Year end Arm- Party at Dan-Dan-Stadium in Yonago-City /アームレスリング忘年会(於;だんだんスタジアム米子)

Arm-wrestling year-end party took place at Dan-Dan-Stadium in Yonago city last night.
昨晩、米子市の”だんだんスタジアム”でアーム忘年会が開催されました。
I would like firstly extend my sincerest appreciation to the staffs of the event and Mr.Nishikawa,my teacher who kindly drove us to the site and back without drinking himself.
まず、お世話くださったスタッフの皆さんと、一人飲まずに往復の運転をしてくれた師匠(Nishikawaさん)にお礼を言わないといけません。
This time, I only got one win. The strong layman left some damage on my right arm, and I could not show my ability
at the following match.
自分の試合の結果は、初戦のみの1勝のみでした。 初戦で当たった素人さんがとても強くて、右腕のダメージが回復しないまま2回戦に入り、納得行くパフォーマンスが発揮出せませんでした。

The second opponent was Mr.Kondo who was once a light-weight champ. of Tottori Pref., and I lost.
But I am happy that he admired me that I showed some progress than one-year ago.

2回戦の相手は、軽量級の大御所(数年前の2年連続県チャンピオン)のKondoさんで、予想通り負けましたが、試合後に「去年より強くなっている。」と褒めていただいたのは大きな励みになりました。^^

8人乗りのレンタカーで寿司詰め状態での小旅行、久しぶりに修学旅行にタイムスリップしたみたいで、最高でした。^^

The first snow / 最初の雪(鳥取市)

  

We had a first snow in the center of Tottori City.
The photos were taken at 7 A.M. and no snow can be seen now.(4:30 P.M.)

今朝はこちらで、この冬初めての目立った雪。(写真は午前7時頃)
今、午後4時半現在は溶けていますが、非常に寒いです。 いよいよ本格的な冬の到来のようです。

The appeal of Arm-Wrestling / アームレスリングの魅力

Here is Japanese saying, “Haeba tate, tateba ayume no oyagokoro.”
The meaning is;
“Stand if you crawl, Walk if you stand. It is parental affection.”
I am just receiving such kind guidance from the senior arm-wrestlers in my Arm-Dojo. I have almost acquired the knak of the top-roll and am learning the special knak of gripping. They are very serious and kind in improving my skill.
No other sport or hobby is more decisive and faster in choosing the winner than Arm-Wrestling.
In other word, Arm-Wrestling is the rare sport in which the efforts will be clearly rewarded.
Look into the cyber field, you will find so many false authorities sprinkling sloppy informations and they are shadowing the truth. But, in the world of Arm-Wrestling, the stronger will always win!

「這えば立て、立てば歩めの親心。」という諺がありますが、まさしくそんな感じでアームの先輩たちは私を指導してくれています。トップロールが大分分かって来たところで、今度は握りの秘訣を伝授してもらっています。
アームレスリングほど明確に、かつ素早く決着が付く勝負事はありません。スポーツだけでなく、趣味や芸術まで広げても同じです。他の世界を覗くと、往々にして、中途半端な者ほど多弁であり、ネット上では大きな顔をして間違った情報を垂れ流しており、またそれに似合ったレベルの信者が付くのですから、困ったものです。
しかし、アームは明瞭に決着が付くので、そうしたことはまず起こりません。^^;

Result of the local Armwrestling Match / 10/15のアーム大会の結果

preliminary-left / 予選−左

Local Armwrestling match, open category, took place in Tottori City yesterday. The venue was the chartered pub, “Moguraya”.
I won the second place (but with no prize) on the normal grade of the right hand.
The winner of the normal grade was Mr.W of my Dojo, and it was not far from what I had expected.
On the left hand, my condition was too good on the elimination match that I was chosen into the expert section at the final match, and I dropped out early.
Our leader, and the host of this match,too strong, did not enter the right hand match to give the chance to other competitors. The right-hand winner on the expert section was the guy from Yonago City, Mr.N.

結果は芳しくなくとも、アームレスリング大会(体重無差別)を予告した以上、結果を書かないといけませんね。
結論から言いますと、私の結果は、ノーマルクラスの右で2位、左は事前のクラス分けマッチで調子が良すぎて、本戦でエキスパートクラスに入れられてしまったため、早期に脱落しました。
(予算の関係で、賞品は左右の各クラスの優勝者4名分のみだったので、私には賞品なし。^^;)
ノーマルの右の優勝者は我が道場のW君で、妥当な結果でした。 また、外部からの(無名の)新人に強者がいたのは予想外でした。(善戦していました。)
我が道場の師範(Nishikawaさん)は、今大会のホストでもあり、強すぎたので、右でのエントリーは遠慮したようです。
エキスパートクラスの右の優勝をさらったのは、米子から来たN君でした。(エキスパート左は我が師範)

雨天による会場の急遽変更により、全くの素人の観客がほぼいなくなり、ほぼ競技者だけ(30名ほど)が居酒屋(もぐら屋)の二階の広場に集まりました。そのため、競技後の「ヘラクレス?に挑戦コーナー」の役が私にはちょっと荷が過ぎることを師範が察知してくれたようで、急遽、師範代格の兄弟子(でも私よりずっと年下ですが^^;)2名が代役を勤めてくれました。少人数ながら結構盛り上がった大会となりました。
以上、昨日のアーム大会の顛末でした。(自分のための備忘録方々記録しました。)

Dr.M passed away. / M 先生、さようなら。

I knew yesterday that Dr.M, ophthalmology specialist (eye-doctor)in Tottori City had passed away on 9th of this month. He was such a considerate doctor for his patients that he was very careful and modest in issuing the prescriptions for glasses.
And I feel it very honored that he would often seeked me for advices in making the critical decisions in his difficult cases on the prescriptions.
I pray that his soul may rest in peace, and always be by the side of his patients and lovers.

鳥取市内で長年眼科医院を開業しておられたM先生が今月9日に亡くなられました。(享年76)
とても謙虚で患者さん思いの先生で、メガネの処方箋の発行も非常に丁寧に検討されていました。
面倒な症例では、よく私に相談されていて、最終判断を私にお任せくださったことも度々で、非常に光栄に思っていました。
心よりM先生のご冥福をお祈りします。

Rubber Gun / 連発ゴム銃

I was amazed by the wise mechanism of the four shooter of the rubber gun the son of my niece brought with him.
姪の子が持参した連発ゴム銃、そのメカに感激し、年を忘れて、一緒に遊びました。^^;

My niece, also an ophthalmology specialist took a visit to me with her only son.

    

She presented this glass to me.

Lost to the sons of my nephew / 甥の子に負けた。

My nephew,Ophthalmology Specialist,took a visit to me with her wife and two sons, yesterday.
His two sons, the older is nine and two month’ and the yonger four and eight months,challenged me as a team on
Armwerstling.

I know average adult will have to use both hands to win over me in armwestling.
More over children, even in duo, should never defeat me even by four hands.
But I easily lost to the two sons’ team effort by four hands. I have leaned that we shold not underestimate
children.

昨日、九州の甥家族がやって来て、甥の息子たち(長男9歳2ヶ月、次男4歳8ヶ月)がチームで私に腕相撲を挑むとのこと。^^;
並の大人でも両手でないとこの叔父さん(お爺さん?^^;)には敵わないというのに、小学生&幼稚園生の分際で・・・と油断していたら、
何と、兄弟連携の奇襲にあえなく惨敗! 子供を侮ってはいけません。^^; 後で聞いたら、甥と長男は毎週ボルダリングの練習をしているとのことで、
納得した次第。^^; 一対一で本気勝負をしないといけなくなる日も遠くないかも知れない。^^;
(甥が送ってくれた写真を見たら、やっぱり爺さんだ。がっかり。)

First Silver Medal at the local Arm-Wrestling match / 始めての銀メダル(米子がいな祭り杯)

Reverse side? Which is the face side?

Extra prie of the juicer. The fan is that the Muscular man of SDF personel,I defeated at the third round, gave to me.

 

1回戦:
Are you a highschool student? You were so strong for your age.
君は高校生か? それにしては強かったよ。

 

2回戦:
Later proved to be you were also a body-builder. You looked taller than me by 10cm and having 10kg more weight at least.
あなたもボディビルダーだったんですね。 私よりも身長で10cm、体重で10kgは大きかった。

 

3回戦:
You, Muscular SDF personnel,your rumor has being heard even in Tottori City that you were the most powerful winning candidate.
I will successively train myself so that I would not be revenged by you someday.
マッチョな自衛隊員さん、あなたが優勝候補だという噂が鳥取まで聞こえていましたよ。今回は私が先手を取らせていただきました。
次回、雪辱されないように、精進します。(自衛隊のうちわ、ありがとう。^^)

 

決勝戦:
You were the giant that standed out most conspicuously among the competitors. You looked far above 6-feet and I heard that you were 108kg in the weight.
I will revenge you next time.

あなたは体重108kgだそうで、地元のプロレスラーだと後で聞きました。 次回は雪辱できるように頑張ります。

試合後の光景: 自衛隊ブースの隣でした。

 

 

Commemorative day / 記念すべき日

This is the commemorative day, today.
When I was watching the H-alpha Sun through the Solar EMS-BINO near the entrance of my shop , my Master,Mr.NIshikawa(the leader of the Armwrestling Dojo), kindly brought me the new T-shirt designed for our Dojo.(Thsi is the naked one.)
The shirt was so nice and I was extremely happy that I could share the vivid prominence of the Sun through the Binoscope. He was so efficient to catch the prominence of the Sun despite that it was his first experience.

今日は二重の意味で記念すべき日となりました。
Hα太陽の観察システムを構築したばかりの125ED-BINOを、店の入り口付近にセットアップして太陽を見ていたら、アーム道場の師匠のNnishikawaさんが出来上がったばかりの道場ロゴ入りのTシャツを届けてくださいました。
Sサイズということで、着られるか不安がありましたが、延びる素材で、この通り全く問題なし。(因みにシャツの中身はこれです。^^;)
月末の試合(於:米子がいな祭)に向けて身が引き締まるわけですが、それよりも、この稀有なタイミングで師匠に太陽のプロミネンスを見ていただけたことがラッキーでした。
正立像で(鏡筒2本の)双眼で、しかも12.5cmの口径でHα太陽を見たのはまだ世界で私と師匠だけかも分かりません。
(ただ強烈な太陽光を単純に減光しただけでは、黒点は見えますが、彩層やプロミネンスは見えません。それらが見えるようにするには、太陽光の幅広い波長域の中から、Hα線だけをピンポイントで抜き出さないといけないので、極めてハードルの高い挑戦なのです。(一般の方もご存知のように、通常の望遠鏡は太陽に向けることすら厳重タブーです。(失明する))

Local Arm-wrestling party / 地元でのアーム大会

The first Arm-Party organized by our Dojo was held last night at a bar in Tottori City.
I got one-Win and two-loss, but it is my memmorative first setp to the carrier of Armwrestling.

Anyway, I had blissful time last night over a cup of beer with my Arm-Friends.

昨晩はまた鳥取市内のバーを貸し切りで、我が道場主催のアームパーティが開かれました。
応援を含めて、40名は会場に集まったか? 盛大な会になりました。
アーム台は二次会場の別のバーにも持ち込み、解散したのは翌日(つまり今朝)の午前1時過ぎでしたが、
至福の時間を満喫しました。^^
写真は、いつもの練習仲間との記念撮影。 もちろんフレーム外にも、世話になっている仲間はたくさん
います。 皆さん、本当にありがとう。 少年期よりストイックに孤独に目標に突っ走って来て、子育ても
一段落して気付くと、この年令になっていました。 今、置き去りにしてしまった物を取り戻しています。
こんな爺さんを仲間に入れてくれて、本当にありがとう。^^
(二次会場のバーで席に付いてくれた可愛いお姉ちゃん、自分の娘より6歳も若かった。聞いたら、父親がまだ30歳代で、
お爺ちゃんは50歳台だって。^^;)
そうそう、肝腎のアーム大会の成績は?、1勝2負。^^; 本戦初戦で1勝を挙げたのは、記念すべきこと。2戦目は
体重120kgはありそうな巨漢で、瞬殺ではなかったもののあえなく敗退。 敗者復活戦では、後ちょっと
まで相手を追い込んで勝ったと思って安心したところで戻されて逆転負け。 まあ、手応えがあった大会でした。