapter in this case of 115mm diameter OTA  tube.

15cmF5-BINOの定番のフォーカサーと同じ物ですが、今回は鏡筒径が115㎜と細いので、全く異なった発想でのアダプターとなりました。鏡筒末端のファインダー台座リングは省きたかったのですが、接続径の都合で、使用した方が有利だったため使用しました。(同リングを省くと、外径120φの厚肉パイプを使用する必要があり、加工の手間が格段に増すからです。(外径115φというような都合の良い規格パイプはありません。))

随分とお待たせしてしまいましたが、今回の125SD-BINOも今月中には仕上がりそうです。



New 125SD-BINO near completion / 完成間近

gfrms1252

このBINO作りも山場を越えました。とは言え、集中力には限界があり、まだ何時仕上がるかという明確なことは言えません。^^;常に最大限の努力をするのみです。



Stray Kitten / 野良猫

Several stray kittens are playing around at the parking space near my house in the early moroning these days.
I saw one of them on the verge of cluttering the waste bag in the prevention net at 30cm before it. In such a case, I make it a rule not to shout nor raise a broom at it, but I crouched and whispered gently to her  “Not to make a mess of the garbage”.
And I was surprised to hear her” meow” contrary to my expectation of her strong hissing at me. But, my stance with the stray cats is “Not to exclude, and not to feed.”
最近、当地区で産まれた野良猫が4匹くらい、近所の駐車場で早朝だけ駆けっこをして遊んでいる。生後数か月か? 今朝ゴミをステーションに運んでいたら、その中の一匹がネットが 被った生ゴミ袋をすぐ手前で狙っていた。 脅さないように、静かに近寄り、人差し指を顔の前で横に振りながら、「ダメだよ。」と小さい声で言ったところ、
意外にも、「フー!」と吹かず、「ニャー~」と返してくれた。 でもダメなものはダメ。 その子猫はじきに逃げて行き、その後もゴミネットに 近寄ることはありませんでした。 気持が通じたのかな?と勝手に思った。^^;


Eyeglass frames almost completed / BORG125SD-BINO

bgframes1

The eyeglass frames of the 125SD-BINO are almost completed.  The slit processing and the thread holes are left to be done.

メガネ型プレートがほぼ完成しました。 後はスリット加工と端面各所のネジ穴加工が残っています。



Eyeglass plates in the making / 125SD-BINO メガネフレーム

bg125egp1

The diameter of the OTA is the same with the last one, but this time, FPD is larger by 8mm than that of the former one.

前回の五藤10cm-BINOと同じ鏡筒径ですが、EMSが大型ハウジング(+大型ヘリコイド)仕様のため、Dが8㎜だけ広くなります。



EMS housings near completion / EMSハウジング、次のロット完成間近

sthsng2

As I am dealing with a lot of taskes in parallel, it took a while to almost finish another lot of the EMS housings. A lot of tappings are left to be done.

複数の仕事を一人でこなしているため、ハウジングの加工も何度も中断を強いられます。 やっと加工の山場を越え、タップ作業を残すばかりとなりました。(このタッピング作業も結構大変なんですけどね^^;)



EMS-UXL for another 125SD-BINO / 製作中

uxlptsbg

50.8mm is the standard joint size for the smaller housings, and for the larger housings, 65mm is the standard.

標準(小型)ハウジングでは50.8mm径での接続が基準ですが、大型ハウジングでは、65mmを基準にしています。大型ヘリコイドは、第2ミラー側のエンドが65φのメス差し込みで、第1ミラー側のエンドが65φのオスのテーパフランジになっています。



Policy of SWAROVSKI-X95-BINO / ポリシー

It is quite dissapointing that very few seem to have read about my policy of SWAROVSKI-X95-BINO in my website.

Users of  SWAROVSKI-X95-BINO have been announcing its fabulous performance and its unconventional portabilty as a 10cm class binosocope in the Internet. Yes, I am very happy with the favorable comments in the Internet, but I would also like you, who are planning to own ones, to know the “Trade-Off Policy” of SWAROVSKI-X95-BINO.

I know the users have paid the trade off with no regret because they evaluate the merits of the SWAROVSKI-X95-BINO so much that the some of the constraint must have sound nothing compared with the merits.

The major constraint of  SWAROVSKI-X95-BINO is the limited choice of the eyepiece because of its scarcely limited  back-focus. But, for those who really understand the merit of this binosocope, such a constraint is nothing. They are willing to customize the adapters and even eyepieces themselves including cutting short of the barrels.

日本文でも難しいのですが、英文だと尚更難しいですね。^^;

すでにこのBINOのユーザーになっておられる方々は、このBINOが成立した前提となっている「トレードオフ」の考え方については、十分にご理解くださっているようですが、これからこのBINOを検討される方々については、この辺を十分にご説明しておくべきでは?と思い、敢えてご説明しています。

以前から当サイトでご説明していますように、X95対物ユニットは、十分なバックフォーカスがなく、EMS-UMの使用に当たって、数々のトリックを行使し、何とかEMS-BINOを実現しています。 そのため、合焦しないアイピースや、改造を強いられるアイピースもあることをご承知いただく必要があります。

さらに、このBINOでは、SWAROの素材(主に対物ユニット)に全く加工の手を加えず、簡単に原状に復元できるようにしています。また、徹底してメンテフリーに近付けるためと、ほぼ即納体制を実現するために、マウント構造を極限までシンプルにしています。結果として、素材コストにわずかな+α(BINO完成品価格¥680,000(税抜き))の完成品価格と超軽量を達成しています。

そのため、目幅の微動送り機構は省略し、目幅は右対物ユニットの初期セット位置で決める半固定方式となっています。

その他、”SWAROVSKI”をキーワードにして、サイト内検索をしていただき、同BINOの開発の経緯をご精読いただくことをお勧めします。

上記経緯をお読みいただいた結果、「これは制約の多い、面倒なBINOだな~」とお感じになられた方は、市販の大型双眼鏡をお選びになることをお勧めします。 ただ、ずっとこのBINOを愛用してくださっている方々は、90度対空であること、10㎝クラスのBINOとしては比類がないほど軽量、コンパクトであること、合焦時に鏡筒が伸縮しない完全インナーフォーカスであること等のメリットが上記制約を十分に払拭して余りあることを理解されているということです。

http://ems-bino.com/2014/02/18/

http://ems-bino.com/2013/06/28/

http://ems-bino.com/2013/06/17/



SWAROVSKI 25X to 50X zoom BINO / 25~50Xズーム

adstd1

Zero profiled 2-inch adapter rings scarcely gave the infinite focus with the customized EMS-UM.

ゼロプロファイルの2インチアダプターを別作することで、かろうじて無限遠のフォーカスを(防塵フィルターを撤去せずに)達成しました。(正視もしくは矯正眼で観察してください。 強度近視の方が裸眼で使用したい場合は、防塵フィルターの撤去とアダプターのさらなるカスタマイズが必要になりますが、お勧めしません。)

swepad1

当然ながら、SWAROVSKI-X95は天体望遠鏡ではありませんから、そのまま望遠鏡規格のスリーブには使用できません。

swzoom1

Amazing view was there with the excellent zoom eyepieces.

さっそく近景に向けて見ましたが、素晴らしい眺めに圧倒されました。50Xまでズームアップしてもピント移動はほとんどなく、アイレリーフも維持していました。

これより汎用の31.7→50.8ADを製作し、ファインダー台座をセットしたら発送です。



SWAROVSKI X95-BINO almost completed / ほぼ完成

swrem1

Back-focus is so short that the normal 2-inch barrel cannot be accepted. So, only 6mm height of the tapered flange is used instead of the normal 2-inch barrel. That’s why I am reluctant to sell the EMS unit for the SWAROVSKI X95 objective unit.

繰り返しご説明していますが、X95対物ユニットはバックフォーカスが非常に短いため、通常の2インチバレルは使用できず、わずか6㎜の挿入長のテーパフランジでアダプターに接続します。その結果として、EMS-UMの第一ミラーはフランジ面よりも突出しており、取り扱いには細心の注意が必要です。SWARO用の単体のEMSのみの供給を控えている理由です。同BINOが数々のアクロバット的な工夫の集積で成り立っていることをご理解いただけると幸いです。

swrem2

This adapter is also a result of many innovative ideas. I recommend you to search in my website with the keyword of “swarovski” for a lot of related explanations.

このアダプターも数々の工夫で成り立っています。過去に何度も詳細をご説明していますので、”swarovski”でサイト内をご検索ください。(多くの関連記事がヒットします。)

 

almswr1