Face-Scale / 痛みスケール

I found this Face-Scale this morning, on the wall of bed-head of my mother in the hospital.
I had a phone call from the nurse yesterday that they were putting the Durotep Patch(Drug Patch) on her to ease pains.
At the last stage of the terminal cancer, my mother can take no more foods nor drinks for a few days.
Her eyes are almost always closed and there is almost no way to communicate with her. Her face only shows sometimes the pain of the 4-stage of the Face-scale.

Since July 6th,when she was firstly taken to the hospital, I deserve Full-time award by visiting my mother in the hospital twice a day, morning and evening.
Still so,I cannot help regretting that if I have done for her as much as possible. She is dying very soon.

今朝、母の病室の壁にこれが掛かっていた。一見、楽しそうなイラストに見えるが、これは痛みの指標だ。
母は数日前からほぼ半覚半睡で、会話もほぼ成り立たなくなっているので、寝た母の顔から、時々ステージ4くらいの痛みが予想される。昨日から麻薬パッチを貼ってもらったので、おお方穏やかな寝顔で寝ている。
2日前から、ほぼ食べ物はおろか飲み物も受け付けなくなり、母の命の灯火は、いよいよカウントダウンの段階になった。
7/6に最初に救急入院してから、1日2回の病室訪問(朝夕)を欠かしてないけど、悔いを残したくないと思っている。

Bronze Medal I got at the Local Armwrestling match / アームレスリング山陰大会で銅メダル

This is the bronze medal I got at the local Armwerstling Match, San-in Tornament, today at Funaoka-Chikurin-Koen.
The medal reads “The third prize at the open-weight”.
This is very impressive one for me because I had once canceled to enter because of my mother in danger of death with her terminal cancer. I made up my mind to enter it just two days ago because my mother was still fine contrary to our pessimistic estimation. I could show it to my mother this evening and she looked very happy.
There were 4-classes in the tornament, under 60kg,under 70kg, under-80kg, and over-80kg. As my weight was 63kg I were to enter in under-70kg. But because of my arm-carrier a bit longer than the restriction, I had to bare the weight handicap, and entered the over-80kg class (open-weight).

山陰大会(於:船岡竹林公園)で初めてのメダルだっただけでなく、今回のメダルは特別な感慨があります。母の余命が短いことを担当医から宣告された時(約2週間前)、この大会への参加をキャンセルしていたのですが、その後、母は奇跡的に元気で、急遽2日前に再申し込みしたのです。
体重63kgの私がなぜ80kg超級(無差別級)に出たかと申しますと、今回のエントリー制限の、経験2年未満という条件を超えてしまっていたためのハンデを負ったわけです。^^; (我が道場主催の大会なので、身内には厳格にしないとね。^^;)

After the match, I was very happy to have the lesson from the Asia-Champion of Mr. Otani. He was very nice!
試合後、立ち会いに来てくださっていた大御所(アジアチャンピオン)の大谷さんに指導してもらえたのは、最高に幸せでした。雲の上の人です。

Match Venue under preparations
準備中の試合会場

 

A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED / 病者の祈り

My mother with terminal cancer is sending the last days in the hospital.
And it reminds me of the e-mail of my late oldest sister who had passed away 18 years ago.

The e-mail was sent to me one year before her death, confiding the fact of her cancer recurrence.

Here is the preface of the e-mail.

Dear Tatsuro,

Here is the poem my friend sent to me this morning.
I would like to share it with you, because I was moved so much.

***************************************************

A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED
I asked God for strength, that I might achieve
I was made weak, that I might learn humbly to obey…

I asked for health, that I might do greater things
I was given infirmity, that I might do better things…

I asked for riches, that I might be happy
I was given poverty, that I might be wise…

I asked for power, that I might have the praise of men
I was given weakness, that I might feel the need of God…

I asked for all things, that I might enjoy life
I was given life, that I might enjoy all things…

I got nothing that I asked for — but everything I had hoped for

Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
I am among all men, most richly blessed!

****************************************************************

Now, I am waiting the chance to let my mother read this poem.

末期癌の母が最後の日々を病院で送っている今、18年前に他界した姉が、自らの癌の再発を私に告白した時(死の1年前)のメールを思い出します。

姉からのメール;

タイトル名:ちょっとした出来事

龍郎さま,

友達が今朝,すばらしい詩を読んだからとメールしてくれました。

大きなことを成し遂げる為に
力を与えて欲しいと神に求めたのに
謙虚を学ぶようにと弱さを授かった

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに
より良きことができるようにと病弱を与えられた

幸せになろうと富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

求めたものは何一つ与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた

神の意に添わぬ者であるにもかかわらず
心の中で言い表せないものは全て叶えられた
私はもっとも豊かに祝福されたのだ

............
いい詩でしょう!

彼女は,私が今日入院とは知らずに送ってくれたのですが,なによりのはなむけでした。 言いにくくて今まで隠していましたが再発して入院しました。
私のステージ(1c) では,13%しか再発しないのにその中に入ってしまいました。それも二年以内が殆 どでもう大丈夫と太鼓判を押された矢先です。しかし,今度は初回認可されていなか ったくすり(タキソール)を使い根治を十分期待できるということですから,いたず らに心配しないよう両親にもくれぐれもお伝え下さい。
明日から***ちゃんがきて くれます。点滴も初回は五日間しましたが今回は一日ですみますので格段楽です。病 室の電話は内線***です。***-***-****をまわすと”続けて内線番号 を押してください”というアナウンスが流れますのでプッシュホンならそのまま***を, プッシュでもダイヤル式なら米印を押して***です。私は今一番元気といっ てよいほどの体調ですし,気力も十分で何も心配していませんから,本当に心配しす ぎないで下さいね。
では,もう一度先の詩を読んで,読めば読むほどいい詩でしょ う。こんなメールでごめんなさい。メールは病室で今までどおり受け取れます。で は,また報告します。皆様によろしく。

*******************************

母にこれを読ませるべきか否か、迷っています。

Prominence of this morning

9:17 AM; APM120ED-BINOCULAR

Bad seeing with many clouds streaming.
雲が流れる隙間を狙って久しぶりに見ました。
悪条件で、紛らわしいゴーストも写ってしまいました。

Through the window of the hospital room of my mother.

I found some wind turbines on distant mountain ridge through the window of the hospital room of my mother, two days ago.
母の病室から窓の外をふと見たら、遠くの山の稜線に数機の風車(発電用)が見えました。

Local arm-wrestling tornament held in Kyotango-City in Kyoto Prefecture / 地方のアーム大会に出ました。

2-Wins and 2-Losses on each hand of under 70kg class of the beginner’s class, and  scarcely failed to take bronze medals.
But I think it the first step and have got some confidence.
My three dojo-members respectively won  the first, and the third prizes on the advanced classes of under and over 75kg.

まだ未熟な私は一般クラスにエントリーしましたが、右も左も2勝2負で、惜しくも銅メダルを逃す残念な結果に。
ただ、次に繋がりそうな手応えを感じることが出来ました。
道場の仲間3名は、それぞれ上級者クラスで、75kg超級(右)で優勝と3位、75kg以下級(右)で3位でした。

Undisposable stuff / 捨てられない物

This is the pencil I got at the 24th National Sports Tournament held in Nagasaki Prefecture in 1969 at the age of 17.(50 years ago)
This is one of the old stuff I can’t dispose even if my wife urges me to. Though I and our team could not get through the first elimination, the ticket for the
National Sports Tournament in Nagasaki was my precious award of two and a half years’ of the hard training. When I firstly belonged to the Gymnastics Club I could do almost nothing of even the fundamental art of the back roll, and had got my way through incredible hardships such as tree times of fractures in two years.

 

いくら家内に断捨離を迫られても、この鉛筆だけは捨てられい。
バック転すら出来なかった私が高校から始めた器械体操で、高3でやっと手にした国体出場(第44回長崎国体(1969))の切符。国体では予選すら通過しなかったけれど、出場選手全員に支給された鉛筆だった。
大した素質もないのに、ただひたすら体操競技に心酔、没頭した高校時代。あらゆる競技でハードな練習の伝説は多いが、現実に私ほど苦しんだ者はそう多くないと自負している。2年半の間に骨折2回、重度の捻挫1回。手のひらの皮は常に剥けていて、常に激痛と闘う練習。一日中体操のことばかり考え、極度の疲労と緊張感で最初の1年は下痢が止まらなかった。