P.S.T.ダブル・スタック双眼用アダプター / “Double stacked PST-BINO “ 

 P.S.T.を双眼化して楽しんでいましたが、この度、松本さんにアダプターを製作してもらい、ダブル・スタックでの双眼化に成功したのでご報告します。

ypst1

 詳細は、私のsiteのここをご覧いただきたいのですが、ダブル・スタックにすると、太陽表面のコントラストが一段とアップし、Hα像の別な一面が覗けますので、チャレンジした訳です。ただ、ダブル・スタックにすると、太陽表面のコントラストがアップする反面、プロミネンスは見えにくくなってきます。ですから、シングルよりダブルが上、という事ではなく、何を見るか、でどちらを選ぶか、だと思います。
  ダブル・スタック・ユニットの直径は73mmなので、このままでは双眼にはなりません。そこで、鏡筒に延長筒・アタッチメントを装着してダブル・スタック・ユニットを段違いにし、双眼を可能にした訳です。

ypst2

ypst3

ypst4

 松本さんの凄いところは、こういったアイディアがポン、と出るだけでなく、左側の鏡筒にも短いアタッチメントを装着して、きちんとクリアランスを取り、眼幅60mmですら双眼可能になっている事、そして、ネジ込みの回転位置まで考慮して干渉を避けている事、内径はきちんと42mm確保されている事、鏡筒へのねじ込み、ダブル・スタック・アタッチメントのねじ込みの工作制度のすばらしさ(本来のオリジナルは、もっと粗雑)です。つまり、これ以外に無い、という正解が、そのまま製品になっている点が驚きです。

 アタッチメントを装着する事で、鏡筒の対物レンズとダブル・スタック・ユニットの距離が離れてしまいますが、その影響は無く、ダーク・フィラメントが浮き出て見え、また、太陽表面のウズの表情は豊かです。ただ、シングル・スタックだとプロミネンスが派手に飛び散っているのがわかるので、まずはシングルで見て、次にダブルで見るのが良いようです。

 太陽は、日々変化し、本当に面白いです。松本さんのお陰で、また別のHα像を双眼で楽しめるようになり、こんな嬉しい事はありません。どうもありがとうございました。
横浜市 Y.K.
Y.K.さんのサイト

管理者のコメント;

 いつもながら、YKさんが神速のレポートをくださいました。 YKさんは、機材その物に対する思い入れも 強くお持ちなのと同時に、その機材をしっかりと活かされるので、製作者にとっては非常に やり甲斐のある依頼者さんです。

  ご自身のサイトにも書いておられますが、このアダプターの製作は2回目でしたので、新たに設計する 必要はなく、比較的速やかに加工できました。 ただ、長い方のアダプターは、糸巻きリール状の形状なので、加工はやや面倒な 部類に属します。 段差加工自体は、旋盤の真骨頂であり、何でもないことですが、下がって、また上がる加工があると、 バイトの向きを途中で交換(バイト自体も)しないといけず、右勝手仕上げと左勝手仕上げの境目で段差が付かないように配慮しないと いけません。 これは大した技術ではないのですが、単純な段差加工よりは神経を使うわけです。^^;
 短い方のアダプターは、万一噛み付いてしまった時に強くねじる必要がありますので、ローレット加工をしておきました。 このローレット加工も、実は結構時間がかかります。

 このアダプターの意義と効果は、YKさんが十分に代弁してくださっていますので、今回は加工の裏事情を書かせていただきました。 ご自身のサイトでは、左右の眼の視感度の違いにも言及しておられますが、これは単眼で観察している方はまず気付かない ことだと思います。 YKさんのサイトの記事も合わせてお読みいただくことをお勧めします。

 YKさん、今回も非常にタイムリーにご投稿くださいまして、誠にありがとうございました。

Please read my making report of “September 26th in 2012”, too.

“Most of the Solar Fan must have abandoned to make the PST-Binoscope to be double stacked, because of the IPD problem. I will show you the good solution now. Photos above will explain how I had solved the problem. Even my wife of 60mm IPD exclaimed with joy at the beautiful prominences and the details of the Sun, this morning.”



Low Profiling of the Feather Touch Focuser,3.5-Inchフェザータッチ3.5インチのロープロファイル化

There must be cases that you want another inch of back-focus.I have found a good way to make the Feather Touch Focuser low profiled by an Inch or more.No processing such as cutting or threading is done and you can restore it to the original condition at any time you like. You can also adjust the back focus by 10mm or so, and rotate the focuser if you wish, with the slit clamping mechanism.

 EMSのリフォームに関連し、バックフォーカスの追加確保が必要になったため、フェザータッチ3.5インチの low-profile 化を試みました。 スリ割クランプのアダプターを巧妙にセットすることで、30mm程度のlow-profile化と共に、バックフォーカスを多少アジャスタブル(かつ回転可)にすることが出来ました。 FTF本体は切断、ネジ切り等一切手を加えていないので、いつでも原状に戻せます。 本例では、フォーカサーと鏡筒バイプをつなぐアダプターも同時に加工したので、両方で50mmくらいのバックフォーカスを追加確保出来ました。



Double stacked PST BinoscopePST-BINOのダブルスタック化

photo1 photo2 photo3

Most of the Solar Fan must have abandoned to make the PST-Binoscope to be double stacked, because of the IPD problem. I will show you the good solution now. Photos above will explain how I had solved the problem. Even my wife of 60mm IPD exclaimed with joy at the beautiful prominences and the details of the Sun, this morning.

 PST-BINOのダブルスタック化です。 目幅の制約から、ダブルスタックの使用を諦めた方が大半ではないでしょうか。左の写真では、アルマイト前のアダプターの配置が良く分かります。 ポイントは、本来は延長筒をセットしない側にも短いアダプターが必要なことです。 これがないと、干渉回避の対策が不十分になります。理由は写真1をよく観察いただけば分かります。

目幅60mmの家内も今朝、初めて生きたプロミネンスを見て感激していました。(BINOのバックオーダーも並行して進めています。 これは以前よりご依頼を受けていた案件で、双望会に間に合わせるように施工したものですので、ご理解くださいませ。 割り込みではありません。他にも同様の案件を複数こなしていますが、バックオーダー待ちの方の心情を考慮して掲載を自粛しています。^^;)



Pictorial Instruction of Maintenance of the Crayford Focuser / クレイフォード・フォーカサーの分解手順

photo1 photo2 photo3 photo4 photo5 photo6 photo7 photo8 photo9 photo10

 急患が入りました^^;ので、急遽、クレイフォード・フォーカサーについて解説いたします。

 クレイフォード・フォーカサーは、原理さえ理解できれば、調整は簡単なのですが、中には難航される方もおられます。”Cayford focuser”というキーワードでwebを検索されますと、海外の自作例が多数出て来て、クレイフォードの原理がよく理解できるものですが、今回はちょうど良い教材が出来ましたので、写真を交えて簡単にご説明します。

 まず、写真1を見てください。 一般的なクレイフォードは、中央の黄色い矢印のセットビス(イモネジ)でドライブシャフトをドローチューブのフラット部に押し付けることでフリクションの調整をします。

 この例は、少し高級なタイプなので、同時に両サイドのベアリングケースも同じ方向に均等にネジを締めないといけません。 横のネジは固定用です。 従って本例では、5本のネジがフリクション調整に関与しているわけです(厳密には、同じ面の3本のネジがフリクション調整に直接関与し、写真の手前側面の2本のネジは、主にベアリングケースを調整位置で固定する役割です。)。 本例では、写真1の赤い×のネジはフリクション調整とは関係ありません。特に上のローレットネジはドローチューブのクランプ(写真撮影用)なので、フリクション調整の代用に使ってはいけません。 ある販売店さんでは、いくら説明しても悪用するユーザーが絶えないのに業を煮やされ、眼視目的でフォーカサーを単体購入される場合には、最初からこのネジを撤去して発送しておられたくらいです。 今でも誤解している方の方が多いのではないでしょうか。

 クレイフォード・フォーカサーは、ユーザーの使用環境(どのくらいの重量負荷をかけるか)や、経時的なネジの緩み等に応じて、常に調整しながら使うのが基本です。 それは、ニュートン式反射望遠鏡の光軸チェックを頻繁に行うのと同じです。 反射望遠鏡が常に光軸メンテが必要なことは今ではマニアの間に十分に浸透しているようですが、クレイフォードは歴史が浅いせいか、まだ理解されていないようです。 観望会等でも、ちゃんと調整された物の方が少ないくらいで、「クレイフォードは天頂を向けたらスリップするもの・・・」と思っている方もいるようです。

 今回の調整には、機構の分解は不要でしたが、より多くの方にクレイフォードの仕組みを理解していただきたいために、分解してお示しすることにしました。

 サイトの情報を見てもクレイフォードの調整が出来ない方は、分解してみるのが理解の近道です。 分解には、まず、マイクロフォーカサーノブが付いていない側のノブを外します。機種によりますが、1個または2個のセットビスで固定してあります(写真2)ので、まずはそれを緩めます。 私が製作者なら、頭が見えるくらいの長めのネジをセットするのですが、一般的にこうしたネジは短く、穴の奥にありますので、どの六角レンチが合致するか、最初は分からないので、数種類手探りで試して、合致する物を使用します。 この時、六角レンチが確実にネジの頭の六角穴に入った感触を得てから緩めるのが大切です。 合わない六角レンチで無理をするとネジの頭を痛めます。(最悪な場合は、ネジが取れなくなります。馬鹿締めは禁物です。)

 写真3は、ノブを外したところです。ノブの奥には、ベアリングケースがあり、中にはラジアルベアリングが入っています。

 写真4は、ベアリングケースを外したところ。 ベアリングが軸に残ってしまいました。ベアリングは、軸にぴったり入っていて、簡単には出ないことがありますが、決して乱暴に叩いたりしてはいけません。 ヘラ状の物でこでれば、わりと簡単に出て来ます。ここまで分解したら、後は、ドライブシャフトのテンションを緩め、マイクロフォーカサー側のノブを持って、ドライブシャフトノブごと引き抜きます。

 以上で、ドローチューブは簡単に取り出せます。 ただ、この時、ドライブシャフトと中央のフリクション調整ネジを仲介するチップが脱落しますので、紛失しないよう注意し(写真9)、組み立て時には所定の位置に組み込んでください。(写真10)



Bino checking adapters for a Bino-Viewer / 双眼装置を用いたBINOチェック法

photo1 photo2 photo3

I have made adapters for a Bino-Viewer to use it as an excellent Binoscope checker.If your Binoscope is perfectly collimated, you will see a single merged image, and otherwise,you will see double images according to the extent of the deviation of the collimation..You can check not only the deviation of the collimation, but also the inclination of the images.

You will need a loupe or powerful reading aid, unless you are very young, to see the targets clearly with this device.

双眼装置を理想的な BINO-CHECKER にするアダプターを試作してみました。結果は上々です。 ただ、老眼世代の方は、度の強い老眼鏡か、ルーペ類を準備しないと、像は見にくいでしょう。^^; (眼前20㎝くらいに出来た空中像を観察することになるので)

これだと、同時比較ですので、像のズレも傾斜も一目瞭然です。(少なくとも、お手持ちの双眼装置の光軸精度のレベルまで、BINOの光軸を追い込むことが出来ます。)

ただし、この双眼装置を使用した方法にしても、またBINO-CHECKERを使用した方法にしても、アイピースを排除したBINOの基礎部分の光軸をチェックしているわけで、アイピースを装着後の最終チェックには、個々の技量に異存する部分がありますので、BINOユーザーの皆さんには、当サイトを隅々までお読みいただき、調整技術向上のための精進を常に怠らないでいただきたいと思っています。^^;

(9月26日追記) BINOの光軸の平行度を地上の有限距離のターゲットでチェックする際には、ジグのタイプにかかわらず、目標の近さに比例して視差が発生していることを考慮する必要があります。 どんなに優れた道具でも、原理を理解しながら使うことが大切で、ブラックボックスの感覚ですと、せっかくの道具も活かせません。 当サイトを、必要(と思われる)な部分だけを”つまみ食い”されることはむしろ有害なことが多く、内容は全てが関連していますので、隈なくお読みいただけましたら幸いです。きっと新たな発見をされることを請合います。



How to use the FL71-BINO / BORG-FL71-BINOの使い方

photo1 photo2 photo3

When you find the IPD knob so stiff to turn, use both of your hands(pohoto1), or move the OTAs directly(photo2).

Photo 3 is the ultimate Red Dot Finder of almost perfect transparency.Manias would quickly know the function of adjustment knobs, but I made an instruction image for sure.

目幅ノブが固くて(指の力に対して)回しにくい場合は、写真1のように、両手で回すか、写真2のように、直接鏡筒のヘリコイドより手前の部分を持って開閉してください。(長めのノブを手前側に延ばせばもっと楽に回せるのですが、コンパクトに仕上げたBINOのため、手前にノブを配置するスペースがありませんでした。またノブが渋めなのは、精度剛性維持のためとのtrade-offとご理解ください。 また調整の前にはクランプレバーを緩めておくことをお忘れなく。尚、レバーの向きは、引っ張ってから回すことにより、自由にセットできます。)

通常の光軸調整については、右のEMSの第1ユニットのX-Y調整ノブをご使用ください。使い方は、15cmF5-BINO(version8)の項目のこちらを参考にしてください。 ただし、15cmF5-BINO(version8)の、BINO本体のねじりによるキャリブレーションは当機では禁物です。

また、X-Yノブの回しすぎが禁物なのも、再三申し上げている通りです。 回し過ぎるのは、BINOの基礎構造が狂ったか、眼に斜位があることが多いので、ご相談ください。(X-Yノブの回しすぎについては、無茶苦茶をする方が多いので、強めに警鐘を鳴らしましたが、至近距離でXノブを反時計回りに多めに回すのはやむを得ません。また、”まじめ”な方は、そう神経質になることはありません。^^;)

写真3は、お勧めの Option(¥3,800) の Red Dot Finder です。 ほぼ完璧な透過率(100%近い)で、圧倒的に明るい視野と、on-offを兼ねた無段階光量調整、さらにX-Yの光軸調整機構が特筆すべき特長です。 段階式の輝度調整タイプでは、最も暗くしても、最高の空の下では眩し過ぎることが多いですが、これは無段階に消燈まで減光しますから、どんなに暗い空の下でも使用できます。 日射を強く反射する地上物や昼間の空ではドットが見難いこともありますが、その他の条件では、最大輝度にすれば昼間の景色でも大方使えます。(手で前方を瞬間的に遮蔽しながら使えば、いくら明るい対象にも使えます。)



Adjustable cursol for the Versago-II Mount / Versago-II マウント用のカーソル

photo1 photo2 photo3 photo4 photo5

I had noted the Versago-II Mount for its high potential of the analogue setting circle.But, at the same time, there were some things to be customized or corrected for the actual use.The reversed azimuth ring I had quoted on August 27th at this corner is one of them..This time, I made the new cursols that were imperfect on the original set.Altitude cursol, acrylic plate, is made adjustable for +-2 degrees.(photo1) It is set on the end of the dovbetail of L bracket.While, azimuth cursol has no need to be adjustable because the azimuth ring is rotatable. Now, the setting circles will work perfectly.

 Versago-II マウントの目盛り環が実用になるために、方位目盛り環の反転と、高度、方位に新たにアクリル製のカーソルをセットしました。 方位のカーソルは固定式で、目盛り環を回して初期設定が行えます。 高度については、カーソルの方を±2度程度調整できる構造にして、初期設定を可能にしました。 それぞれのカーソルのセット箇所は写真の通りです。(高度のカーソルはLブラケットのアリガタの端面にセット



A simple bracket for the dot finder / ドットファインダー用ブラケット

It was so late at night that I could not up the comment about FL71-BINO yestreday.It proved to be a great success as an optical system, too, by the actual viewing test I did this morning.

Now, where and how should I set the finder? After the careful considerations, I decided the best place and design.

 昨晩は仮組み立てのBINOの写真をUPするのが精一杯で、コメント出来ませんでした。今朝、さっそく地上の風景で実視テストを行い、光学的にもこのBINOが大成功だったことを確認いたしました。 

  次はドットファインダーをどこに、どうセットするかです。 しばし検討した結果、左の写真の位置がベストと判断しました。 アリミゾプレートの角に倣う構造にしたので、再現性もあるはずです。 固定ネジは、当然、脱落防止対策済みです。 ファインダーを撤去した後に、アリミゾユニット等の突起物が一切残らないようにしました。 あくまでBINOの本体はシンプルなままです。

 ブラケットが高く見えますが、このくらいないと、90度対空では使い物になりません。これでも、2インチアイピースの見口よりも低いです。

 これで、パーツの加工が全て完了し、未処理部品のアルマイトと塗装の工程に進みます。



A great success on the coupling mechanism ( FL71-BINO) / 連動機構の成功! ( FL71-BINO)

The new coupling mechanism proved to be a great success at the preliminary asssembly.The temporary shaft will be cut short afterward.

 左右のアリガタプレートの連動機構の成功を確認しました。中央の突出した固定シャフトは当然、後で中央の調整ダイヤルの抜け止めの処置に合わせてカットします。

 上側が対物側です。 ローレットのダイヤルを回すとアリガタプレートが対称的に開閉しますが、直接左右の鏡筒を持って動かしても結果は同じです。 アリミゾプレートの側面中央の穴には、クランプレバーが入ります。(この面が天)

 今回はFL71-BINO用のマウントですが、今後はあらゆるバリエーションが考えられます。いつもながら、受注時には全く具体化していなかったプランですが、ようやくここに結実しました。 他の仕事をこなしながらも、ずっと考えて来て、やっと自分の中の何かがゴーサインを出しました。



New standard of the binoscopic mount ( FL71-BINO) / BINOベースの新基軸 ( FL71-BINO)

This is the simplest sliding mount for a binoscope I have ever made.It will be the new standard of the binoscopes of relatively smaller scopes in tube diameter.Left photo is its minimum IPD, and the right one, the maximum.

A pair of OTAs will move symmetrically in the coupled manner.Yes, here is the innovative binoscopic mount that never causes the focus change nor the gravity point shift at the IPD adjustment, to be born !!

 新型のスライドマウントがほぼ完成しました。 『BINOは、水平なベースプレート上に2本の鏡筒を(鏡筒バンド等を介して)並べた物』 という固定観念を払拭しました。

 組み上がったBINOの外見に即してこの新型の機構をご説明しますと、2本の鏡筒がソリッドな(地図の)銀行マーク型のパーツで連結され、その連結部自体が伸縮する機構、ということになります。 BINOを真横から見ても、真上から見ても、BINO本来の機構部がほとんど見えない構造です。

 リニア機構を用いた従来の目幅送り装置では、クランプ(固定)が曖昧でしたが、当機構は、アリガタ、アリミゾのスリ割クランプが基礎構造のため、目幅クランプ時にBINO全体が完全一体のソリッドな剛体になるのも顕著な特長です。

 左右の鏡筒が連動してシンメトリックに開閉する(連動メカはこれより付加)ため、目幅調整時の重心移動も生じません。 目幅調整にピント移動も重心移動も起こさない、極めてシンプルで高剛性なBINO用マウントの誕生です。



The core part of the FL71-BINO / FL71-BINOの核心パーツ

This is the single center part of finishing FL71-BINO.A pair of dovetails that holds each OTAs perpendicular to themselves will be held by this part, dovetail holder. A pair of dovetail plates will be opend and shut just like the both side sliding doors. A wise device will be introduced to the dovetail plates pair to move symmetrically.

 アリガタ、アリミゾ方式が小規模なBINOの眼幅調整に有効なことは、Finder-BINOですでに実証済みです。FL71-BINOでは、アリミゾプレート面を鏡筒と垂直に用います。 鏡筒が垂直に取り付く2枚のアリガタプレートが連動して対称的に開閉します。 シンプルな連動機構も設計済みです。