ZenithStar80ED-BINO(2008年2月25日)

aka2

aka3

aka4

aka5

 昨今大変お手間をおかけいたしました、ZenithStar80ED BINOですが 自宅屋上にて初飛行する事ができましたのでご報告させていただきます。

 私は大阪市内のかなり明るい空の下に住んでおります。さらに当日は、 本が読めるくらい明るい月夜だったので月と土星くらいしか見るものがあ りませんでしたが、あまりにきれいなので見入ってしまいました。 特に月は、何かが生息しているのではないかと月面を探し回る感覚で、 あっという間に時間が経ってしまいました(当然何もいませんでしたが)。

 私ですが、高倍率側では、LV2.5mm、アッベ・オルソ4mm、LV6mmの3種 のビクセンのアイピースを昨年注文時からこつこつ集めておりました。 これらを見比べた結果ですが、月と土星ではオルソ4mmが断然おもしろ かったです。写真のアイピースがそれですが、フタと見間違える小さいコレ が結構使えます。1つ3000円はお買い得でした。

 しかし、このオルソの4mmを使って感じましたが、【新型目幅調整機構】 がなければ、操作に不慣れな私はこの針の穴のような覗き口のアイピース をうまく合わせられなかったと思います。この目幅調整ですが絶妙なタッチ が最高です。

 それと便利であったのが、ほぼ完成した自作の【両耳ポルタ(仮称)】です。 ポルタの微動装置で、上下左右に月を嘗め回すように見る事ができ、逃げる 土星もダイアル操作で簡単に追尾できました。また、この両耳ポルタは、エレ ベータ付きの大型カメラ三脚(ベルボンMark7)に載せており、月と土星を同 じイスに座ったまま見る事ができ大変ラクチンです。 なお、私の両耳ポルタが活躍できるのは、完璧にBINOのバランスを調整 いただいた松本さんのおかげである点を補足させていただきます。

最後に、松本さんの確立された【正立】【双眼】【光軸調整】【アイピース交換】 【光路長確保】などなど多数のEMSの技術と、最近多少お安くなった【ED望遠鏡】、 そして今回の新ネタの【微動目幅調整】【微動両耳ポルタ】の要素が加わる事で、 このZenithStar80ED BINOですが、私の屋上展望スタイルに最適の機材になった のではないかと思います。

今度は暗い空にて星雲、星団の観測レポートができましたらご報告させていた だきます。その時は、両耳ポルタが完成できなかった場合を想定して購入いた しました、【T型経緯台】の使い勝手も合わせてご報告させていただくつもりです。
では失礼いたします。

大阪市 赤澤

管理者のコメント;

 実は、今日、赤澤さんより上記BINOのファーストライトの第一報をメールでいただきました。これは中間報告で、後日詳しいレポート をいただけるとのことでしたが、新鮮な情報に価値がありますので、無理を言ってまとめていただきました。

 赤澤さんは、当初12cmF5(アクロマート)BINOをご希望でしたが、遠征よりも大阪市内で観察されることが主になることを 考慮され、月、惑星を主体にして、口径との trade-off の結果、より小口径のEDに変更されました。

 今回は、ちょうどコンパクトなBINOの新型を考えていた時期と一致したため、製作段階で試行錯誤を繰り返しました。 最初は超軽量を目指したものの、市販鏡筒の重量の制約や”BINO”という構造上から来る不可避のモーメント増等があって、現実的な選択 を迫られる部分もありました。
 しかし、最終的には、8~10cmクラスのBINOの汎用マウントの新型に大きく近付くという収穫を得ました。 現在設計が煮詰まりつつある汎用スライドマウントは従来の汎用型スライドマウントの新型となるもので、今回の赤澤さんのモデルとも 大きく異なりますが、このモデルが大きな方向転換のきっかけとなったことは間違いありません。

 2月17日に豪雪の中を、完成したBINOの受け取りにお見えいただきましたが、その時点で赤澤さんが持ち込まれたポルタ改造両フォーク架台は まだ試作段階でした。 今日、仕上がった架台の写真を見せていただき、試作段階とは見違えるほど綺麗に仕上がっていて驚きました。

 写真から、随所に工夫の跡が見えますが、ぜひ次回のリポートではその辺もご説明いただけましたら幸いです。

 急なお願いにもかかわらず、急遽リポートをまとめてくださってありがとうございました。 追加のリポートも楽しみに お待ちしています。



NERIUS80LD-BINO(2008年2月16日)

neko1

neko2

neko3

neko4

80LD双眼(ネリスター)のレポート
       by ヤマネコ

 私は北海道に住むヤマネコと申します。先日、永年の憧れだった双眼望遠鏡が完成しましたので、ご報告いたします。

1.はじめは・・・

 数年前から、双眼望遠鏡に憧れ、なんとかを手に入れたいと思っていました。そこで3年前に、10cm短焦点屈折に天頂ミラーを とりつけ、2本の鏡筒を前後にずらして取り付けるという『オフセット双眼望遠鏡』というものを作りました。これは、お気軽双眼と してはとても良く、単眼よりも暗い星雲がずいぶん見やすくなったことを感じました。
 しかし、アクロマート短焦点で、高倍率に耐え られないことや、視軸を合わせることに少々手間がかかることなどから、次の機種をと考えていました。 手持ちのゼニスター80LDショートを1本持っていましたので、同じゼニスターかネリウスを購入し、10cmと同じように『オフ セット双眼』を作るつもりでいました。幸い、ネリウス1本を手にいれることができ、部材もそろえたところで、ふと考えが変わって どうせ作るなら中途半端なものでなく、一生使えるモノをということで、正立でしかも視軸調整が容易であるEMSで双眼を製作する ことにいたしました。

2.EMS発注

 1月末に、松本さんに小口径用EMSを発注し、1週間ほどで到着しました。お忙しいはずなのに、迅速な対応に驚きました。 到着してから、あらためて精密な作りに感動しました。工業製品の極みというところでしょうか。とりあえず鏡筒1本ずつ、手持ちの アイピースが合焦するかどうか試してみました。
 ゼニスターショートの方は、なんなくどのアイピースも合焦しました。しかし、ネリウ スは、常用するであろうEWV32では、眼鏡をかけるとどうにか無限遠にピントがでるのですが、裸眼では合焦しません。 また、 手持ちアイピースの中で、最も焦点位置が近いバーダーのズームアイピースのピントが全くでません。これは予想外で、途方にくれま した。自分では、この鏡筒を切断する技術はないし、とても困ってしまいました。

 そのことをメールで、松本さんに連絡したところ、鏡筒を送れば加工してくれるとのこと。この金属のかたまりのような鏡筒を切断 することができるなんて、本当にありがたいです。早速、松本さんにお送りし、すぐに15mmほど短縮していただきました。今度は、 どのアイピースも合焦します。

 
3.製作開始

 前もって注文していた8mm厚のアルミ板と鉄製アングルで、鏡筒が載るフレームを作製しました。今回の双眼望遠鏡については、 下記について考慮しました。
(1)片方の鏡筒については、単眼で使用することも考え、容易に取り外しができるようにする。
(2)常用するHF経緯台(改)に容易に取り外しができ、さらに他の架台やカメラ用三脚にも使用できること。
 そこで、アルミの板材でL字型のフレームを製作して、HF経緯台の汎用プレートに脱着できるようにしました。そして、右側の鏡筒 (ネリウス)については、X軸ラックピニオンステージを利用し、眼幅は58~70mmまで対応できるようにしました。左側の鏡筒 (ゼニスター)については、底上げをした上にアリミゾ+アリガタで、容易に取り外しができるようにしました。 HF経緯台については、アイベルさんでも微動付きの架台が販売されていますが、それをまねた訳ではなく、それより以前に微動付き に改造していました。当然、フォーク部は松本さんをまねて、60°にしてあります。

4.使用してみて

 最初は使用するアイピースが重いので、ややアンバランスでしたが、プレートの下にカウンターウエイトの取り付けたところ、とても スムーズに操作できるようになりました。使用する際は、上下動のクランプをしっかり締めプレートに取り付けます。動かす時は、ハ ーフクランプ状態で、スーッピタ!微動ハンドルで、対象を視野の真ん中に移動するという使い方ができます。クランプの効きを調整 することで、HF経緯台でよく言われるリバウンドもほとんど気になりません。さらに、架台部分を改造して、エンコーダを取り付け てありますので、ステラガイドで導入支援もできます。HF経緯台も、微動+導入支援ということで、非常に使いやすいものとなりま した。

アルミ製のL字フレームにはアリガタをとりつけ、さらに底部には1/4インチネジを切ってあるので、SP赤道儀を改造した自動導入 経緯台にも、大型カメラ三脚にも取り付けることができます。しかし、使い勝手が一番いいのはHF経緯台で、これだと安心して使用で きます。

5.見え味は・・・

 肝心な見え味は予想通りというか、予想以上でした。以前製作したオフセット双眼の時も感じていたのですが、双眼にすると暗い対象 が非常に見やすくなります。また、明るい月を見ても長時間見ても全く疲れません。
 そして、この鏡筒のすばらしいのは、抜けの良さ です。77mmのプリズムを使用した対空双眼と比べると、抜けの良さを感じ、冬の銀河を下ると両目に星が広がります。FS102 単眼と比較しても、光量では若干落ちるものの、両目で見ると、逆転する感じです。 月や惑星などでも、気をつけないと色にじみは感じません。常用は、EWV32とバーダーのズームアイピース(8~24mm)です が、必要に応じて、XW20、XL14、XW5に取り替えます。どのアイピースもバランスはくずれず、動きは非常にスムーズで す。

6.これからは

 しばらくは、この双眼望遠鏡で楽しめそうです。住んでいる場所が地方都市とは言え、3等星が限界です。それでも20分も走ると 、街明かりのほとんどない場所がありますので、春の星雲・星団には活躍してくれそうです。これからは、夜の使用に対応し、さらに 使いやすさを追求したいと思います。

ヤマネコ

管理者のコメント;

 ヤマネコさんは、すでにBINOの自作経験がおありだったこともあり、最初にいただいたメールが「EMS-Lセットを注文します。」 という内容で、2通目が「送金しました。」、3通目が「届きました。」というもので、ご理解も早く、異例のスピードで事が運んだのが、 印象に残っています。
 また、今回いただいた、画像を添付されたメールも、開く際にあまりに重く、PCがフリーズしたがサイバー攻撃 かと警戒したのですが、じっと耐えて待ったところ、何と250KBくらいの画像が28枚届き、これまた一生忘れられない受信メール となること、確実です。^^; (次回からは数枚ずつ分けてご送信ください。^^;)

 以前にオフセット双眼望遠鏡を自作されたそうで、その画像もぜひ見せていただきたいのですが、この形式は、何が何でも双眼 で見たいという欲求が具体化したような双眼望遠鏡と言えます。両眼に対物からの光を何としてもぶち込むという力技ですが、その エキセントリックな外観も、双眼で見たいという飽くなき執念と見て取れます。ただ、この形式は、目標を完全に無限遠に設定 した時だけ成り立つものであり、近距離では正常な立体視は望めません。私たちが頭をかしげて物を見るのとは、全く意味が 異なるのです。今回ヤマネコさんはこの形式を卒業され、EMS-BINOの世界に入られたわけです。

  事前にメールでお知らせいただいていたはずの、異種鏡筒ペアの双眼ですが、実は私はピンと来ておらず、写真を見せていただいてから 驚きました。私の頭の中には、異種鏡筒(しかも鏡筒長が著しく異なる)を使用したBINOの概念が無かったものですから、ネリウスの方が 合焦しないとご相談を受けた時も、当然ZSショート鏡筒をBINO用に2本所有しておられて、単眼視用の3本目の鏡筒としてネリウスを お持ちなのだと勝手に解釈しておりました。

  しかし、こうして完成したBINOをリポートと共に拝見しますと、ちゃんと要所を押さえておられることに感心させられます。   片方の鏡筒を固定させ、もう片方を平行移動させるのは基本的には私がやっている事と同じですし、むしろ、 自動導入や追尾機構等、私よりも進んでいます。^^; しかもこの極端なペアのBINOをさらりと3連休を利用して 作ってしまわれたcraftsmanshipにも脱帽です。それと、あのラックピニオンのX軸ステージは何を ご利用になったものでしょうか。(ご説明いただきましたら、このコーナーに追記させていただきます。)
  ヤマネコさん、楽しいリポートをありがとうございました。 今度はぜひ観測リポートをお願いします。 天体もですが、地上の至近距離を見た際の、オフセットBINOとの見え方の違い等をリポートしていただけましたら幸いです。

(最後にこの場を借りておことわりしておきますが、EMS単体につきましては創業当初よりほぼ即納を堅持してまいりました。 (BINOに納期がかかるのはEMS単体の納品を優先するからです。)また、先日来BINO製作情報速報に掲載していましたZS80ED-BINOは、 事情により12㎝BINOを変更された予約の方で、決して割り込みではございませんので、よろしくお願いいたします。15cm-BINOの 準備も並行して進めております。)



NERIUS150LD-BINO(2008年2月15日)

nrld1

nrld2

  【動機】

①10数年ぶりに星を見たくなり,子どもも楽しめる観望用の機材について検討をはじめました。
②見え味に迫力があると言われている自作大型ドブソニアンか,
③感動という言葉で評価する人の多い松本さんの手作り双眼望遠鏡にするか,
④悩んだ結果,子どもにとっては迫力より感動,また,子どもでも安全でのぞきやすく,しかも正立!
 という自分なりの整理をして松本さんに相談を兼ねて一報をいれました。そして,子どもが使えるように目幅等工夫をして いただけるということでネリウス150LD利用型の製作をお願いしました。

【機種の選択について】

 松本さんより2階からの移動は困難で1階での保管もしくは比較的軽いアクロマートの機種への薦めもあり,悩みましたが,私にと ってセミアポクロマートという肩書きの魅力は大きく,結局,ネリウス150LD利用型にしました。

 しかし,完成直前に松本さんのお店で展示されていた10cmアクロマートでのなんとも言えない立体的で,アクロマートとは 思えないシャープな像を見て,色収差だけでセミアポクロマートとかに悩んでいた自分が恥ずかしくなったりしたことを付け加えて おきます。

【使用してみて】

 ①心配していた重さは,私はですが(身長171cm体重62kg運動特に無し),全長がコンパクトなため階段での移動も十分可能でした。   しかし,この機種は対物側が重いため運搬時にバランスが悪く,また,細いステンレスのハンドルを持つのは手が痛いので,バンド 等は初期の位置のままで重心を対物側に移動した位置で持てる木製の取っ手を取り付けました。材料は35mm径の木製手すりと支柱。 アルミ製の支柱はグラインダー(私にとって初めての使用)で切断し,中心にM8のステンレスボルトを貫通(初めてのねじ切り)させ て強固に固定できました。これで,15cmの屈折×2とは思えない移動が可能となりました。

 ②EMSの調整については,実際に使ってみると,悩むことも手間に思うこともありませんでした。言われた通りに,目幅を合わせて, 接眼鏡から目を10数cm離し,両目で対象物を漠然と見て,左右の像が重なるように右のEMSの上下調整ネジ,そして,左右のネジ を回してやれば,(私はですが)合った瞬間,脳のストレスがスーと消える感じがします。その時間は数秒です。

  天体写真のピント合わせのように微調整する必要はまったくありません。最初は厳密に合わせないと星がすべて2重星になるのかと 思っていました。また,最初は明るい昼間のうちに鉄塔等で合わせるようにと指導もありましたが,夜間に組み立てた場合等でも,明る い星を見ながら調整をしても難しいとも思ったことはありません。このことで,ホームページ等ではかなり慎重に案内等をしておられる のだという松本さんの心が理解できました。
 ③新型ピント補償機構も快適です。まさに,シンプルイズベスト。特に目幅が大きく違う子どもと一緒に見るには非常に便利です。 余談ですが,私はこの機構の付いた美しいEMSユニットを手に持ったとき,なんともいえない満足感に心が癒されます。松本さんの EMSにかける情熱が癒しとなって伝わってくるのでしょうか。

 ④レンズを通して見た感想

 昼間見た山は,木々の葉っぱが1枚毎くっきり分かるほどシャープで影の部分とハイライト部分のコントラストがとても美しく,星は (条件は肉眼で4等星位の市郊外)とても明るく色も鮮やかで,にじみもなくくっきりとシャープ,そして双眼鏡(私の3~5万円, 5.6~8cm)のイメージからは想像出来ないほどクリアーな視野…ということになりますが,この双眼望遠鏡の本当の凄いところは, 最初に少し書きましたが,そういう評価でないところにあります。
 上手く言えませんが,美しい等という感覚が単眼とまったく違うのです。特に月を見たときに実感します。(EWV32mm+2倍ショ ートバロー)なんと月が丸い球体に見えるのです。しかも,クレーターの周囲の高いところや低いところが立体的に見えるのです。双眼 視により頭の中で想像力がフルに活動して,見えないものまで見えているのでしょうか…松本さんのお店で見せていただいたとき,10歳 の子どもが「手のひらの上に街灯があるみたい!」,「歩いている人の心の中が見えるみたい!」とはしゃぎながら言っていたのですが, まるでそのような感覚でした。不思議なことに双眼望遠鏡を片方だけと双眼視とを見比べて見ると,同じ対象でも双眼視の方が明るさや ディテールそれに大きさまでもが数段アップしているように感じます。そのためか,単眼(10.5cmアポクロマート)で月を何度も見た 経験のある子どもも双眼望遠鏡を覗いて思わず「わぁスゴイ!」と声を出していました。

 まだ,条件の良くない空で,しかも,家の窓から見える沈む秋の星と3日月しか見たことがないのですが,M31が22倍にもかかわ らず,びっくりするほどはっきりと大きく,しかも,ぽっかり宇宙に浮かんだように見えてびっくりしました。このハイコントラストで 明るくシャープな像を確認する毎に,セミアポクロマートで良かったと(比べた訳ではありませんが)今では満足しています。

 大型高級双眼鏡等他の機材を多く覗いた経験がない私ですが,この双眼望遠鏡で初めて望遠鏡で見る星々等の本当の美しさに会えたよ うな気がします。

 また,目幅のカスタマイズで最小目幅は57mmとなっていますが,子ども(8歳)の53.5mmの目幅でケーニッヒ40mm,さらにEWV32 mm+2倍ショートバローでも特に問題は無いようです。子どもが使用する上で心配していたアイポイントの位置によるブラックアウト もまったく問題なく使用しています。

【これから】

 動機の欄に書かせてもらった目的のほか,個人的にも機材を駆使してもっと深く星等を見るというより,心が疲れたとき,何気なく空 が気になったとき等に近くの山でのんびり眺めるスタイルになることと思います。その道具として私にとって大きなプレゼントとなり, 松本さんには製作していただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 また,私は岩国在住広島勤務です。この近く等で関心等のある方がおられましたら,連絡いただければと思います。

2008.2   

岩国在住広島勤務 N

管理者のコメント;

 専門用語や天文キャリアに関連した事柄は散りばめられていませんが、core(コア)な部分の感性に響く リポートをいただきました。 150LD-BINOに感動してくださったようですが、このリポートを読んでいる私も、そのくらい、 いやそれ以上に感動しています。

 2人の子供さんがBINOで観察しておられる写真が全てを物語っています。遠い昔はこういう絵が頻繁に見られたような気がします。 私だけがそう思うのでしょうか。忘れ去られようとしている何か貴重なものがこの写真に見え、目頭が熱くなりました。

 focus-compensator(ピント補償機構)も使いこなしてくださっているようで、嬉しく思います。(このピント補償機構は第二世代仕様 ですが、実は第三世代仕様のアイデアが煮詰まりつつあります。^^;)

 理想的な取っ手を付けてくださいました。これなら楽に持てますね。 吊り輪や鉄棒よりも太くて、平行棒よりも細い太さのようですが、 大変持ち易そうですね。今後の参考にさせていただきます。

 もっとコメントしたいことがあるようですが、蛇足になりそうですので、 ここらで締めくくります。Nさん、素晴らしいリポートをありがとうございました。



CAPRI-102ED-BINO(2008年2月1日)

otc1

otc2

otc3

otc4

メガネのマツモトさんに製作を依頼しましたCAPRI-102ED-BINOが昨年12月に完成しました。 おそらくCAPRI鏡筒の双眼望遠鏡として世界初、1号機だと思います。 機材導入の経緯から、製作過程、インプレッションまでReportします。 長文で申し訳ありませんが、しばしお付き合いいただければ嬉しいです。

【導入の経緯】

・大口径&双眼視に魅せられて、現在は口径38cm/F5のドブソニアンに双眼装置をつけて 観望しております。このシステムでの双眼視の最低倍率は140倍/実視界0.6°となります。

・中倍率用にミヤウチ製10cm双眼鏡(セミアポ45度対空)を愛用しておりました。  大変、覗きやすくよい機材でしたが接眼レンズの選択に制約があり、手持ちの広視界ア イピースが使用できません。また月を見た時、エッジ部での若干の色収差が気になり ました。ドブではカバーできない140倍以下をカバーできる双眼鏡があればいいなぁと  常々思っておりました。

・天文仲間にSKY90-BINO、12cmF5BINO、FS-102-BINOのユーザーがいらっしゃいます。  彼らの機材を覗かせてもらう度に心はどんどん高まってきてました。「いつかは自分も 双眼望遠鏡を手にしたい」と。

・双眼望遠鏡を検討する際、散開星団、天の川など低倍率から惑星など高倍率まで一台で こなせ、月をみても色収差を感じない鏡筒となるとやはり、アポクロマートを使いたい。  しかし、鏡筒だけでも高価でなかば諦めかけていた折、笠井トレーディングから新製品  :CAPRI-102EDが発売となりました。  スペックはほぼ希望どおり、これなら価格も手が届くのではと思うと高ぶる心が抑えきれず、 実際の星像を確認することなく、今回の製作依頼となりました。

【BINOの仕様と製作】

・CAPRI鏡筒がマツモトさんへ入荷したとの連絡で早速、手持ちのアイピースで合焦の確認 と打合せを兼ねてマツモトさんを訪問しました。CAPRIはEMSの使用も想定し、市販鏡筒 の中ではバックフォーカスを十分にとってある鏡筒なのですが、手持ちのアイピースで最 もバックフォーカスが必要なWS(ワイドスキャン)20mmにおいてはかろうじて合焦する  ものの余裕がないことがわかり、エンドフランジの加工で1cm短縮していただきました。  これでほとんどのアイピースで合焦可能です。(マイナスポイントアイピ-スアダプター など使用すると筒は無加工でも合焦できるかもしれませんがEMSの保護フィルターとの干 渉を確認しないといけません)  この短縮改造で、CAPRI純正のマイクロフォーカサーがそのまま使用できました(写真③)。

・眼幅の調整は10cmクラスでは鏡筒スライド式がマツモトさんの推奨とのことで、この方式としました。

・その他、主な加工は、左鏡筒のマイクロファーカスノブの左右対称化加工と、左右鏡筒バ ンドが干渉する部分の切除加工です。
・CAPRI鏡筒がマツモトさんに入荷してから、製作着手までの約1ヶ月、1本をお借りし実際の 星像を確認しました。高倍率でも色収差はほとんど気にならず、星像も非常にシャープで 優秀な機材であり、完成したBINOに寄せる期待がさらに膨らみました。

【BINO完成・ファーストライト】

・CAPRI鏡筒はブルーのアクセントカラーが印象的な美しい鏡筒ですが写真①のように BINOにするとさらに美しい姿の双眼望遠鏡になりました。

・星像のファーストライトは、遠征仲間(気ままに星空観望仲間)の観望会となりました。  写真②は観望会当日のものです。BINO完成以来、遠征にはBINOと38cmドブを  車載し、それぞれの対象に合わせて楽しむという、とても贅沢な観望を楽しんでおります。

・いよいよファーストライトです。星像は極めてシャープ、かつ双眼の効果で臨場感あふ  れる見事な光景が視野いっぱいに広がります。2重星団、M46/M47、プレアデスなどは多 くの天文仲間からも絶賛でした。集光力では38cmドブには及びませんが、星像のシャープ さはさすがアポクロマートです。微光星までカチッと見えます。また明るさについて は単眼の2倍ではなく、数倍の明るさに感じます。10cm×2本の計算上の口径面積は14.4 cmに相当しますが感覚的には口径20cmかそれ以上の明るさに感じます。さらに倍率も双眼視 の効果により、単眼よりも大きく見えます。目の専門家のマツモトさんによれば、両目 で見ることで解像力が上がるため、大きく見えるように感じるとのことです。

【双眼用アイピース類】

・もともと双眼装置ユーザーであったので31.7mmサイズの広視界アイピースはペアで所有  しておりました。写真④がCAPRI-BINOに使用する見掛け視界80度以上のアイピース郡です。 高倍率にはJAPANOPTIK製の×2.8バローレンズを使用します。

・これらのラインアップで下のように倍率、実視界を対象に合わせて自在に選択できます。

  アイピース   見かけ視界    倍率    実視界  射出瞳径

 EWV-32mm     85度     22倍    3.81度   4.6mm
 WS-20mm       84度     36倍    2.35度   2.9mm
  NA-17mm      82度     42倍    1.95度   2.4mm
  WS-16mm      84度     45倍    1.84度   2.3mm
  NA-13mm      82度     55倍    1.49度   1.9mm
  UWA-8.8mm     82度     81倍    1.01度   1.3mm
  WS-20×2.8     84度     100倍    0.84度   1.0mm
  WS-16×2.8     84度     125倍    0.67度   0.8mm
  NA-13mm×2.8   82度     154倍    0.53度   0.7mm
  UWA-8.8mm×2.8  82度     227倍    0.36度   0.4mm
 
・アイピース交換時の重量バランスについてですが、HF経緯台のフリクションねじの調  整で多少のバランス変化でもフリーストップとはなりますが、高倍率ではバックラッシ ュが気になります。締め付けがきついと耳軸部の樹脂シートの微小な変形により発生す るのでは?と考えてます。そこで最も重いNA17mm装着時がデフォルトになるよう、鏡筒 バンド位置を決め、他のアイピースではウエイトをBINOのハンドルに引っ掛けます。  これにより、フリクションねじをかなり緩めた状態でバックラッシュがほとんどなくフリーストップ を達成しました。

【観望インプレッション】

・月: 球体であることを強く感じます。また雲の流れが月面を通過する時などは、遠近感に溢れ、立体的な光景が楽しめます。また200倍を超える倍率で月のエッジをみても、 色収差はほとんど感じません。ED2枚玉とはいえ、大変パファーマンスの高い鏡筒です。

・M46/M47: EWV-32mm(22倍)でM47の北にある散開星団NGC2423も同じ視界に入ります。  各々の散開星団の特徴が同時に見え、賑やかで面白い光景です。

・ホームズ彗星: 立体感、透明感に溢れ、まさに宇宙を漂う「水クラゲ」のようでした。

・M42: NAー17mm(42倍)で小三ツ星の全景とトラペジウムもキッチリ見えます。この倍率  で射出瞳径2.4mm、バックグランドも暗くなり、オリオン大星雲も浮かび上がります。

・土星: 高倍率の対象ですが、当日のシンチレーションに合わせ倍率、×154、×227を  選択します。227倍においても十分シャープな星像です。  これ以上の倍率はまだ試してませんが300倍程度なら実用域かもしれません。  高倍率時は追尾と合焦操作などで機材に触れると振動がやや気になりますが、この振動 は数秒で収まります。真っ暗なバックグランドにシャープな土星が浮かんでます。  コントラストも高く、本体の縞も良く見え、そして本体が球形であることを感じます。

・ばら星雲: さらにEWV-32両眼にナローバンドフィルターの装着で、ドブでは部分しか見 ることのできなかった「ばら星雲」の全景を見ることができました。
 実は同じフィルターを2個持っていませんので、左右で若干異なるフィルターを装着して みました。 NBN-PV(IDAS)とスーパーネビュラフィルター(笠井)ですが、片目ずつ覗い てみるとフィルターによるコントラストの差はわかるのですが、両目で見た時は違和感  は全くありません。恐らく左右の明るさ、色などの若干の違いならば人間の脳内で合成 してひとつの映像として感じているのでしょうね。  この現象を応用すると、例えば、UHCとOⅢとを左右に装着し、微光星の輝きを損ねるこ となく星雲のコントラストを上げる。あるいはOⅢとHβの組み合わせで難物とされる対 象をより美しく見ることができる。このような期待ができるかもしれません。  今後のチャレンジ課題です。

・おとめ座銀河団: 実視界3.8度が確保でき、口径10cmとは思えないぐらい、多数の銀河を はっきりと確認できます。

・M81/M82のペア: BINO;42倍(NA-17)、38cmドブ;59倍(EWV-32)で比較してみました。  10cmBINOは大口径に決して見劣りしません。コントラストはBINOに軍配があがります。  (瞳径の差によるコントラストの向上の影響もあるのでしょう)

【今後の期待】

 昨年12月に完成し、まだ2ヶ月弱の稼動ですが、夏の天の川やその中の暗黒星雲、網状星 雲の全景など今から楽しみです。

【最後に】

 以上、大変長々と書き綴ってしまいました。BINO自慢ばかりでお聞き苦しい点が多々ありま したがご容赦ください。BINOの購入、製作を計画されている方やBINOユーザーの方に少しでも 参考になれば幸甚です。

おおた
奈良県

管理者のコメント;

『おおたさん』より、CAPRI-102ED-BINOの詳細なリポートをいただきました。  おおたさんには、CAPRI-102ED鏡筒の入荷時と、BINOの完成時(お引取り)の2回、ご訪問いただきましたが、 やはり直接お会いすることで、仕様の打ち合わせばかりでなく、より多い情報をお伝え出来たような気が しています。(百聞は一見にしかずの諺が当てはまります。)

 「長文なので編集して良い・・」とおっしゃっていましたが、有用な情報ばかりですので、 写真を含め、全文を掲載させていただきました。これからBINOを検討される方にとっても、すでにBINOの ユーザーとなられている方にとっても大変有意義なリポートだと思います。

 10年ほど前より大口径(15cm)アクロマートがアマチュアの射程に入って以来、Deep-Sky用の大口径 BINOブームが続いているわけですが、最近になって中小口径のアポ鏡筒の価格的なハードルも下がり、いよいよアポ鏡筒BINO の時代の到来の兆しが見え始めました。

 おおたさんのBINO用アイピースのフルラインナップには感心いたしましたが、左右異種のネビュラーフィルターを試された 研究心にも注目しました。私たちの眼は、左右の像の大きさの違いには極めて不寛容で、ストレスの原因と なるのですが、左右眼の視野の色の違いには極めて寛大です。試しに肉眼で白い壁等を見ながら左右の眼による壁の白色 を比較すると、大抵の場合、色調が大きく異なることを発見して驚かれることと思います。 おおたさんが提案された 左右異種のフィルターを使用することの効果については、今後多方面で検証が進むことを期待しています。

 鏡筒が高級になるに従って、架台が課題になって行くのは、もとより承知しておりました。 ナイロンブッシュ式の耳軸は、中低倍では極めて有効であるものの、高倍率では使いにくいようです。アポ鏡筒仕様の BINOユーザーの方のために真鍮製の耳軸を用意しましたので、今後希望される方はご用命ください。ただし、真鍮耳軸に しますと、バランスの変化に敏感になりますので、その対策も必要です。(2009年4月10日追記: その後の検証で、低倍に於いても真鍮耳軸で問題ないことが判明し、現在では全面的に 真鍮耳軸に移行しました。)

 おおたさん、この度は記念すべきリポートをありがとうございました。 また、お名前は分かりませんが、 おおたさんをこの世界に導いてくださったSKY90-BINO、12cmF5BINO、FS-102-BINOのそれぞれのユーザーの方々にも 深くお礼申し上げます。