「スノー」さんがFS102鏡筒との互換使用を実現されました。

snow1

snow2

FS102-BINO

 12cmF5のBINOを所有し始めて日も浅いというのに、手元の望遠鏡をBINO化してしまいました。それほど、12cm F5BINOの衝撃は大きいものでした。

 さて、BINO化したのはFS102です。この鏡筒で見る、単眼時での惑星のシャープさとコントラストには素晴らしいもの があり、以前は自宅観望のメインとして使用しておりました。12cmF5BINOに接して以来、FS102の双眼で見る月 ・惑星はどれほど凄い画を見せてくれるのか想像する日々でした。そこで、思い切ってもう1本購入し、BINO化した次第 です。

 さて、梅雨の合間を狙い、天気予報と睨めっこする週末が続きましたが、ついにチャンスが巡って参りました。前線はやや 南にあり、日本海側方面は晴れ予報、大気はやや不安定なものの、こうした時は、標高の高い場所では短時間でも雲海の上 に出る可能性があります。出撃です。

 現地に到着すると、霧が出ているものの、薄らいできます。直ぐに組立て、高く上がった天の川の観望体制に入ります。 EWV32mmで覗くと、針を突付いたようなシャープな微光星が迫ってきます。単眼以上に明るいせいか、痛いほど目に付き刺 さるような星々の輝きです。そして流していると、北アメリカ星雲が飛び込んできました。ややもやった空であるものの ノーフィルターで十分に見れます。そのうちに、霧が再び出始めました。慌てて、ネビュラフィルター装着し、天の川を 南下します。そして干潟星雲へ・・・・おぉぉおお!絹のような繊細な星雲構造が見えます!!ドブ以来の迫力です。 そして、急いでフィルターを外し、M6、7へ。散会星団の美しさはアポならではと言うぐらい、繊細な輝きを見せます。 そのうち、東から霧が覆って来ました。ざっと実観望時間30分程度ですが、FS102BINOの実力の片鱗を感じとれた日 となりました。

 そして、数日後、仕事から帰って駅を降りると、晴れています!!木星です!!急いで帰宅し、即、組立て観望体制に入り ます。
 まずは、PL20mmで木星を覗きます。プローセルですが、テレビュー製で、抜けの良さと、シャープさ、望遠鏡を選ば ない汎用性で、実は最も気に入っているアイピースです。広角を求めないならば、安価で非常にお勧めです。 さて、木星ですが、倍率40倍、十分に模様が見れます。低倍率、衛星、模様、BINOの立体感が相まって、本当にポッカリ 木星が浮いているように見えます。少し気流が安定しないようですが、UW4.7mm約170倍に上げます。気流がピタッと とまる瞬間、恐ろしいほど、うにゃうにゃした模様に彩られた木星が浮かび上がります。「口径10cm?倍率170倍? 嘘でしょう!!」。双眼装置で見るより、矛盾するようですが、立体感と平坦さが両立して、非常に自然な立体感で見え ます。また、12cmF5と違い、まだまだ倍率が上げれる余裕を感じます(アイピースへの物欲が・・・)。色収差も少 なく、両目で見ているため、長時間でも疲れません。ひたすらシーイングの良くなる瞬間を待てます。

 こうして、星雲星団、惑星と楽しんだ次第です。後は、お月様ですね・・・

 さて、12cmF5との比較も交えながら、ポイントをまとめますと、

①星雲の迫力は口径差があり、12cmの方が上に感じます。一方で散会星団は、シャープさがあり、色が楽しめる FS102です。むしろ最強の兵器かもしれません。

②月、惑星は口径差が小さいこともあり、長いF値を持ち、かつフローライトであるFS102が圧倒的です。また、気持 ち良さもFS102が圧勝です。

③一方で、調整はFS102の方がシビアになります。星像が鋭い分、周辺まで非常に気になります(覗きたくなる?)。 遠征時は、現地で、30分も鏡筒の位置の微調整を続け、ミラー調整前の光軸調整に時間を掛けていました。遠征時は明 るいうちに現地に着きたいですね。

④重量も、長さもFS102は楽なものではありません。逆に12cmF5は口径を考えると、驚くほど軽量、コンパクト だと言えます。したがって、自宅FS102、遠征は12cmF5が中心となりそうです。

⑤対象や好みによっては広角アイピースが必ずしも良いわけではありません。特に2インチ超広角アイピースは視野の制約 がないと思えるほど覗き回れる分、アイポイントが安定せず見やすいものではありません。楽に見るには、自分のポイント に合わせたアイカップを作成するなどの工夫が必要かもしれません。一方で、テレビューのプローセルなどは抜けシャープ さとも抜群で、コストパフォーマンスは高いと思います。視野も狭い分、アイポイントが安定し、楽に見えるメリットは大 きいと感じます。単眼時には感じなかった問題で、BINOの良さは低倍率超広角が得られる面にあるのも事実ですが、対象に よって使い分けるのも良いかと思います。

 最後に、FS102はバックフォーカスに余裕があり、非改造で、10分で鏡筒換装が終ります。このようなことが出来るの も、EMSおよび架台の汎用性の高さゆえです。シンプルな構造と楽な調整が相まってなし得る楽しさです。対象により長焦 点アポと短焦点アクロを使い分けるのは、BINOの楽しみの幅を大きく広げます。

 さて、目の前にボーグが転がっています。超軽量BINOが出来るかも・・・・(笑)

スノー


管理者のコメント;
 スノーさんが、初めての12cmF5BINO(アクロマート)を入手されてから、快進撃を続けておられます。

 最初のBINOの完成時に、わざわざ当方まで対面に来てくださいましたが、スノーさんの探求心と吸収力には、 目を見はらさせられます。

 元の12cmF5鏡筒とFS102鏡筒は、最大径が同じくらいなので、EMSも台座も共用が出来ます。ハンドルのロッドのみ、 少し長いのをお作りしました。

 自分で作って(組み立てて)みる、というのが、EMS-BINOの原理を理解するための好適かつ最終のレッスンだと思います。  スノーさんは、それを1か月ほどでクリアーされたわけです。 BINOの耐性菌に取り憑かれられたようで、ごしゅうしょうさまです。^^;

 続報を楽しみにしております。



EMSの光軸調整装置について-2

光軸調整装置光軸調整装置光軸調整装置

 EMSの光軸に不安を持たれる方があるようですので、光軸調整の手の内を明かします。   左の写真が、私が製作したEMSの光軸調整装置です。アルミパイプの中には、図示のように2か所に 十字線が張ってあります。接眼側端面に平面鏡(黄色い矢印)を当て、青い矢印から覗くと、十字線が4組見えます。 それらが重なり、さらに十字線の中心が開口円の中心と合致していれば、スケアリングとセンタリングの 両方が合っていることになります。 より良い方法をお持ちであれば、各自で追い込んでくださっても結構 ですが、この方法で今日まで問題は生じておりません。(シンプルな方法ですが、ミラーによって光が往復 していますので、誤差が2倍になり、鋭敏な方法です。EMS初期組み立て時には、これをミラーユニットごとに 行い、さらにEMSとして組立後(写真の状態)に同じ事をやります。)

 今回、EMSを送り返して来られた理由は、光軸が合った位置が調整ネジのストロークのリミット近くに来ているという ことでしたが、今私が調べましたところ、それは正常の範囲内であることが分かりました。前回の説明の 通り、調整原点とストロークの中心とは一致しないのです。調整を完璧にしてから、水平方向の調整ノブを 締めてみましたら、わずか約1/4回転でリミットに達しましたが、これでも主光線にして1度以上の角度に相当するので、 十分な調整量なのです。(ミラーの干渉クリアランスが小さ過ぎるのなら、もう少しミラーエッジの顎を削ろうと思って いましたが、これは標準のクリアランスでした。) 現実にはこれ以上ネジを回転させる必要はありません。 ネジの反対方向にもリミッターを 装備すれば良いのでしょうが、これは組み立て(分解)用のネジを兼ねているので、それは非常に複雑な機構を要求しますし、 その必要性もありません。

  真ん中の写真は、ユーザーの方が操作されて送られて来た状態です。光軸がずれていると、十字線が中心に来ないだけでなく、 開口円が欠けます。 右の写真は調整後です。(ただし、カメラが写り込むのを防ぐために撮影時には平面鏡は付けていません。)

 今回の検証を通しまして、改めて、EMSの調整ノブを(片ストロークで)1/4回転以上操作するのは禁止!と言えますね。^^;

(6月19日 追記)

 不幸にして調整原点を大きく見失ってしまった右眼用のEMSは、目標に向けて固定した1本の鏡筒に、左用のEMSと 交互に差し替えて同一視野となるように調整すれば、簡易の原点復帰が可能です。(完璧には調整器具が必要ですが、実用上は それでも問題ないでしょう。)

 EMS-BINOのサイトを立ち上げて9年になりますが、製作者が当たり前の事として説明を落として来た部分が後になって発見 され、逐次説明を追加してまいりました。 この辺で、必要事項は網羅できたと感じていますが、いかがでしょうか。 ご質問があれば、お気軽にメールをくださいますよう、お願いいたします。

 EMSの光軸調整装置について(2006,6月17日)

  このコーナーには必ずしも適さない内容でございますが、この場所を借りまして、 EMSの光軸調整ノブについてご説明します。 ユーザーの方々との今日までのやり取り等から、 この機構についての誤解が根深いことが分かり、すでにユーザーとなっておられる方、また、これから ユーザーになられる方は、極めて重要な問題としてご一読くださることをお勧めします。

  再三、当サイトの各所でご説明していますように、この調整ノブは、盛大に操作することを前提にしておりません。 それは、大きく操作する(何回転もねじる)必要がないということと共に、大きく操作することが有害だということです。

  EMSのX-Y調整ネジの機構は極めてシンプルな構造であり、そのローッレットネジは「調整ネジ」とミラー(台座)の「組み付けネジ」 を兼ねています。つまり、ミラーを組み入れるためにそのローレットネジを使用して固定していますので、ネジを締め込んで行きますと、 ネジは、ミラーのエッジがEMSケースまたはジョイントリング(黒アルマイトの接続リング類)の内壁に当たる所(または 復元用のスプリングが縮みきった所)でリミット に達し(止まる)、またどんどん緩めて行きますと、ミラー台座から外れて、ローレットネジが脱落します。

 要点は、調整原点と、そのローレットネジのフルストロークの中心とは、全く無関係であるということです。 EMSのミラーは、斜鏡用のミラーを、アウトラインがより細長い楕円形になるように、自動切削加工機(メガネレンズ用) で加工し、さらに、EMSハウジング内壁に干渉するミラーエッジの厚み方向の顎部分を斜めに、手動のメガネレンズ用のダイヤモンドグラインダー(給水加工)で 1枚ずつ手作業で削っています。 従いまして、調整ネジのストロークの中で調整原点が占める位置は一定ではなく(ミラーの顎の干渉 クリアランスが組み付けごとに異なる。これは無害。)、 その都度異なるわけです。(調整原点が占める、全ストロークでの相対位置は、個性があり、10%くらいの位置に原点が ある場合もございます。)

  その事を誤解され、調整ネジをわざわざ何回転も回してネジのストロークの中心辺りに新たに自己流の調整原点を設け、 鏡筒を無理矢理振ってBINOの初期の調整状態を崩し、調整の袋小路に入ってしまわれるのです。

 BINOの現物をまだ見ておられない場合は、この説明に混乱されるかも分かりません。ただ、このような問題は、再三 お願いしております約束事を守ってくださる限り、発生しないものなのです。

  もう一度申し上げますと、完成品BINOは当方で十分に光軸を調整してお送りしています。従いまして、着荷したBINOをそのまま ご使用になれば、全く何らの問題も生じないのです。 EMSの調整ネジは、ほとんど± 1/8 回転以内で、アイピースの交換等による 誤差を補償してくれるはずで、その範囲で使用する限り、視野の回転等は起こり得ません。



「スノー」さん(pen name)が投稿してくださいました。

12f5nn

今回、はじめてBINOを所有することになりました。12cmF5BINOです。

 自宅は関東の都市部にあり、2等星程度しか見えません。観望したのは木星と、天の川散策です。 木星ですが、UW4.7mm約128倍を中心に200倍程度まで使用いたしました。さすがに150倍を超えるとボケてしまい F5ですと厳しいです。ところが、128倍では、驚くほどシャープにまた模様が詳細に見えます。特に中心部のシャープ さは特筆に価します。双眼の強みで、この倍率でも楽しむのに十分な大きさに見えます。日頃は15cmアクロマート 屈折(F6.5)に双眼装置で観望しておりますが、同倍率程度では同等かそれ以上の見得味です。BINOおよび双眼装置 で片方の単眼のみを比較すると、シャープさはBINOが圧倒的に優れており、口径差を埋める結果になっているようです。

 次に天の川散策です。使用アイピースはEWV32mmです。いやぁ~宇宙遊泳です。広い!微光星の散らばりに奥行きを感 じます。都会でもゆったりと時の流れに身を任せるような時間が過ごせます。気付いたら深夜でした(仕事が・・・)。 そして暗い空に持ち出したい欲求が急速に高まりました。梅雨入り前に何とか・・・

 数日後、平日の夜に急遽決断を下して、遠征に出ました。翌日も仕事がありますので、実質的な観望時間は1時間程度 です。

 天頂付近はベストとは言えないものの天の川が十分に見えています。一方南天は平野部の光害の影響が大きく天の川は 南斗六星の最上部辺りで切れています。
限られた時間ですので、さそり座からいて座、わし座、白鳥座、こと座の順に天の川を散開星団、散光星雲を中心に EWV32mmおよびWA12mmを用いて流しました。

 圧巻だったのが、M17スワン星雲、北アメリカ星雲、網状星雲でした。M17はその名の通りスワンに見れます。それもうっ とりとするほど美しく見えます。しばし、時間を忘れて眺めておりました。北アメリカ星雲は「でかい!こんなに太っ てたかな?」、網状も細長く曲がった微妙な形状がくっきり浮かんで見えます。これらの星雲は双眼鏡や、ドブ等でも眺め てきたものですが、BINOで見ると驚くほどの迫力と美しさで見ることができます。全く次元が違うと感じます。BINOのコン トラストが圧倒的に素晴らしく、そらし眼等も必要なく、長時間連続で疲れも感じず眺められるおかげでしょうか。 無論、翌日は仕事になりませんでした・・・・・

 さて、こうして惑星、星雲星団と簡単に眺めた訳ですが、総合的に感じた点は以下の通りです。 まず、眼視性能ですが、望遠鏡の性能をフルに活かしたまま、双眼となっていますので、単眼は無論のこと、高倍率 ではシャープ差で双眼装置の遥か上を行き、低倍率時のコントラストで双眼鏡の遥かに上を行っています。使える視界の 広さも比較になりません。当然、口径の限界を超える訳ではないでしょうが、自身の眼視能力の限界に近づくことで、実感 として1クラス上の口径による単眼以上に見えるように感じます。また、単に見えるでなく、そこに「美しく」、「大迫力 で」、「楽に」と、単眼の観望とは異なる次元の要素が加わる気がします。おかげで、「手持ちの小口径アポを双眼化する とどこまで凄い画を見せてくれるのだろうか?」等と、早くも次の双眼化計画を考え始めております(笑)。でも、大口径 も欲しい~

 次に使用感です。何と言っても、EMSの2軸方向独立にできる光軸調整の機能は、調整を驚くほど容易にします。また、 ハンドルによる操作性の高さも特筆に価します。微妙な追尾を容易にし、振動の収束も非常に優れております。12cmF5と 言えBINOですので、相当な重さを感じます。重いと稼働率が低下するのですが、調整、操作の容易さ快適さが相まって、 全体では重いと言うより、軽快な使用感と言ったイメージを持っており、自宅で、いつでもスタンバイ状態にしており ます。観望を楽しむには、光学性能と同じくらい使用感が重要と思っているのですが、その点でも、製作して頂いたBINO は素晴らしいものがあります。

 最後に、主観になりますが、BINO購入を検討されている方の参考になれば・・・・

①購入前は調整可能だろうか?可能としても非常に面倒なのだろうか?結果、使いこなせるのだろうか?と悩んでおりま した。この点は、正しく調整方法を習えば、驚くほど簡単です。遠征先でもアイピース交換や、眼幅の再調整、光軸の再 調整を行いましたが、煩雑さをほとんど感じませんでした。

②使用目的にあった鏡筒の選択をすると、より楽しめます。BINO効果で驚くほど汎用的に使用できますが、月惑星なら長 焦点、広角で星雲星団なら短焦点と言った感じで、鏡筒選択を行い、ついでに目的外も楽しむ使い方が良いと思います。 素晴らしい性能を発揮するだけに、むしろ目的を一旦絞って、BINOが見せる異次元の世界を楽しんで頂ければ・・・・

③重さを十分に検討することも重要です。当初は15cmを考えておりましたが、遠征時のことを考えて、12cmで決断しまし たが、正解だったと思います。一度に機材を車に運べるため、気軽に遠征できます。その分、より暗い空を求める機会も 増やせます。口径よりは暗い空の方が重要です。自宅観望用にBINO第2段も検討していますが、ベランダへの出し入れを 考えると、1ランク下の口径も良いかと考えております。観望機会を増やさないとベストシーイングの日に当たりません。 逆に設置可能な方パワーのある方は是非大口径に行って下さい、可能なら私も行きたいです(笑)。

 松本さん、良い望遠鏡を製作頂き、誠にありがとうございました。新たな世界が開けました。 早くも次の計画に取り掛かっております。また、色々と相談させて頂くと思いますが、よろしくお願い致します。

スノー

6月4日付で、続報をいただきました。スノーさんの許可を得て、私信部分も含めていただいたメールのまま 紹介させていただくことにいたしました。

さて、先のメールでお話した、星団インプレです。

★<<<<<<<<<<<<<<

曇天の続く中、運良く12cmF5-BINOと2回目の遠征の機会に恵まれました。 休日出勤から帰宅後、2時間ほど、気象情報を収集し、遠征先を決定、賭けにでました。標高2000mの高山地帯、 運が良ければ雲海の上に出る筈です。。。。

現地に到着すると、霧の中???1時間ほど熟睡後、車外に出ると、満天の星空です。薄いですが雲海の上となり、南方 の街明かりを半減させてくれています。果報は寝て待て?

前回は散光星雲観望の実力を確認しました。今回は球状・散開星団です。 ヘルクレス座からさそり座に下り、いて座からカシオペア座まで天の川を中心に併せて約40個ほどの星雲星団を眺めま した。

まずは球状星団ですが、単眼と異なり比較的低倍率から周辺が分離しはじめます。濃淡がくっきりしている効用で しょうか? ただ、最も素晴らしいのは多くの星々を背景にポッカリ浮かんだように球状星団が見られることです。単眼時代は、 可能な限り大口径で高倍率で分離する姿だけを求めていました。ところが、素晴らしいコントラスト、低倍率、広視界が 見せる球状星団は全く異次元の空間を見せます。特に天の川を背景に、シャープな無数の微光星の色や距離感が、広大な奥 行きを感じさせ、そこにポッカリ浮かぶ球状星団は壮観な眺めです。球状星団が星の集団であることを思い出すと、更なる 空間の奥行きと時間の広がりまで感じとることが出来ます。

次に散開星団ですが、当然のことながら、シャープな星々が背景の微光星へのアクセントとなり、空間の奥行きを更に増し ます。特に散光星雲を伴った散開星団は、ハイ・コントラストの効果とシャープな星像のおかげで、ガス雲から星団がくっ きりと浮かび上がります。母なるガス雲と成長する星々のコントラストが絵としても壮観な眺めです。

こうして、気付くと薄明でした。気温は5度、楽しさの余り寒さを忘れていたようです。体力を消耗したのか、帰路は2回 も仮眠をしてしまいました。BINOの教訓、防寒対策は十分に(笑)!

さて、球状・散開星団のテストも大成功でした。十分な口径で正立双眼であるBINOは、ハイ・コントラスト、広視界を両立 させる稀有な特徴を持つため、大口径反射や小口径アポ屈折の単眼とは、全く異なる世界を見せてくれます。面白いことに 星雲より星団で更に強い印象を受けました。「見る」「見える」望遠鏡と言うよりは「眺める」望遠鏡だと感じます。 もちろん良く見えますよ(笑)。

BINOの見せる画であれば一般の方々でも星を見る楽しさを感じられると思った次第です。

>>>>>>>>>>>★

以上です。

本当に、マニアの方はもちろんのこと、初心者にこそ覗いて欲しい望遠鏡です。

一般の方は、望遠鏡での月・土星、奥地での天の川、流星、肉眼彗星以外はがっかりした反応をなされるケースが多く、 案内する私も、分かってはいるのですが、やはりがっかりします。 確かに従来の単眼による天体望遠鏡だと、天文の知識による想像と併せて見ているのですね。双眼鏡でも低倍率すぎるか、 美しさが損なわれるためか、限界があります。それが、BINOだと純粋に眺めとして星空や月惑星をロケーションに合わせて楽しめます。その結果、星に興味も持ち天文の知識も増えるでしょう。きっと多くの方が天文ファンになると思うのですが。 加えて、抜群の操作性も既製品にはないもので、実は初心者にこそ最も重要な要素だと思います。多くの友人が慣れる前に 放棄してきたのを見ていますので・・・

逆にマニアにとっても、純粋に美しく眺めれることは、飽きることなく、理屈抜きに楽しめるので、一生付き合える相棒に なると思います。多くのユーザーのレポートやHPを読み、「単眼に戻ることはない」と言った内容の台詞に出会うのですが 、全く同感です。私の中では「満天の星空+肉眼」に唯一対抗できる望遠鏡です。

松本さんが忙しくなり過ぎない範囲で、BINOが普及することを期待しております。

スノー


管理者のコメント;
 スノーさんが、最初の12cmF5BINO(アクロ、中国製白鏡筒)のリポートをくださいました。

 このBINO(アクロマート短焦点)の真骨頂はdeep-skyですが、木星を観察されて、F5のアクロマートにして、高倍率性能でも奮闘していること を確認くださいました。 両眼で見ることの効果を、実体験からご報告いただきましたが、これは、日常生活でも片眼に眼帯をはめたらどうなるかを試していただ けば、簡単に体感できます。また、視力検査での、片眼と両眼の視力の劇的な差からもそれが立証できます。
 EMSはガラス中の光路が皆無で、たった2回の反射で90度対空の正立像を実現しているために、よりノイズの無いクリヤー な見え味を提供します。
 この視野の透明感のようなものは、アクロマート、セミアポ、アポ、と言った対物のランクとは また別次元の問題であり、表面的なスペック(口径と倍率、アクロ、アポ等)では、より安価な市販の大型双眼鏡があ りながら、わざわざEMS-BINOを注文してくださるマニアがおられる根拠だと自負しております。

 ある程度の高倍にも耐えうる12cmF5BINOは、低倍での散光星雲から散開星団、中高倍率での球状星団、惑星状星雲等、 圧倒的なパーフォーマンスを発揮します。

 今回のスノーさんのリポートでは、BINOの観望のご感想をストレートに、とても分かりやすくまとめてくださいましたが、 操作性についても、今後のユーザーのために懇切にご説明いただだきました。

 ウェブサイトには、あらゆる段階の方にご訪問いただくわけで、全ての方が経験豊かな天文マニアとは限りません。 従いまして、HP上では、どうしても調整の仕方につきまして、説明がくどくなり勝ちで、また初心者の方を基準にして、安易な取り組みに 警鐘を鳴らして来たため、実際以上にEMS-BINOの調整が難しいものだという誤解を招いて来た感が拭えません。(実は どなたかが、この点に触れてくださるのを待っておりました。)   今回のスノーさんの、BINOの調整に関するコメントが、その誤解を払拭してくださったと思います。

 スノーさん、非常に有意義なリポートをありがとうございました。  

何と、スノーさんが1日遅れで追加リポートをくださいました。臨場感をお伝えしたいので、 いただいたメールのまま掲載させていただきました。

スノーさん、本当に懇切なリポート、ありがとうございました。 また期間が経ってからのリポートも ぜひ、よろしくお願いします。



Mr.Mario sent me a photo of himself observing through FS102-BINO.

fs102mar

管理者のコメント;

Mr.Mario,Spain, has successfully completed in accembling the EMS set with telescopic materials into a splendid BINO-scope. I must admire his feat with the BINO-SCOPE all the more for the fact that there was a language barrier between us and limited information in my web-site available for him.