Location of the holders:アリミゾの配置

The holders are set each side of the central plate. The round material is for the alti-axis that will be set on the plate on the both sides.

 中途半端な公開は新たな疑問を呼ぶだけかも分かりませんが、工程のUPを楽しみにしてくださっている方のために進捗状況を逐次お示ししています。

 垂直回転軸(×2)をプレート両側に固定し、2本の鏡筒の間に配置します。2種類のアリミゾ金具は、プレートの前後に固定します。横にした鏡筒を1本ずつ、上から下ろしてセットします。 左が前。 前のアリミゾ金具の下にはこれより受け板を施工し、下からアジャスターネジで(アリガタにした)バンドベースを受けます。(左右鏡筒の上下の振れ調整が簡単)

 後ろのアリミゾは、今の段階では下半分しかありません。鏡筒を所定の位置にセットした後で、回転部を被せて(写真は90度開いた状態。傘になるアリミゾ上部クランプ部をこれから施工。)上からクランプ(写真にはまだ該当部がありません。)を締めます。 前後共前と同じアリミゾでも機能するとは思いますが、暗がりで同じ向きの2つのアリミゾを同時に狙うのは難しいと判断しました。



Dovetail Holder of the New Mount:新型架台のアリミゾ

Left is the preliminary prototype I had made to check the gripping power. The right is the almost finished dovetail holder for the front side pair of the bands. The scales of the holding sizes in the photo are the same. Perspective effect shows the sizes different.

The mount of central alti-axis type usually requires the larger span of two OTAs, but this device allows the span as little as possible. The point is not using the dovetail plate connected on the bottom of the bands, but trimming the bottom of the bands to the shape of dovetail so that the bands are gripped directly to the holder.Note that one side of the holder has only to grip one-fourth of the weight of the binscope. Of courese I have to make another holder for the rear side pair of the bands.

 左は事前にアリミゾの把握力をチェックするたに試作した物(片側のみアリミゾ)。右はほぼ完成した最終パーツ。通常の方法でアリガタプレートを前後の鏡筒バンドに渡して取り付けると、鏡筒間隔をかなり広げてしまうので、鏡筒バンドのベース部をアリガタ状に加工し、直接ホルダーで掴むことにしました。前後の2組のバンドにほぼ同じ考え方のホルダーを準備する(写真は前部用)わけですが、後部のホルダーは前部とは直角な方向で掴む構造にしました。理由は工程がもう少し進んだ段階で明らかになります。

 この方式により、左右の鏡筒バンドのベース部の対面距離をわずか8mmに抑えることが出来ました。(150LD-BINOでの鏡筒センター間隔=220mm) 鏡筒バンドを架台に常時固定する方式ですと、構造ははるかにシンプルにはなりますが、せっかくの超コンパクトな架台に大きな鏡筒バンドが4個も付いたままですと、運搬、収納に障害になり、この架台のメリットが半減すると判断しました。鏡筒バンドは鏡筒に常時固定され、バンドベースのアリガタによって架台へ着脱することになります。(鏡筒方向の初期調整も、このアリミゾの特徴をうまく活かすことで、合理的な方法が見つかっています。)

 小さなホルダーで、一見頼りないと思われるかも分かりませんが、チャッキング部1箇所につき、BINO鏡体部の1/4の重量、片方の鏡筒の1/2の重量を把握すれば良いため、問題ありません。 具体的には、150LD-BINOでは片方の鏡筒が約10kg程度ですので、一つのアリミゾは5kgを分担すれば良いわけです。



長野県の大沢さんが日食観測(2009,7/22)のリポートをくださいました。/ Solar eclipse photos by the FC76-Apochromatic Binoscope

osec1

osec2

osec3

  実に46年ぶりとなった日本での皆既日食、当地長野でもかつてないほどの 深い部分食を観望する絶好のチャンス、EMS-Binoの双眼の うち左側を眼視、右側を写真用に仕立てて臨みました。
 鏡筒はFC-76、 減光方法は対物フード前面にソーラーフィルタ、眼視側のアイピースは 30mmで丁度良いサイズの太陽が視界に入ります。写真側の方は一眼レフ のフランジバック長が影響し、手持ちの2インチ天頂プリズムよりも 遥かに光路長消費の少ないEMSと言えどもさすがに合焦が難しかったため、 止むを得ず小型の天頂プリズムを使用しました。
(もちろん光路長を短縮する工夫をすればEMSでの写真撮影が可能ですが、 準備時間が無く今回は見送りました)

 さて、2時間半におよぶ観望ですが、疲れというものを全く感じず操作が 可能でした。赤道儀ではないため、手動による定期的な追尾は必要ですが、 飛行する航空機をも追いかけられるEMS-Binoの秀逸な操作性により、 視界を通過する雲の状態などを観察しながら同時に隣では次々とシャッタを切っ ていくことができました。 以上今回の日食のレポートでした。

 私のシステムは銘鏡SCHWARZ D120mm F8.3がオリジナル でしたが、腰を痛めたことから軽量化のためにFC-76の加工をお願いして 載せ換えたものですが、目の肥えたアポユーザをもうならせる (と確信している)SCHWARZF8.3双眼をいつかまた復活させたいと 考えています。(SCHWARZ2本は、発掘された埋蔵文化財のよう に手厚く保護して大切に保管してあります)
Osawa
Osawaさんのサイト

管理者のコメント;

 大沢さんより、久しぶりのリポートをいただきました。最初にSCHWARZ120-BINOのリポートをご投稿いただいて から、もう8年もの歳月が流れましたが、 その後にアポにリフォームされたものの、今でもEMS-BINOをご愛用くださっていることを知り、 大変嬉しく思いました。 また初期の鏡筒も大切に保管してくださっている由、ありがとうございます。 

 日食の組写真、見事につながって、良い記念となりましたね。  双眼望遠鏡は片方の鏡筒が導入、ガイド用として、もう片方が写真鏡として完璧に光軸が 平行な二連鏡筒として完璧な撮影システムを提供しますが、良い実例をご紹介くださいました。  今後も定期的に面白い観測方法等をご紹介くださいましたら幸いです。



Those underway are;現在製作中は~

Those underway are;

1. 150LD-BINO of the New version. Larger EMS housing and New simple mount allow you to put the OTA one by one on the new mount.

2. The most advanced EMS set for 20cm apochromatic binoscope in Europe. In this case too, the new EMS housing will work effectively.

3. Developing the premium EMS mirror getting over many difficulties. It will make its dramatic debut in due course.

現在製作中は~

1.150LD-BINOの新型仕様。中軸架台仕様ですが、最近開発した小型BINO用とは全くの別物です。

2.20cmアポBINO(ヨーロッパの方)用最先端EMSセット。1,2共に、大型のEMSハウジングが功を奏します。

3.プレミアムミラー開発中。(あまりにインパクトが強いため、まだ詳細は発表できません。)

(4.リフォームの仕事も並行して進めないといけません。)



Preview of the New EMS Housing:新EMSハウジング予告公開

It’s a special bonus for you to show you a bit of the New EMS Housing that is planned to make its formal debut soon. “It’s only for a larger binoscope?” “No, its special shape will be flexibly adapted to various scale of the binoscopes.” Its innovative features will come to light soon.

 新型EMSハウジングのアルミダイカストのテスト成型品が届き、設計通りに完璧に出来ていることを確認しました。正式な発表の前に特別にちょっとだけお見せします。

 通常のEMSケースと比べて、開口径が非常に大きいことが写真からお分かりと思いますが、このハウジングは、通常のEMSの単純な拡大コピーではなく、あらゆるスケールのBINOに適用できるように、また小さい第2ユニットと自然に繋がるように、形状が工夫されています。それは実用的な意図と美観的な意図の両方を満たすものです。詳細は、近い内に明らかになるでしょう。

 これから、かなり高度な三次元的な治具を製作しないといけませんが、日常的にこなしている作業なので問題ありません。



TOA130-BINO(July 19, 2009)

mount1

toa13b1

toa13b2

toa13b3

Dear Tatsuro –

I am sending you photos of my completed binoscope. All is perfect.

I am enjoying the views very much. My self-made mount functions very well in all respects. I even find no need to add any friction adjustment capability, because the adjustable stainless steel weights allow perfect quick adjustment for fine balance with any eyepiece pair to perfectly hold any altitude. Of course, this idea was given to me from the photograph of the TOA-130 binoscope on your web site. It was a very good idea and I thank you for it.

Perhaps the only disadvantage of the TOA-130 is the heavy weight, which requires more careful setup and take down, especially the take down in the dark. But of course the big advantage is the optical near perfection.

I am not exactly happy with these photos, because it is hard to see detail of the black mount when the sky background it so bright. I hope to take some better photos on a cloudy day to send you some better photo.

Best regards,
John Pierce

Here comes his quick response!

Tatsuro,

Thank you for the link. Now, yes, I would like to add to my report these comments:

———————————–
Tatsuro, I want to thank you very much for your EMS backs that I purchased from Joe Castoro. Your EMS backs are very fine craftsmanship, and your design is very elegant. The system is easy to collimate and merging views is always easy. And I really appreciate the views that are oriented correctly up/down and left/right. The various adjustments have become easy to accomplish now with very little thought. This is all made possible by your great EMS invention.

Thank you for suggesting that I should use your Extra Large 65mm EMS backs. These TOA-130 are rather large diameter, and the Extra Large backs allow the tubes to be spaced a wider distance apart. I think assembly of the system would be less convenient with the 50mm EMS backs requiring closer spacing of the telescopes. Plus I am happy to know that there is never any vignetting with this system.

My eyesight is not perfect. My left eye has a little astigmatism, and my right eye has more astigmatism. The merging of two eye views results in an image quality that helps very much to overcome the defects of my eyesight, without wearing glasses. Thank you for making this possible.

I would also like to thank Joe Castoro for his advice and assistance in helped me to make a successful binoscope. Joe is a good partner for you in the USA.

—————————————————————
管理者のコメント;

Dear John,

Congratulations on your completion of the fine “TOA130-BINO”! I am much proud of you on the splendid job. It is very interesting and exciting to see various approach that is different from mine, but as efficient as mine. I also note of your special talent of planning, too. I am also looking forward to your next plan and am always ready to assist you.

Thank you for your generousity to allow me to put your name and e-mail link on this file, too. I am always welcome of your further contribution to this corner.

Your friend, Tatsuro

I musn’t forget to thank Mr.Joe Castoro who had kindly assisted him through his project,too.

 EMSセットと鏡筒用65φスリーブのみをご提供し、後は自作されました。(自ら設計して外注 されたパーツも含む) いつも思うのですが、言語の壁を越えて、EMS接眼部のみを取り寄せてBINOを自作される外国の方には、深い 敬意を禁じ得ません。BINO本体の製作には、BIG-BINOの服部さんの作品も参考にされたそうです。

最初のメールをUPさせていただいたら、ジョンは直ぐに追加のコメントをくれました。 まさに以心伝心。近所に住んでいてもコミュニケーションが取り難い友人もいますが、地球の裏側に 住んでいても痒い所に手が届く友もいる。スリリングな時代に生きて良かった。^^



Main Part of the Eye Focuser:アイフォーカサーの主要部品

Four pieces of the main parts for the same number of the Eye-Focusers are completed.

 アイフォーカサーのメイン部品、4台分です。産業部品であるスライドガイドを機構にうまく取り込んでいますので、スリーブの他は、ほぼこのメインパーツのみで構成されていると言っても過言ではありません。正確な治具を製作してありますので、穴配置は寸分の狂いもない物を量産できます。



Visiters’ Rush:訪問者ラッシュ^^;

Visiters rushed in from 10th to 11th.A visiter came from Bolivia via his home in Yamanashi-Pref. on 10th to see binoscopes for his plan of EMS-BINO.A couple from Nagoya came to meet the finished TMB130-BINO around noon of 11th and Mr.T from Chiba Pref. came to take the finished 12cmF5-BINO on the afternoon of the same day.

 10日にはボリビアからの一時帰国時に山梨県より見学にお見えいただき、11日にはTMB130-BINOの対面に夫妻でお越しくださり、同日の午後には12㎝f5-BINOの方が受け取りにお見えくださいました。

 この度は相当の期間、店内の動きが取れない状況でしたが、2台の比較的大きなBINOを納品し、また作業場のスペースを確保することができました。ほっとするのも束の間、次の仕事の準備に取り掛かっています。



12cmF5-BINO completed:12cmF5-BINO 完成

F5 by achromatic lens would have never accepted by manias of a decade ago.Now, manias are knowing that the spec is enough for the deep sky and terrestrial viewing by lower magnifications.Especially using your both eyes, you will be shocked by the breathtakingly beautiful images offered by this binoscope.

 先日、私と同年代のアマチュアの重鎮の方が見学に見えた際、このBINOの姉妹機である10cmF5-BINOで近所の風景をお見せしたところ、予想通りそのシャープな像に仰天しておられました。私の年代は、粗悪な短焦点アクロマートに泣かされて育った世代であり、また若い方は最初からアポしか知らない方も多く、スペックを見た段階で短焦点アクロマートを却下する方は、今でも多数派ではないかと思います。

 もちろん、予算抜きでアポが良いか、アクロが良いかと言えば、前者が良いのは当たり前ですが、予算や使用目的で冷静に判断されれば、短焦点アクロも十分に選択肢に挙げられ得るものであることに気付かれるはずです。



TMB130-BINO completed:TMB130-BINO 完成

A little bit confusing, but OTAs are defferent from those of APM130-BINO previously introduced here and shown in the “user’s report corner. I found this binoscope as excellent as the counterpart at a glance view on the terrestrial objects.

TMB130-BINOが完成しました。少なくとも地上風景を見る限り、APMと遜色のない素晴らしい光学性能を示します。

(12cmF5-BINOも明日にはOPTIONを含めて完成する予定です。)