ドイツのWenglerさんが投稿をしてくださいました。

stf2

tvl1

stow2

stf1

nbino

tvl2

stow1

管理者のコメント;

 ドイツのWenglerさんより、EMSを使用した3台の自作BINOと、これまた自作のニュートン反射BINOの画像を 送っていただいたので、取り急ぎ掲載させていただきます。
  メールアドレスの掲載の可否やや反射BINOの詳細についてのご返事がまだありませんが、また詳細が分かりましたら追加いたします。 3台の屈折BINOの素材鏡筒は以下の引用文(Wengler氏からのメールから抜粋)の通りです。

”some time ago I promised to send pictures of my binoculars, realized with Your EMS-systems. FinalIy, I will send You fotos of my three refractor binos, 1. AstroPhysics Starfire 7inch, 2. AstroPhysics Traveler and 3. AstroPhysics Stowaway.”

 ドイツ初のEMS-XLはAstroPhysicsの18cmアポに使用されました。

鏡筒の詳細につきましては、 Astrophysicsまたは代理店のHPをご参照ください。

  Wenglerさんのcraftmanshipには感心させれらます。

10月28日追加

  Wengler さんより反射BINOの追加説明がはいりましたのでご紹介します。

The newton is a 10 inch f6, mirrors are from Barry Arnold/Canada and measured on a Zeiss interferometer to have am rms error of 16 and 18 nanometer. The coatings are from Spectrum Coatings. Focuser is from Darastro/Canada. It is special in that You can change interpupillary adjustment without changing focus.

The azimut bearing is a modified Giro 2 mount. Both carbon tubes with cradle have a total weight of only 65 lbs, the base of 25 lbs.

  鏡筒を回転させないのに目幅調整でピントが狂わないようにしています。さすがですね。
 (lbsはポンドの略)  (10月28日)