New FMS completed新型FMS完成

Another breakthrough is coming on the FMS, Flexible Mirror System.The new band clamp will clamp and unclamp the viewing angle and the image angle very easily.

 明日、当方でお引渡しをする予定のFMS-U-CUSTOMが完成しました。非常に精度の良い強力なクランプ機構が完成しました。連日の時間的な綱渡りです。^^;



Another stock of EMS casesEMSケースの仕込み

Keeping the stock of painted EMS cases is inevitable even when I am estremely busy.

いつも、「なぜ今?」と思うのですが、EMSケースの作り置きの在庫が底を突くと、直ちに仕込みに取り掛からないといけません。100個のケースの端面のタップ下穴(1.6mm)1,200箇所、M2のタップ同数を(秘術により^^;)ほぼ一日でこなしました。



TMB(APM)152-OTA arrived!! “TMB(APM)152鏡筒到着

I was surprised at the huge package, and opening the package I was surprised again at the compactness of the OTA itself.

梱包箱の大きさ(同クラスのコンパクトな箱のざっと4倍の体積)に驚き、開梱して、中の鏡筒のコンパクトさにまた驚きました。^^; フード外径が180mm強ですから驚きです。 BINO作りには極めて有利な条件です。(ひとまず中身の無事を確認したところです。 まだ着手は出来ません。)



Interim report of “EMS-XL to EMS-UXL-Prem. reform “EMS-XL→ EMS-UXL-PREMIUMのリフォーム(中間報告)

It is the reform having been processed since June 15th reported here for the last time.Another merit of the 6X7 Helicoid by Pentax is the use of the end bayonet.As you imagine, the original helicoid extension tube has male and female bayonet at each end. It was annoying fact because the end bayonet is a nuisance to connect with other parts that are not expected by the camera maker. But I just reversed the situation by once putting it apart in two and then reconnect them together reversely by the end bayonet.

That enables the quick detachment at the helicoid tube, which is very convenient for the mirror maintenance.

 TOA130-BINOは、昨日無事に引き取っていただきました。  幸い、夜晴天に恵まれ、依頼者のご夫妻と共に、月齢12.7の月と主な星雲を観望することが出来ました。 お引取りに見えた午後2時直前まで最後の部品の加工を続けたため、細部の写真は撮影できませんでした。^^; 今回も際どい時間的な綱渡りをしてしまいましたが、依頼者の方には、BINOのパーフォーマンスを含めて、大変喜んでいただきました。

 写真は、ドイツの方のEMSのリフォームの続きです。(6月15日の記事をご参照ください。)



The first clamping system / スリ割りクランプ

This is a rotation clamp for the customized FMS-UL.But, the success of this part means more than that.There should be many situations this kind of stuff will be effective.

ずっと前からの懸案だった、スリ割り加工が可能になりました。

写真は、8月1日に当方でお引渡しをする予定の、FMS-ULのカスタム仕様に使う回転クランプ機構(兼回転機構主要部)です。 通常の仕様でも、重量級アイピースまで固定するのに何らの不足もありませんが、撮影装置等の重量物まで接続されるとのことで、強力なクランプ装置が必要になりました。 この方式ですと、軽くレバーをひねるだけで、極めて強力に固定できます。 この機構はあらゆる物に応用可能です。



Test carving of the first LOGO / 最初のロゴの試し彫り

Above is the test carving of the first LOGO that I have turned over for a few months.Each of the outline represents “M” of Matsumoto and in total, that represents a Binoscope.

I have done the careful kernings on the first logo.

数ヶ月間考え抜いた、最初のロゴです。^^;

カーニングをして文字列を整えました。(右端の写真は試しに塗料を入れたところ。実際には、黒アルマイトに地金の白が浮かび上がる計算です。)(7月21日)



Preliminary assembled New IPD Crayford 新型目幅クレイフォード仮組み立て

The new IPD Crayford extension tubes were successfully assembled.The cylindrical trimming of the guide-rail promises more rigid conjunction with the tube.

 7月24日にこのBINO(TOA130)を当方にてお引渡ししないといけませんので、当面はこれに集中いたします。更新等が少し遠のきますが、ご理解くださいませ。



Vertical baring holder plates for the central axis mount 新型中軸架台の主要パーツ

Three parts that make up the vertical baring have been united into one piece by virtue of the CNC milling machine.

 新型の中軸架台の主要部品です。 最も難物で、こだわった部分です。 旧型では、3つの部品を組み合わせて構成していた部分が、一つのパーツで実現しました。 上半分は半リング状のパーツでクランプ機構を兼ねます。



The new mechanism for the IPD Crayford 目幅クレイフォードの新メカ

The minimum bulk with less projection is my goal of planning the parts.Shifting from attaching the sliding mechanical commercial unit to the main pipe of the IPD Crayford, I have arrived at the main part itself to be processed into the sliding mechanism by the use of 4- axes’ CNC aided milling.

 4軸目の制御が可能になると、こうした加工も可能になります。今までは市販のスライドガイドユニットを組み込んでいましたが、目幅クレイフォードの主要パーツ自体にそのメカを構成することで、装置全体をよりスリムに、突起を最小限にし、剛性もアップさせる狙いです。