兵庫県の山本さんが投稿してくださいました

nopponavi

micron

 松本式SCHWARZ150対空正立双眼望遠鏡愛称「のっぽ君」をメガネのマツモトさんで、受領してから1ヶ月が経ちました。まだ、その実力の片鱗をほんの少し垣間見せてくれた状態ですが、ここでファーストインプレッションを報告させていただきます。

 のっぽ君は松本さんが発明考案された、天体を眼視観察するために特化された類い希な性能を持つ機器です。写真でご覧になるのっぽ君は、ジュラルミンの鈍い輝きとSCHWARZ鏡筒のブラックのツートーンにより、やや冷たい印象を持たれるかもしれませんが、実機をご覧になるとその印象は異なり、操作する人にやさしく語り掛け、いともたやすく深淵の天体世界に私達を誘ってくれます。

 のっぽ君が使用者に対してやさしいのは、直視に対し像質劣化が認められない90°対空と、完全な正立を実現している松本式正立ミラーシステム
<EMS>を搭載した双眼であり、なおかついともたやすく操作できる機構部とが作り出す、ハーモニーを持っているからです。

 のっぽ君の最大の特徴は、左側鏡筒全体がスライドする眼幅調整機構でしょう。一般に精密な鏡筒平行度が要求されるのではないかと推定される双眼望遠鏡の、それも巨大と言っていい150mmF8鏡筒を、2個所のリニアブッシュでスライドさせて大丈夫なのだろうかと、懸念されるむきもいらっしゃるかもしれません。でも、実際に山間の星見ポイントまで運搬して、暗闇のなかでセットアップして、「眼幅調整」、「合焦」、「光軸調整」を行い観望態勢に入るまでが、それはもうあっけないほど簡単なのです。

  「眼幅調整」は、右手の親指1本でシュルシュルと左側鏡筒がスライドし、
自分の眼幅位置は右手親指が覚えているので、瞬時です。小型双眼鏡の眼幅を調整するときの、両手でする折り曲げ動作と比較して、のっぽ君は指1本・瞬時ですからその容易さが想像していただけるでしょう。

 「合焦」は、SCHWARZ鏡筒オリジナルのラック&ピニオン接眼部がその内径不足により撤去されたので、接眼レンズスリーブ部がスライドするやや特異な構造になっています。スリーブが薄肉の2重筒になっており、三好機械のパイジョン連接棒により接眼レンズが挿入された外筒側が任意の位置にスライド・固定されます。

 ここは、2インチ接眼レンズ使用と最小眼幅60mmを成立させる構造として、特に考えに考えられた部分だと思います。接眼レンズにPENTAXXL40を使用して、無限遠・矯正視力時に1番縮めた状態から約10mm引き出した位置にきました。そしてフルストロークは40.5mmありました。

 そして「光軸調整」ですが、これほど入手前の予想と実際の操作が違うとは思いませんでした。ここで言う光軸調整とは左右の視野円がひとつの丸になり、左右の像を完全に一致させることです。
市販の双眼鏡の光軸調整方法は専用の測定器により、その精度はとても人間の感覚による調整には及ばない精度を有するものと紹介されることがありました。それが、自分に出来るのだろうかと不安を抱かせましたが、杞憂だったんですね。
調整ネジは、右側第1ミラー(大きい方)ボックスの外側、右手を伸ばした自然な位置に2個あり、視野の中で対象がX軸方向、Y軸方向にそれぞれのネジにより調整できます。
明るい輝星を視野に導入し、すばやく2つにずれた星をひとつに合わせます。それから、対象の星をみつめながら徐々に眼を接眼部から離していくと、自分の眼の矯正能力により合わせられていた残存ずれが現れてきますので、さらにこれを調整ネジによりひとつに合わせると完了です。

 そして、15cm屈折双眼望遠鏡の世界が始まります。それがいままで何回も見た対象であっても、いつまで眺めていても飽きるということがありません。

 今回は観望にいたるまでの調整過程を書きましたが、また機会がありましたら観望結果や、分解・運搬・組立についても報告できれば幸いです。

山本裕三


管理者のコメント;

 製作者の操作マニュアルに優るコメントをいただきました。

  のっぽ君、身長180cmの山本さんにそう名付けられ、鼻高々ですね。
夏の天体を十分に満喫された後の観測報告が楽しみです。



鳥取県の山内さんが投稿してくださいました

y1y2

y3

 私が定年後、山中の一軒家に住むようになって5年が経った昨年の夏のある夜、頭上に輝く美しい昴、M-31の雲の様な星雲の姿、更にはおうし座で煌く木星や土星を肉眼で見たとき、もっと大きくして眺めたいと思うようになりました。

 勿論、当時は星雲、星団の名前も知りませんが、美しいものをそのままの姿で近くで見てみたいという素朴な気持ちからでした。 早速某メーカーの114mm反射鏡を購入し昴を覗きました、ところが何か違う気がするのです、眼視や7x50の双眼鏡で見たのと星の並び方が違うのです、左右、上下が反転しています天文の世界ではそれが当たり前の事とは当時知る由もありませんでした。

 むかし、船乗りをしていまして双眼鏡は必需品でしたので7x50はいつもつかっていました、これは見たままの形を近づけて見せてくれます、これ船乗りの常識ですし一般の常識でもあると思います。 なのに天文界ではどうして????。

 そこで初歩の天体観測という本を買い、佐治アストロパークをたずね、宮本さんにいろいろとんちんかんな質問をし、くわしく、丁寧に教えて戴き松本さんを紹介してもらいました。

 松本さんも素人の私に、親切に対応して戴いたのですが、特に何が見たいのか的を絞ってと教えていただきました。 私は望遠鏡で星を眺めているとき右に逃げたら鏡筒を右に振ると更に大きく逃げてしまうのは、人間の生理に反する現象なのでどうも腑に落ちない事を強調しましたところ、EMSを見せてもらいこれだっ!! とすぐに注文してしまいました。

 しばらくは、Vixen102EDを赤道儀に乗せて星空散歩をしていましたが、何かものたりず、再々松本さんを訪ねるうちに、100mmMTTを見せてもらい遂に私の理想とする両眼でありのまま見える望遠鏡にたどりつきました。

 松本さんに無理を言って工程の中に私の80mmBINOを割り込ませてもらい、Vixenのハーフピラーの経緯台に加工搭載してもらいました。

 この自称チビBinoは常に組み立てたまま我が家に大きな顔押して鎮座して居ますが取り扱いはいたって簡単、400mm F5だけあって、

  1.分解も脚とフォークマウントがワンタッチで切り離せる。
  2.軽自動車にそのままつめる。
  3.眼幅、視野調整もいたって簡単。
  4.アイピースの交換も暗闇の中でも簡単。
  5.合焦調節も左右のヘリコイドで一発。
  6.軽量で、星の導入もクイックファインダーの装備と相まって
    素人にも簡単。
  7.組み立てたまま片手で抱いて持ち運べる。
  などなど、これからの好シーズンに大いに活躍してくれそうです。どうも天文の素人がと思われるでしょうが、素人が、彗星大接近や惑星大接近のとき大騒ぎするだけでなく、美しい夜空にロマンを求めていつも楽しく複雑な設定なしに、気軽に見たままの星の姿を捉えることのできる天体望遠鏡こそ真の望遠鏡だとおもいます。

 ちなみに私はこの夏、120mm F5 Twinn-Binoの製作を依頼しています。 チビBinoとあわせてこの夏小3の孫娘と星空散歩をするつもりです、どんな夏休みになるか、今からたのしみです。

山内 満喜男


管理者のコメント;

 山内さんは、深海6500の操縦士として、世界最深の潜航を達成された方で、MHKのドキュメントシリーズ ”プロジェクトX”でも紹介されておられますので、ご存じの方も多いと思います。

 この度、海の底から空の上へと、挑戦の対象を180度転向されたかに見えますが、山内さんのお話を聞くにつれ、未知な物に対する探求心には共通項があるのだということをいつも実感させられます。



アメリカのジョーさんからユーザーリポートが入りました

6binos1

 上の写真は、私のEMSとアストロフィジックスの15cm3枚玉F7アポ鏡筒を使用して、アメリカのジョーさんが自作された物です。

 写真のEMSセットは、EMS-Lをベースにし、構成ユニットの連結部分に眼幅調整用のヘリコイドを設置し、右のEMSに光軸調整装置を組み込んだタイプです。

  では、ジョーさんのリポートをご紹介しましょう。

These EMS units by Tatsuro Matsumoto are a fine piece of craftmanship. The man takes pride in his work and it shows. After looking at these units when they first arrived, I thought their appearence was closely ressembling product received from Pentax or Canon. As a matter of fact as part of the adjustment process on the bino units, a Pentax Helicoid unit is used. The EMS units use all mirrors, no prisms – therefore no light loss or added color.

There are more adjustments to attend to than a binoviewer. The end result blows a binoviewer away. The visual 3D effect is only hinted at in binoviewers. Here in the binoscopes it’s very pronounced !

The moon’s crater walls jump at you with detail. You are actaully looking down both sides of the mountain ranges. The amount of information your eyes see is probably amplified by a factor of three over simple binoviewers. Not to mention you have much greater light gathering ability; but the same resolution of a single scope. You would think after looking through the the binoscopes that your resolution had just gone way up, though it has not. When looking at the Sun in white light, the binoscopes were very impressive. The sunspot group coming into view on the limb actually showed a depression. We thought this to be an optical illusion; but too many people saw the same view. We cannot explain it. It surfices to say the solar white light view was the best veiw I ever had of a stellar object so far. I expect the moon’s views to be superb also. Then next as the moon sets, I will try clusters and extended deepsky objects next; but I really think these bino ( EMS ) units will perform their best on the planets.

SETUP:

The Bino backs just slip into the 2″ back of your focuser. You first have the interpupillary adjustment which is done by moving the Pentax Helicoids on each rear EMS unit. On the right Bino unit there is an ALTaz ajustment for correction in the x-y plane and next you need to correct in the rotational or axial plane. For example in the left eyepiece there might be a telephone pole that is placed 6 to 12 o’clock. But in the right eyepiece that same pole might be 11 to 5 o’clock. There is a rotation portion of the bino back that handles this adjustment. Of course the two scopes must be parallel and the bino backs must be parallel also. Once you place them into the focusers, you must align them with respect to one another. The scopes must be close to the same focal length for the same power, the eyepieces must be the same and you make all adjustments at medium to high power at infinity.
Is it easy to align them or does precise alignment not matter ?

The above process is really more simple than it sounds. I can be setup and running, now that I know the procedure, in about 5 minutes for equipment setup and another 5 minutes for alignment. After that each person that looks through the scopes has to adjust for their own interpulliary adjustment and re focus.

I can recommend these EMS bino units to you if your considering the purchase. It is the ultimate binoculars for those who want the ultimate view. The planets are now up and I am about to start evaluation of the planetary views shortly.

Joe Castoro
Coram, New York

翻訳(松本龍郎)

USER’S REPORT FROM USA
by JOE

 この松本龍郎氏によるEMSセットは、まさしく職人技の産物だ。氏は、その仕事に誇りを持ち、そして製品はそれを示している。

  着荷後に荷を解いた時、その外観がペンタックスやキャノンの製品に良く似ていると感じた。実際、眼幅調整用のヘリコイドにはペンタックス製の物が使用してある。

  EMSセットはミラーのみで構成され、プリズムを使用しておらず、光量の低下や色収差は全く認められない。

  通常の双眼装置よりも調整箇所は多いが、その効果は、通常の双眼装置を吹き飛ばしてしまうものがある。(心理的な)3D効果について言うと、通常の双眼装置のそれは、単なるヒント程度にしか過ぎない。 この(EMS使用の)双眼望遠鏡を見れば、双眼装置の3D効果が実にみすぼらしいものに見えてくる。

  月のクレーターの斜面の壁が細部と共にあなたの眼前に迫って来る。実際に月の山並みを眼下に見下ろしている感じそのものだ。あなたの眼に入る情報量は、通常の双眼装置の3倍以上はあるだろう。 光量が格段に多いばかりではなく、(天体望遠鏡本来の)解像度が劣化しないまま見られるのだ。この双眼望遠鏡を実際に覗けば、解像度が格段に増していると感じるに違いない。理論的には、口径なりの解像度には変化は無いはずなのだが。

  この双眼望遠鏡で、太陽を白色光(注意:もちろん減光している)で見ると、実に印象的だ。 縁から出現しようとしている黒点群にくぼみが認められたのだ。これは光学的な錯覚だと言わ れるが、多くの人が見ており、一概には言えないのではないか。

  ともかく、この双眼望遠鏡で見た(白色光での)太陽像は、私が今までに見た天体像の中で最高のものであった。

  月面各所の眺めも、同様に素晴らしいに違いない。 月が沈み次第、今度は星雲、星団にトライしてみる。

 しかし、この双眼望遠鏡の真骨頂は、惑星観測にこそあると確信している。

SETUP
組立
  このEMSセットは、望遠鏡の2インチ挿入部に挿入、セットすることができます。 まず最初にヘリコイド部を操作して眼幅を調整します。

 次に、右のEMSに備えてあるX-Y光軸調整装置を操作して光軸を平行にします。 次に像の天地方向の調整をします。

  たとえば、左鏡筒で電柱先端が12時方向(完全垂直)に見えていて、右鏡筒で11時方向に見えていたとします。(実際にはこんなにずれることはない) これに対処する機構も、EMSには備わっています。この作業中、鏡筒及び接眼筒(アイピース)は常に平行を保つようにしなければなりません。

 EMSを最初に望遠鏡にセットする時に、上記のように、左右の相対的な光軸を調整しなければならない、ということです。 2本の望遠鏡の焦点距離は、ほぼ同じでないといけません。アイピースもしかりです。中倍率から高倍率に至る観測に耐えられるだけの調整をしておかないといけません。

  「調整は難しくありませんか?」ですって?  いえ、実際には言葉で説明するよりもずっと簡単です。私が調整できて、すでに使用しています。私はすでに調整プロセスを理解したので、5分もあれば双眼望遠鏡を組立てることが出来ます。そして、さらに5分あれば光軸の初期調整をすることが出来ます。

  初期調整(製作組立時)が済めば、後の使用状態での調整は、観測者が自分の眼幅に合わせることと、ピントを合わせるだけです。
  このEMSに興味をお持ちなら、ぜひ購入されることをお勧めします。これは、究極の見え味を追求する人のための、究極の双眼望遠鏡です。今や惑星観測の好期です。これから惑星についても試してみようと思っています。