横山さんが投稿してくださいました。

photar
 PH130-BINOを製作していただき、ありがとうございました。 完成から2ヶ月経ちGWに、やっとファーストライトとなりました。 この2ヶ月の間、出張の為ほとんど自宅にいない状態と、 いても(雨男ではないけど)晴れない男ぶりに感心してしまう状況でした。

 EMS-BINOを初めて知ったのは、今から3~4年程前でした。そのときに、” これが自分にとっての理想の望遠鏡” と思い、ネット上の関連した所を巡り、FL102をBINOにと思い貯金を開始し ましたが、FL102の販売中止・・・。 時が経つにつれ、いろんな事を考え始め100mmアポがいいか150mmアクロが いいか。それとも100mmをEDにして 150mmアクロと1つの架台で2種の鏡筒を使えるようにしてもらおうか。など妄 想していた頃にPH130の販売を知り、 FL102の事があったので、買わずに後悔するよりはという思いから購入し製作の お願いとなりました。

 届いたPH130-BINOの大きさは予想してはいましたが実際に見て持ってみる と大きいです。 2階の部屋から1階への持ち運びにちょっと苦労してます。 そして、最大の問題は車に入らないことです。無理な体勢なら入れることも出来るの ですがカーブ・ブレーキ等に対して 影響が有りそうで今の車ではダメです。車が変わるまでは移動しての観望はおあずけ となってしまいました・・・残念。

 ということでファーストライトは自宅前となり。1年半前までの自宅前は畑で空の条 件は良くはない けど人の目も気にせずにゆっくり観望できたのですが。今はアパートという条件悪の 場所となり、 アパートや駐車場の明かりとヘッドライトやテールランプによって浮かび上がるBI NOの雄姿が 艶やかに写し出され、アパートの住人がチラッと見ている視線を感じながら、まずは 30倍弱で見ると・・・空が白いです。

 仕方がないので惑星の観望に変更です。まずは土星に向けてみますとさすがに100 倍程度でもいい感じに見えますが、 高度が低くなってきており、覗きと間違えられるのもイヤなので木星に移動します。 200倍程度でみた木星は、イイです。 スゴイです。今まで小口径でしか見たことがなかったせいか、模様がこんなにもウネ ウネしていて衛星が木星表面に突入して いくし大赤斑が裏に隠れていくのを感動し見続けて、気がつくと木星だけで2時間以 上も経っていました(恐ろしいや)。 ちなみに気がついた原因はアパートの2階部屋の蛍光灯が点灯し光が差し込んできた せいで、カーテンが閉まる気配が無いので、 心の中で”何でカーテンを閉めないんだ~”と叫び撤退となりました。

 実際に使ってみて思ったことは、HF経緯台のリバウンドがちょっと大きい点(20 0倍程度までなら何とかなるんだけど) それと、左右の鏡筒に若干差を感じたのですが同時に見ると気にならない点です。 とにかく、EMS-BINOは自分にとって理想の望遠鏡になりそうです(車どうし ようかな・・・)。

横山


管理者のコメント;
 PH130は、凸玉にPHOTARONを使用した3枚玉だそうです。製造が中止されたのは、恐らく素材が入手できなく なったためかと思います。

  PHOTARONは、住田光学ガラスが製造したCaFK95と思われ、そうだとすると、凸玉は私の愛機の15cmホタロンと同じということに なります。CaFK95は、一般のEDガラスよりもフローライト(CaF2)に近い光学特性を持ち、従って光学性能もよりフローライトに近い ものが期待できます。

 私の愛機は2枚玉のF8ですが、横山さんのPH130は、F値は小さいものの、3枚玉ですので、少なくとも設計上は私の対物よりもさらに上の 性能が期待できるはずです。

  1991年、15cmPHOTARON-BINOを計画中に、私はポケコン(当時流行った電卓サイズのPC)のBASICで独学で光線追跡ソフトを作り、ビルトインの ミニロール紙プリンターで数値を打ち出し、それを手描きでグラフに表すという気の遠くなるような作業を経て 性能評価をしてみたことがありました。(当時のポケコンでは、1行の数値を打ち出すのに数秒かかりました。)

  相手ガラスで最高の結果を示したのはKzF5でしたが、その後にレンズメーカーに相談したところ、その硝材はすでに入手不可能であ ることと、たまたま、研磨、コーティング済みのKF3+CaFK95の15cmF8が2セット在庫ありとのことでしたので、 KzF5をKF3で妥協した組み合わせで計算してみました。
 すると、残存収差は理想値とは少し外れるものの、実用上問題ないレベルであることを確認し、 採用を決断したのでした。

kfph

  望遠鏡の性能が極限に迫るにつれて、架台も課題になって来ます。 フリーストップのフォーク式経緯台は、元来deep-skyを 低倍で流す前提での設計のようですが、私は、より高精度で大型の望遠鏡に対応できる汎用型のフォーク式経緯台を光学メーカーが 一日も早く発売してくれることを願って来ました。
 1991年に私が15cmPHOTARON-BINOを製作した時も、当時は信頼できる大型の自動追尾式 の架台として、ドイツ式赤道儀しか選択肢がなく、大がかりな回転装置を準備しなければなりませんでした。しかし、これから据え付けの 大型BINOを作る方には、2軸制御の経緯台をお勧めしています。

  光学メーカーは、十年一日のごとくドイツ式赤道儀の呪縛から逃れられないようですが、その目を覚ますには、消費者の方が 光学メーカーに対して、より強いメッセージを送ることが必要だと思います。 たとえば、望遠鏡のバックフォーカスやドローチューブ内径等に関しては、「ピントの出ない望遠鏡は買わない!」 くらいの強いご姿勢が求められると思います。  



山形の稲村さんが投稿してくださいました。

12last
G.Wの5月3日にHさんから「行きますか!」のメールがあり 小さな天文学者の会のメンバー数名と蔵王坊平高原へ 星見に行って参りました。

当日は、雲一つない、いい天気で満天の星空のもと 私とHさんのマツモト式BINOを2台並べての星見となりました。 アイピースはケーニッヒ32㎜を使い、私が最初に導入したのは、 M44(プレセペ星団)でした。無数の星達がとても綺麗で、しばし 見とれてしまいました。 今回私の主人も来ていたのですが、星にまったく興味のない 主人がM44を見て「綺麗だなぁ!」と言った後しばらくの間 見入っていました。(笑)これを機に少し興味を持ってくれると 嬉しいのですが…。

つぎに、しし座にあるM65、M66、NGC3628に向けて見ました。 BINOだと同一視野で3つ同時に見え、思っていたより明るく見えて とても綺麗でした。

その後は、M13、M92、M4、M5、M81、M82、おとめ座、かみのけ座 銀河団をみました。特におとめ座、かみのけ座銀河団は、BINOをゆっくり 動かしていくと、いろんな天体が入ってくるので見ていてとても楽しかったです。

Hさんは、星図を片手に、まるでメシエマラソンをしているかのようにつぎつぎと 手動で天体を導入していました。

しばらくすると、夏の星座、天の川も上がってきたので、Hさんの150S-BINOに O3フィルターを付けて、網状星雲、北アメリカ星雲、M8を見せていただきました。 特にO3フィルターを透して見たM8は、鳥肌立つほど綺麗でした。自分の BINOでも入れて見ました。O3フィルターがなくても星雲があるのがわかり とても綺麗に見えていて感動いたしました。

しばらくして、Hさんが大きな声で「オメガ星団がみえる!」と叫んでいたので Hさんの150S-BINOを覗いてみると、何かボーとしたものが見えていました。 位置的に間違いなくそれは、オメガ星団でした。皆さん山形でオメガ星団が 見えたことに興奮してしまい、しばらく見入ってしまいました。(笑) 私の120S-BINOでもぼんやり見えていました。

他にM27、アルビレオ、HさんのBINOで倍率を上げてM13を見て、気がつく と、もう深夜0時過ぎ、もう少し見たかったのですがあまりの寒さと、次の日が 仕事の人がいたので帰ることにし、星見を終了いたしました。

今回満天の星空の下でBINOを使ってみて改めてBINOを購入してよかったと 思っています。私の愛機として、これからも、いろんな所に持って行って楽しみ たいと思っています。

最後にBINOを注文する前にいろいろ相談に乗ってくれたHさん、そして BINOを製作していただいた松本さんに改めてお礼を申し上げたいと 思います。本当にありがとうございました。

稲村陽子


管理者のコメント;
 スリリングなご体験を、写実的に丁寧に語ってくださいました。 比較的淡々と 書いておられるにもかかわらず、感動は十分伝わって来て、読みながら興奮いたしました。

 M65、M66、NGC3628の3点セットは、当方の15cmホタロンBINOが完成した頃によく眺めた対象でした。 当方の公害の空でも何とか見えて、感動したものでした。

 口径について、15cmと12cmとでお迷いだったように記憶しますが、やはり機動性を重視して12cmにされたのは 正解だったと思います。 稲村さん、ご投稿ありがとうございました。  それでは続報と写真をお待ちしております。