踊る双眼望遠鏡 !! (15cm Hybrid-BINO)

s15bn1

s15bn2

s15bn3

s15bn4

s15bn5

s15bn6

 言い変えれば自動導入のBinoという事に成りますが私は Meade の初期型 LX200 が出た頃からそれを夢見ていました。 まだ松本さんの存在を知らない頃でしたが95年にはその様子をイラストに描いていました。

 それを具現化するチャンスが訪れました。最初に笠井トレーディングのSuper Bino 150 DXの対物ユニット の出物が有り松本さんに相談、Bino化出来るのを確認してから商品をGet! 次に天文ガイド誌 にLX200-30 を Wanted して唯一東京都の方が名乗り出てくれました!

 松本さんの所には LX200-30一式が入った冷蔵庫大のキャリーケースごと送り着荷時に驚愕されましたが Binoの製作に取りかかって頂けました。 松本さんにはシュミカセと設えるBinoの脱着交換もお願いしフォーク架台は実際スペーサーを入れた 幅広改造の為に鉄製の8本の錆びたネジを大変な苦労で外して頂きました ;

 またBinoがフォークアームの懐の高さに収まるか当初微妙でしたがEMS後方の光路を長目に設定して Binoが天頂に向いた時でもフォーク底部に接触するのを回避して頂き、接眼鏡胴部のアリミゾ台座には自前の 1600g程の蒲鉾形のはんだ塊をバランスウェイトとして取付けました。

 出来上がったBinoのセンターフォーカシングのハンドルが位置的なものも有りまして片手で軽くは回せません。 この部分は粗動時や非常時に摺動させ普段2インチアイピース使用時には標準58mm長のメス/メスホルダ ー→Borg#7425→#7757(M57ヘリコイドS)→#7501→2インチアイピースという様にしました。

 BorgのM57ヘリコイドSはローレット部外径がΦ67mm有ります。私は目幅が丁度67mm なので観る事が出来ます が成長途上の子供達や均整のとれた顔立ちの大人はもっと狭いのでBorgメーカー様や松本さんに最外径Φ63mm位の ヘリコイドを開発して欲しい望みは有ります。

 初期型LX200をメーカーサポートが終了した現在でも使う為には始動時又は電源をON←→OFF毎にLOCAL時刻と月日年 の設定値の再確認をしないといけません !もしユーザー側で電池交換をしても一切動かなくなってしまった話を前ユーザ ーから聞きました。 このLOCAL時刻、月日年の確認を怠ると導入精度の前に何処に向いてしまうかわかりません。またその様にして次々 と天体を導入していても次の作動時にはDECコードが絡まって伸びたり過天頂に向こうと不意な動き出しをした時が有 りますのでその様な時はためらわず電源スイッチ部をOFFにして最初からやり直しします。

 いろいろと癖が有りますが夢のGoto架台に載った双眼望遠鏡が形に成りました。私もあと四半世紀もしない内 にあの空の彼方へ逝く事に成ると思いますのでたどり着く星を今から探しておこうと思ってさ…〓

いわき市 佐藤正巳

管理者のコメント;

 市販の大型双眼鏡の頭部とEMSを合体させたBINOのリポートです。 難解な課題でしたが、佐藤さんの情熱に負けました。 最善は尽くしましたが、初作故に改善の余地も残したようです。 ただ、 これも佐藤さんの熱意のお陰で使いこなしてくださっているようで、ありがたく思っています。

 アイピースの根元にフォーカサーを配置する方法は、いくつかご提案して来ましたが、市販のヘリコイドを使用する場合は、交互に段違いに 配置して干渉を回避すると、眼幅63mmまでは行けるようです。 相手の2インチスリーブの干渉部をトリミングすれば、さらに眼幅を寄せることも可能です。

 BINOの完成が秋ですぐに厳冬期に入ってしまいましたが、季節が一巡する頃にまた観望されたご感想がいただけましたら幸いです。  今回は年末のお忙しい時に、詳細なリポートをくださり、本当にありがとうございました。

  ****************************
追記: (15cmHybrid-BINOの製作記は、BINO製作情報速報 の2013年9月20日、26日、10月7日~10日、23日に掲載しています。)  



Reform for the Silver mirrors (version7 of 15cmF5-BINO) / 2008年製の15cmF5-BINOの銀ミラー化

I am enjoying reunion with the old EMS set for the 15cmF5-BINO of six years ago.It was sent to me for the mirror changing for the silver ones.

 2008年製のEMSの銀ミラー化のご依頼です。 右の写真が当時の15cmF5-BINOで、VERION7もしくは6だと思いますが、まだEMSは小型ハウジングで、望遠鏡接続側のバレルが65㎜径でした。(VERSION8は大型第一ハウジングで、接続径は90㎜)

 リフォームで再会するEMSを見ると、それまでユーザーの方にどう扱われて来たかが良く分かります。 率直に言いますと、ブラックボックスで使っておられた(つまり構造に無理解で、適切なメンテができない)方が多く、中には目を覆いたくなるような状態で戻ることもあります。 まず、ダストキャップをまともにはめて送って来られない方が多く、はめてあっても元のキャップはすでに紛失していて、代用品が付けてあることがほとんどでした。

 今回は、良い意味で期待を裏切られ、ちょっと幸せな気持ちになりました。 オリジナルのキャップが両サイドにちゃんとはめてありましたし、眼幅クレイフォードもちゃんとメンテされて非常に良い状態でした。(基礎的なメンテが出来ない方が多いので廃止した眼幅クレイフォードですが、管理できる方はちゃんと出来るのだな、と改めて思いました。)



An end Jig for the OTA tube (15cmF5-BINO)/ 鏡筒パイプの治具(15cmF5-BINO)

Making a Jig is no less important than the work parts in processing.Drillings or cuttings, thin pipes should be held at the end adapter that is rigid enough to endure the pressure of chucking and should be kept precisely in the position.

 鏡筒パイプの側面に正確に穴を開けるためには、周到な準備(治具)が必要です。15cmF5鏡筒の場合、対物ユニット側のオスネジ用のアダプターを介してチャックに固定し、他端はこれから作る心押し用のアダプターのセンターをテールストックで押すことで軸出しをします。



Adapters for the SWAROVSKI-ATX-95 objective unit(ATX95-BINO)SWAROVSKI-ATX-95用のアダプター(ATX95-BINO)

I would like Swaro-Bino users to understand the roles of the set screws on the adapter.But, I am sorry to say that very few seem to understand my intendments on it. When you would like to remove the EMS, never unscrew the Blue set screws on the EMS side, but unscrew the Red setscrews on the SWARO side.You should not touch the Yellow boss screws either.

 SWARO-BINOは単体EMS同様、ほぼ即納を目指しており、BINOの受注系列とは別個に処理しています。 さて、アダプターについて、開発当初もここで詳しくご説明しましたが、どうやらご理解いただいていない節が見られますので、再度ご説明しようと思います。

 アダプターは、化粧のラバーベルトの下に、上の画像のように多数のセットビス(先端Pのイモネジ)をセットしています。問題は、それぞれのセットビスで役割があるということです。 まず、EMSを外したい時ですが、決してEMS側(M3;画像の青いビス)を外さないでいただきたい、ということです。そこを外しても深刻な害があるわけではありませんが、そこを外すと、今度セッティングする際に、またEMSの姿勢を整える必要が生じます。

 EMSを外す時は、そこではなく、SWARO側の面のセットビス(M4;画像の赤いビス)で外してください。 また、画像の黄色い3本のM4のセットビスは、EMSの接続角度の再現用のキーの役目ですので、くれぐれも触らないようにお願いします。 また、赤、青共、接続固定用のビスは、テーパーフランジを締め込んで接続パーツ同士を圧着させるという、製作者の一貫した強い意図があることをご理解いただければ幸いです。 SWARO側はテーパーフランジではありませんが、バヨネット爪の奥側を押すことで、擬似テーパーフランジとして利用していることは、当初にもご説明しています。(上のリンク画像にはツマミを作図していますが、実際にはツマミの無いセットビスです。)



EMS housings(15cmF5-BINO)

Time passes by so rapidly, but may hands have never stopped through my life. I have been working 24/7 all through my life.I wonder when the majorities work staying focus while taking week ends rest along with other holidays.

 VERSION9の15cmF5-BINOは新型の中軸式架台を標準として考えていますが、従来型のHF経緯台仕様を望まれる方は、お早めにご連絡ください。また、中軸式架台に載せるためには、鏡筒に直接穴を開け、アリガタや取っ手を鏡筒に直接取り付けますので、ご連絡がない場合は、その点もご了解いただいたものとして進めます。

 BINOの仕様については、最初に取り決めるべきものとお考えになるかも分かりませんが、具体的にお示しできるものがないと、互いに全く別のイメージを懐きながらの議論になって、誤解が生じますので、ご相談の機が熟すのを待つことになるわけです。 このコーナーをご覧になり、イメージがほぼ掴めれば自ずとご連絡(ご質問)いただけるものと、待機しておりますが、まだ15cmF5-BINOの方のどなたからも全くご反応がありません。^^;



Rollet knobs for the dovetail clamp (New Center Mount) / ローレットノブ(新型中軸式架台)

The knobs should not interfere not only with the vertical clamp lever but also with the OTAs.I found those knobs exquisitely fall into the place.

 アリガタのクランプノブは、垂直回転軸のクランプレバーとも、鏡筒とも干渉してはなりません。 絶妙な位置に納まりました。アリガタを左右にセットしてみましたが、これをご覧になれば、各所の仕様(形状)がなぜそうなっているか、また、中軸式架台の設計の厳しさをご理解いただけるかと思います。(ご存知と思いますが、クランプレバーは真上に引っ張ると、レバーの角度(位相)を自由に調整できます。)



New Center Mount almost completed! / 新型中軸式架台ほぼ完成!

Now, I am reaching the goal for the optimum mount for a binoscope.

 長い道のりでしたが、ようやく、追い求めて来たBINO用の理想的な架台の開発にピリオドが打てそうです。中軸式架台は今までも多数製作して来ましたが、今回は設計をよりシンプルにし、継続モデルとしての生産性も両立させられたことに大きな意義があります。

 次は、鏡筒へのアリガタの正確かつ-low-profile-なセッティングへの挑戦です。 小口径では鏡筒バンドを介してアリガタをセットすることも可能ですが、鏡筒径が太くなると、アリガタを鏡筒パイプに直接固定するのが理想で、どうしても鏡筒バンドを使用したい場合は、マイナス-プロファイル(アリガタ底面をバンド底面より低くする)でセットする必要があります。(鏡筒(中心)間隔を最小限にしたいので)

(以前に「中軸式架台等はもう作らない。」、と宣言いたしましたが、この架台によって、BINO本体の構造がはるかにシンプルになること、また市販の架台(HF経緯台等)の在庫負担がなくなること、市販の架台を改造する手間(幅広改造やフォークの傾斜角の改造)がなくなること、等を総合的に考慮したトレードオフとしての戦略的選択です。最終的にはBINOの納期短縮に貢献するはずです。)



Horizontal axis(New Center Mount) / 水平回転軸(新型中軸式架台)

Horizontal axis is completed. The axis part and the base are made separetely and they are put together, not only for the productivity but also for the convenience for the various nees of the bottom thread.

 水平回転軸が仕上がりました。 今回は、軸部と基部を別に作って組み合わせました。 加工の省力(と資源の節約^^;)、また底部のネジの様々なニーズに対応しやすくなるように配慮しました。 底部がテーパフランジ状になっているのは、延長ピラーを接続するためです。



Vertical axis unit of the New Center Mount / 新型中軸式架台の垂直回転ユニット

Bracket,an adapter that connects the horizontal axis unit and this vertical unit, is added on the bottom of the bearing ring.

 ブラケット(この垂直回転ユニットを水平回転ユニットに接続するアダプター)を施工して、垂直回転ユニットが完成しました。天頂での干渉回避のための(垂直回転ユニットの)シフト量は最小限にしました。(水平回転軸から74mm) 鏡筒径144mm(15cmF5-BINOの鏡筒)までなら問題なく天頂まで向く仕様です。(より大きい鏡筒には、必要に応じたブラケットを用意すれば良いだけのことです。)



Slit clamp is added (Vertical axis unit of the New Center Mount) / スリットクランプ等追加加工(新型中軸式架台の垂直回転部)

Slit clamp and the base screws are added to the vertical axis unit.

 スリットクランプと、軸受けをベースプレート(ブラケット)に固定するためのメスネジ穴を軸受けリングに追加工しました。

 一番の難関を無事に突破し、この方式の成功はほぼ確実になりました。



Vertical axis unit of the New Center Mount新型中軸式架台の垂直回転部

It is the core part of the VERSION-9 of the 15cmF5-BINO, and also a vertical axis unit of the new Center Mount.Yes, by introducing this style of mount, just a pair of the OTA with dovetails and a pair of EMS units will make a binoscope.

これが新型の中軸式架台の垂直回転部であり、かつ15cmF5-BINOの核になる部分です。 そうです。 BINO本体のフレームや台座等の構造物は”Nothing”、つまり何も無しになる計画です。 正確にアリガタが取り付いた鏡筒2本(もちろんバックフォーカス等の要件が満たされているとして)を直接この架台にセットした途端にBINOになるわけです。

 左の写真は、垂直回転軸だけを組み立てたところ。 手前にあるのが回転軸受けリング。 軸受けリングは回転せず、軸が2本の鏡筒を銜えて回転します。(前回の125SD-BINOは、ご依頼の要件から、軸は固定で軸受けユニットがBINO本体を背負って回転します。)

 この架台での眼幅調整は、ヘリコイド式が基本ですが、小口径で鏡筒径が小さく、鏡筒間の隙間が十分に確保できる場合は、片方の鏡筒を架台に直接セットせず、スライド機構付きのブラケットを用意すれば、スライド式の眼幅調整も可能です。 今回のプロジェクトが成功したら、BINO作りが根底から変わることになりそうです。



Another difficult puzzle (FSQ106-BINO) / 新たな超難題(FSQ106-BINO)

Short back-focus and the forth objective element near the focuser are making me puzzled to find the answer for the binoscope.

「いざとなればフォーカサーを撤去すればバックフォーカスを稼げる。」とタカをくくっていましたが、実際にフォーカサーを撤去してみると、ペッツバール型の対物(4枚玉)の最終面が何と、フォーカサーのほぼ外筒外面まで来ているではありませんか。

 また寝られなくなりそう^^;ですが、何とか解決策を探らないといけません。 7kgと10cmクラスにしては非常に重い鏡筒で、これから観測ドームの大型赤道義(未完成)にサブ機的に回転装置付きのシステムごとセットされることを計画しておられますが、トータルバランスをよほど考慮しないといけないと思います。 それ以前に、BINO化が可能かどうか、ということです。



Hi-Lock-Screw (Center Mount) / ハイロックスクリュー(新型中軸式架台)

Hi-lock-screw proved to be quite effective for the tight clamp and protective for the dovetail surface at a time.

たかがクランプネジ一つで・・とお思いでしょうが、ここが今度の新型中軸式架台の出発点なのです。究極架台を目指すからには、アリミゾのクランプはただ固定できれば良いのではなく、アリガタに傷を付けず、かつメカとしてオウナーさんに持つ喜びを与える物でないといけません。^^; しかし、中軸式架台の垂直回転ユニット部は、左右の鏡筒に挟まれた狭い空間に配置するもので、しかも、同じ空間に、垂直回転のクランプレバーもフルストロークで干渉しないだけでなく、操作性も考慮しないといけません。

 さらに、生産性の良い合理的な設計にしたい(納期の短縮とコストダウン)わけです。 その意味で、その部分に複雑な面押しクランピングピースのメカニズムを組み込むのはどうしても避けたかったわけです。

 この”ハイロックスクリュー”は、機械加工のワーク(被加工物)に傷を付けることなく強固に固定させるために開発されたネジなので、この目的にも最適だと睨んだわけですが、予想は的中しました。 後は、ローレットノブを加工して取り付ければ完成です。ネジを15度ずつ傾けたのは、アリガタ面に垂直にネジが押すことの他、クランプノブが機構と干渉しないためでもあります。 一石二鳥ということです。(先端のチップだけが回る簡易的なネジもありますが、今回はネジの内部深くにボールを組み込んだ、理想的な”ハイロックスクリュー”を奮発しましたので、ネジの回転は実に円滑で、小さい力で強力にクランプします。先端の回転ピースに附属のデルリン樹脂のカバーを被せてありますが、これは無くても問題なさそうです。)



Sectional Sample of the Dovetail Holder (Center Mount) / アリミゾの断面サンプル(新型中軸式架台)

This is the sectional sample of the dovetail holder of the vertical unit of the new center-axis-mount.Imagine that another dovetail holder will be processed on the other side. Yes, it will make a perfect binoscope as soon as a pair of the OTAs are set on each side of the center-axis-mount.

新型の中軸式架台の垂直回転ユニットの(一部)断面サンプルです。このサンプルでは、片側だけにアリミゾ加工を施していますが、実際には円柱形の垂直回転ユニットの左右両面にアリミゾ加工を施します。アリガタが正確にセットされた1組の鏡筒を垂直回転ユニットの両サイド(のアリミゾ)にセットした段階でBINOになる構造です。

限られたスペースでの面押しクランプを検証するために、断面サンプルを作りました。 写真は通常のシンプルな押しネジクランプですが、まず、ネジがアリガタの斜面に直角に切られていることが一点です。 これでネジの先端を平面にしただけでも、面押しに近い効果は得られますが、先端が平面であっても、ノブと一緒に回転しながらアリガタを傷付けますので、これでは不十分です。 今、試しに発注しているネジは、ネジの内部に回転機構が組み込まれ、先端平面のチップが自由に回転するようになっています。つまり、ノブを回しても、先端面がアリガタ面に接触してからはネジ先端が回転しないわけです。これで、面押しの効果が得られるはずですが、事前に実験してみよう、というところです。

この両サイドアリミゾの発想は実は初めてではなく、2009年の春に製作した中軸式架台の1号機もほぼ同じ構造の物でした。ただ、当初は”究極”を確信したこの1号機は、市販のアリミゾを使用し、アリガタ(中心)のセット位置が垂直回転軸の中心とほぼ一致していたため、特に90度対空のEMS-BINOの重心(鏡筒(アリガタ)の中心よりも少し高くなる)との違いから鏡筒腹側のカウンターウェイトが必須になること、またエンコーダのセットが困難(構造上ほぼ不可能)なことから、このモデルをその後、このままの形で継続することはありませんでした。 しかし、現在はCNCフライスを装備したことで、アリミゾユニットを自前で自由に設計できることと、エンコーダを軸に仕込まなくても、傾斜センサーを鏡筒の適当な位置にセットすることで代えられることが分かったため、再度この方式に挑戦してみようと思った次第です。(ご存知かも分かりませんが、この初期型の中軸式架台を使用した12cmF5-BINOは時々双望会に参加しています。 今年も静岡県の方が持参しておられました。(最近は隔年参加)) 新型の中軸式架台では、アリミゾの受け位置を回転軸の中心よりも10mm下に下げる予定です。 15cmF5-BINO辺りに重めの2インチアイピースを装着して、丁度鏡筒の天地方向のバランスが合う勘定です。 小型のBINOでは、アイピースの重量比が増すので、10mmのシフトでは足りないケースも生じますが、小型のBINOは全質量が小さいので、フリクションの調整でカバーできるか、ウェイトを追加するにしても、ごく小さい物をセットすれば間に合うでしょう。