ステレオタイプ(stereotype)の呪縛

 ”天体望遠鏡=倒立像”、というのも一つのステレオタイプであって、世間一般的には未だに抜け出せていないもの だと言えますが、この辺までですと、当サイトをご訪問くださる方々はすでに問題意識を持たれて長く、とっくの 昔に脱ぎ捨てられたステレオタイプかと存じます。

 しかし、このステレオタイプにも段階があって、さらに上の、またその上の階層でも、それは存在するわけです。 私たちが未だに抜け出し難い、(屈折式の)天体望遠鏡の構造のステレオタイプは、外観から言いますと、筒先 から、対物フード →(中に)対物レンズ(セル&対物側フランジ) → 鏡筒パイプ → (フランジ&)繰 り出し装置(ドローチューブ)→ 接眼アダプター の順に構成されるもので、実際、これから逸脱した市販の天 体望遠鏡は皆無であると言っても過言ではありません。

 そして、望遠鏡メーカーには、天体望遠鏡は直視で見るのが基本だという意識が猛烈に強くあって、アイピースと 望遠鏡接眼部との間には、せいぜい天頂プリズム(ミラー)が1個介在するくらいの認識しかありません。 です から、たまに双眼装置等に気を使った、極端にバックフォーカスの長い鏡筒を出したとしても、上記、直視(もし くは天頂プリズム1個)での合焦とを両立させようとするものだから、どうしても極端に長いドローチューブを 一緒に装備してしまうことになるわけです。

 そして、その長い管路(ドローチューブ)の末端に、これまた長い同等管路を持つ双眼装置やEMSを装着して、 ドローチューブをうんと繰り入れて使用していたわけです。

 合焦しない場合は、やむなく鏡筒のカット等を行って長い総管路のフルシステムをさらに対物側に繰り入れ、鏡筒カットを 免れて合焦する場合も上記のジレンマを背負うわけです。(特に小口径の鏡筒では、ドローチューブの後端が対物レンズ後面 に当たりそうになることも珍しくありません。 ドローチューブもカットすれば状況は緩和しますが、往々にして 内径が細い物が多いので、抜本的な解決に至らないのが普通です。)

 望遠鏡メーカーが、“直視(もしくは天頂ミラー1個)での合焦”の呪縛から解き放たれない限り、EMSの都合と 市販鏡筒が完璧に折り合うことは今後もあり得ない、ということに気付くのに、あまりに長い年月を要しましたが、 ようやく最近になって、そのことを明確に認識できるようになりました。 つまり、私自身も、『望遠鏡パーツは、ドローチューブ末端のアダプターに挿入するもの』というステレオタイプ の呪縛に縛られていた、というわけです。

 長いドローチューブの末端に、さらに長い光路長の光学アタッチメントを装着することの矛盾は、単に光学的な側 面ばかりではありません。視度補正や、規格が統一されていないアイピースのピント位置のばらつき《これはアジ ャストリング等の外部的な工夫で克服できる》を補償するためだけに、ドローチューブ+光学アタッチメント+重 量級アイピース、という巨大な総質量を大掛かりな手段で以って常に動かし続ける、という、力学的な矛盾でもあ るのです。

 上記ステレオタイプから開放された先に、どんな正解が待っているかと言いますと、それは、『メインフォーカ サー(+長いドローチューブ)を撤去した鏡筒、またはフランジにEMSの第一(望遠鏡側)ユニットを直結する。』 ということです。
(もちろん、今度は余るバックフォーカスに相当した延長管を要する場合もありますが、市販鏡筒の現状からする と、それは不要か、せいぜい極短い物でしょう。 特に小口径の場合は、重量構成比が大きいメインフォーカサー の撤去は、軽量化という極めて大きな副産物ももたらしてくれます。また、今までEMS-BINOの素材として 却下して来た、繰り出し装置の先にレンズ後群が配置されたphoto-visualタイプの鏡筒も 射程に入ることになります。)

 ただし、それを美しい形で実現するには、いくつかの課題をクリヤーする必要があります。当サイトを注意深く 見てくださっていた方は、私がそれらの一つ一つを克服して行った過程を思い出してくださっていることと思い ます。

 まず、メインフォーカサーを撤去するわけですから、別の設置箇所を決めて、代替フォーカサーを設置しないとい けません。先述の趣旨からして、設置箇所は当然アイピースのごく近傍になるわけですが、2インチサイズのアイ ピースを使用する前提に於いて、58㎜くらいの目幅制限を満たすための外径制限があるので、low-profileの要求 と相俟って、これだけでも十分、計画を断念するに足るハードルがあったわけです。

 曲折を経て、最小目幅の障害にならないアイフォーカサーの基礎的な実験に成功したことは、すでにここで発表し ています。

 次に、フォーカサーをアイピースの根元に移動したことで、第一ミラーユニットを少し大きくする必要が生じま す。 これは単に光学的な要求ばかりではなく、鏡筒→フランジ→EMSの第一ユニットに至るアウトラインが極力 段差なく美しい流線型となって繋がるためにも、十分な大きさ(開口径)の第一ミラーユニットを準備することの 意義は大きいのです。

 これは、現状でも口径12cmクラスくらいから窮屈だったEMSの第一ミラーハウジングを、いよいよ大きくす るための機が熟したということです。

 目下、20年来の懸案だった新型の大型ミラーハウジングを、満を持して開発中であり、それが完成すると、 EMSがこれまでの諸々のジレンマから開放され、いよいよ次のステージに向けて大きく進化するわけです。

 数ヶ月以内には、ここで重大発表をさせていただくことになるでしょう。



TMB: APM APO 130/F6-BINO 続報

photo1

photo1

photo2

photo2

photo5

photo5

photo3

photo3

photo4

photo4

ちょっとだけディープスカイ (写真5)

 月面や土星のシャープな像は、相変わらず本当に魅力的です。しかし、春霞のために、さらに明るくなってし まった横浜の空のディープスカイは、悲惨です。M81、82の存在は痕跡程度ですし、M104は見えません。また、 M13の、まあ迫力の無いこと。どんな優秀な望遠鏡でも、この空では残念ながら魔法のようには見えません。

 ゴールデンウィークも予定があれこれ詰まっていたのですが、後半は月が出てくるし天気も崩れてくるし、5月 は後半まで予定が一杯だし、梅雨入りもするし…おお、どうしよう、等と考えていた4月29日、急遽、午後の予定 をキャンセルし、伊豆・天城高原へ行く事にしました。翌30日は早朝からハードな仕事を控えているので、頑張っ てもせいぜい4時間程度しか見れませんが、もういてもたってもいられません。さっそく我が愛器とORION 300mm/ F4.5 ドブを車に積み、出かけました。

 まず、沈み行くM42へ。流石に空気も厚く星はお団子状態でしたが、とりあえず「見た」という満足感。続いて M44へ。EWV 32mmですと実視界3.1°ですから、全景がきれいに収まります。また、月も沈み、空の状態も、この あたりから断然良くなってきました。黒い背景から星星が浮き上がって見え、いかにも動き出しそうです。まさ にBeehive(蜂の巣箱)、散漫に見える中~長焦点望遠鏡や双眼鏡とは美しさの次元が違います。続いて、アルギ エバ。分離と輝きの対比が綺麗です。そして、Ethos 17mmに切り替え、スカイウォーク。無数の星星に目を埋め、 大口径低倍率BINOでしか味わえない至福のひと時です。しばらく、この“特権”を味わってから、今度は、 M81、82、97などの北天の空を楽しみ、続いて、おとめ座銀河団へ。空が良いと、俄然、ORIONドブの本領発揮 です。このORIONで星雲・星団を見る場合、最初にEWV 32mm等で導入した後、Baader V + 2”GPC + Panopic 24mmで見るのが私の定番です。この組み合わせで最も実視野が広くとれるのですが、1.7倍の2”GPCを介さないと ピントが出ないので、結局、実視界0.65°、96倍になってしまっています。ただ、この双眼装置はアイピースま で一体化してケースに保存しているので、普通のアイピースの交換と同じ手間で、いきなり星雲・星団をドーン と双眼で大きく見る事ができます。300mmの口径を存分に発揮して、春の銀河団を微細構造まで浮き立たせてくれ ましたが、我がBINOも負けていません。口径のハンデをものともせず、さほど遜色無く見せてくれました。念の ため、良い空の条件の下、我がBINO(Nagler Zoom)とORIONドブ + Baader V + 2”GPC + Ethos 8mmで土星を見比 べましたが、解像度とシャープさで、我がBINOが上回りました。ちなみに、Nagler Zoomは実視界が50°ですが (経緯台だと、まめに追っていかなければなりませんが)、この焦点距離では解像度とクリアさでNagler 6を 上回っていて、オススメです。

 この夜、マカリアン・チェーンを追っていった時、急にピントが出なくなりました。というより、見えない!  少し離れてBINOを見ると、アイピースの高さが左右違っています。目幅調整のクレイフォードを動かしても 変化ありません。「何かがおかしい!」 注意深く見ると、左側のEMSユニットが、途中から抜けかかっています。 もう少しでアイピースごと落下する所でした。丁寧に外した所でちょうど時間切れ。帰路についたのでした。

地上編 ~夜だけでは、もったいない!

 このBINOで、我が家の屋上から数十m以内の地上風景を見ると、実に驚愕すべき風景が展開します。両目に高性 能望遠レンズが直結し、しかも目幅は65mmから175mmへ拡大しているので、日常ではありえない超立体的な映像が 視覚中枢を刺激するのです。

 近所のアンテナや電柱、木々が、美しくボケた背景にくっきりと浮かび上がって見えますが、背景も立体紙芝 居のように距離に比例して段階的にボケるので、何とも不思議な感覚です。10倍以上の双眼鏡、例えばCANON 10×42L ISWPや、HighLanderでもこのような感覚を味わえますが、このBINOでは程度が違います。始めに右側の ピントを合わせ、そして左側のピントを合わせていくと、ある瞬間に像が浮かび上がり、そして脳にカタルシス が訪れます。ですから、ピント合わせも、けっこうエキサイティングなのです。アイピースは、Ethos 13mm、 8mmですと、本当に凄いです。望遠鏡の性能の半分は、アイピースで決まります(どこかで見たような…)。広 い視界にくっきりとシャープに浮かび上がるアンテナの錆、電柱の砂粒、電線の汚れ、揺れ動く木々の葉の、 何と魅力的な事でしょう。また、これらの立体拡大像は、普段見ることのできない高い位置で、そして至近距離 で見ている訳ですから、これも実に不思議な感覚でもあります。私は、すっかり近所の屋根上風景マニアにもなっ てしまいました。

— 進化するTMB/APM-130 BINO —

ファインダー台座を交換しました ~互換性が無い!

 ファインダーの台座ですが、Vixenのものを黒色に塗装したものが付いていましたが、少しずつ塗装が剥げてき てしまったため、笠井トレーディングの「GSアリミゾ台座」に交換しました。台座のネジ穴の位置は同じだったの で、そのまま交換できました。ついでにネジも黒色のものに換えました。黒色の平ネジは、秋葉原の西川電子部品 で入手しました。

 問題なのは、本来は規格品であるはずの台座の大きさが各社まちまちで概ねVixen製より小さく、台座に入らな いものが沢山ある事です。笠井トレーディングのものでさえ、届いた計3個が、それぞれ大きさが違っていました。 また、TeleVueのダブテール・ブロックは大きすぎて、どの台座にも入りませんでした。結局その都度削らなければ ならず、困ったものです。おそらく中国で(勝手に?)作った金型が小さめで、未だにその金型を使っている下請 けに各社が発注しているためでしょうか? 是非、大田区などの日本の町工場に発注し、改善していただきたいと 思います。

ハンドルのぐらつきを直してもらいました

 左側の操作ハンドルに少しグラツキがありましたが、さっそく支持棒の下側にネジを入れ、ここで支持具合を 調整できるように改善していただき、操作上、気にならなくなりました。
 このネジの頭にはテフロンが付いていて、固定の具合が直線的ではありません。流石!

アイピースホルダーをバンド・クランプにしました (写真2)

 私のアイピースは重量級が多く、何とかバンド・クランプにならないか、と考えていたところ、鏡筒に付属して いた2インチの延長チューブがあったのを思い出しました。この延長チューブは、真鍮リングのバンド・クランプ です。さっそくこれをカットしてタップを切ってもらい、特製のアイピース・ホルダーを作ってもらいました。 アイピース固定用のネジの径は松本さんのオリジナルのものと同じで、こちらの方が大きく使いやすいので、 上下とも松本さんオリジナルのものとしました。EMS固定用のネジの頭にもテフロンが付いています。

ファインダーが届きました (写真1、3)

 ファインダーは正立ですと、操作性が格段に向上します。国際光器の正立ファインダーは今年からシルバー色 になってしまいましたので、お願いして白色を作ってもらいました。5月初旬にやっと届き、さっそく装着しま した。まとめて何本か製作した、との事なので、今はまだ国際光器に白色の在庫があると思います。以前の ヴァージョンでは先まで白色で、こちらの方がデザインが圧倒的に良いので、是非復活していただきたいところ です。このファインダーは秀逸で、間違いなくお薦めです。

ちなみに、ファインダーの脚は鏡筒付属のものですが、デザインに惹かれ、ホルダーの部分だけTeleVueのもの に換えました。固定ネジはプラスチック製なので、ファインダー本体に傷が付きません。

レーザー・ポインターと水準器も付けました (写真4)

 レーザー・ポインターも装着できるようにしました。レーザー・ポインターはペンライト型が主流ですが、 ここでも他と違ったかっこ良さを求め、写真のようなものにしました。出力は以前では考えられないような強力な ものですが、海外のsiteを閲覧していると、もはや武器のようなものまであり、ビックリです。

 ホルダーは、30mmファインダー用のホルダーの足を切断し、ファインダー台座に固定できるように加工しました。うまく装着でき、気に入っています。  また、スーパーナビゲーターの校正用に、小型の水準器も取り付けました。これは、ETSUMI 水準器S で、両面 テープで接着しました。

スカイスカウトも付くようにしました (写真1~3)

 何といっても、手軽。そして、雲や障害物などが空の半分以上覆っていて、それでも隙間から星を見る場合など、 SkyScoutの本領発揮です。今までは鏡筒の上に置いて使っていましたが、置き方で導入精度が異なってくるので、 右側のファインダー台座を利用してSkyScoutが付くようにしました。

 ETSMI ボールヘッド・シューという超小型の雲台がありますが、シュー固定用の丸い回転部分を下まで下げ、 さらに上面の端を斜めに0.5~1mm程ヤスリで削ると、ファインダーの台座に入ります。削った所は、油性ペンで塗 るだけで、加工がわからなくなります。この小型雲台は優秀で、しっかりとSkyScoutを支えてくれます。また、 使わない時はSkyScoutの専用ケースにしまっておけるので、便利です。

 始めに明るい星で望遠鏡とSkyScoutの位置の校正が必要ですが、ボールヘッドなのですぐに固定でき、良いよう です。後は導入の補助をしてくれますが、時々動かさないと勝手に電源が落ちてしまうのでやっかいです。

 ちなみに乾電池の他、継ぎ足し充電ができる、エネループとEVOLTAのニッケル水素充電池も使っています。 また、電池交換にはドライバーが必要なのですが、SUNFLAGのウルトラ・ミニNo.99-Bが小型・軽量で専用ケース にも入り、お薦めです。

EMSのネジは点検しよう

 “ちょっとだけディープスカイ”でも述べましたが、EMSのネジが緩んでいると、EMSがアイピースもろとも落下 する可能性があり、大変危険です。定期的にネジの緩み等無いか、チェックしましょう。
 ちなみに、私は防塵フィルターを常時外して使用しています。その代わり、ミラーのクリーニング等、良い状態を 保つように気を付けています。当然ながらミラーは命なので、ここが汚れていてはクリアーな像は得られません。

腰痛対策 ~より設置しやすい持ち方

 重量級のAPM130-BINOですが、持ち方で重さの感じ方が違うのに気づきました。今は、まず右手でBINOのハンドル を掴み本体を持ち上げ、すぐに左手をBINOの背面に添えて鏡筒のレンズ面が上になるように垂直に保持し、架台ま で運ぶようにしています(といっても、リフターから架台までは、1~2歩ですが)。架台に設置の際も、垂直に持 ち上げるようにして行っています。

耳軸の手入れ

 少し使ってくると、耳軸に滑らかさが減ってきました。そこで、自転車のメンテで有名な、Wako’s メンテループというテフロン配合のオイルを使ってみました。このオイルは556のようにベタつかず、 しかも恐ろしくスムーズになります。ティッシュにこのオイルを少量吹き付け、そして耳軸を拭き上げるように します。直接吹き付けると、ツルツルし過ぎてBINOが固定しなくなりますので、ご注意を! (経験済み)

湿度対策

 除湿機は、水を捨てるのが面倒です。梅雨時には、大型のものでも、半日ほどでタンクがいっぱいになってしま う事もあります。また、エアコンは、使う電気量のわりに、除湿は今一だったりします。昨年は、梅雨時~秋まで 望遠鏡群をペントハウスから楽器を置いている私の部屋へ避難させましたが、今回、ペントハウスにダイキン・ ルームドライヤー JTK 10BSを設置する予定です。これからの季節、デジタル式温・湿度計で監視です。

最後に

 手にして、はや1ヶ月が過ぎました。不思議なのですが、最高のBINOを手にした、というのに、何か面白いBINO や架台ができないか、いつも考えています。歩いていても、ここでBINOで見たらどうなるだろう、とか常に創造性 を刺激されています。

 この間までシリウスが明るく輝いていた、と思っていたのに、もう東の空には夏の星座が見えています。時の 流れを感じ、あと何回見れるのかな、等と思ったり、病気で片方の視力が失ってしまう前に(幸い兆候はありま せんが)、できるだけBINOで見ておこう、等と考えてしまうこの頃です。

 BINOの進化も一段落したので、追加リポートをさせていただきましたが、また何か気付きましたらリポートし たいと思っています。
Y.K.さんのサイト

管理者のコメント;

4月12にご投稿いただいたYKさんのリポートが、1か月余りで1,000アクセスを越えて いますが、また渾身の追加リポートをいただきました。

 前回も申しましたが、YKさんは決して暇な方ではなく、過密なスケデュールで各方面で活躍しておられる 方ですが、メールの返信等を含めて、ご反応が極めて敏感で早いので、製作者としても、自ずと熱が入ります。 「受信メールは毎日200通は来るので、即時に返信しないと、とんでもないことになる。」とおっしゃったのが 印象に残っていますが、その点は、まさに私も同じような状況なので(お客さんからの問い合わせには大抵1時間以内にご 返信しています。)、強い共感を持ちました。

 EMS-BINOによる地上近景の醍醐味について、これほど明確にコメントしてくださったのは、YKさんが 初めてだったかも分かりません。 音楽について、非凡な感性を持った方だと思いますが、いただいた表現から、それに 通じるものを感じます。

 EMSの脱落アクシデントについては、当方のネジの締め忘れと思われ、ただただ謝るしかないところです。特に 念入りに光軸を調整(視野の倒れの修正)した際、仮締めのままにしてしまったようです。 YKさんより、サイト上で ユーザーの注意を喚起するようにと言われましたが、後でいろいろと考えますと、こういう問題は、言葉だけが 一人歩きする傾向があり、情報が多いのがかならずしもプラスに働かないことが多いため、掲載は見合わせました。 (結局は今回、こうして公開することになりましたが^^;)
 以後、ネジの締め忘れには十分に気を付けるつもりですが、(BINO用)EMSの構造自体も、近々に 抜本的に大刷新を予定しており、その時点で接続部も 強化する予定にしています。

 納品後に、YKさんの手によって、的を射たアクセサリー群が見事に取り付けられています。 その一つ一つに巧妙な工夫があって、それぞれに小さなドラマがあることを、リアルタイムに交信させていただいている 私はよく理解していますが、逐一お伝えできないのが残念です。

 スカイスカウトは、国内ではまだあまり普及していないようで、”ウワサ”のレベルの評価(ややもすればネガティブ)が web上でわずかに見られますが、一言で言いますと、実際はそれに反して、なかなかの優れ物と言えるようです。これに代表 されるGPS系の導入アシスト手段は、エンコーダが不要なので、いずれ過去の手段を淘汰して行くだろうと予測 しています。

 ファインダー用アリミゾの規格について指摘されましたが、私も同感です。    これは天体望遠鏡各部について、広く一般的な問題であり、ご指摘の例はその中の一つに過ぎないと思います。   今回ご指摘の問題は、「サイズ自体が嵌らない。」という、深刻で基本的なものですが、もう少し高度な問題(要求)として 提起したいことに、アイピースのピント位置の大きなバラツキの問題があります。ピント位置の統一基準のような物が設定できないか、ということを 私は常々思って来ました。

 YKさん、お忙しいところを、また内容の濃い続報をくださり、ありがとうございました。 さらなる続報、いつでも 大歓迎ですので、またよろしくお願いします。