Commemorative day / 記念すべき日

This is the commemorative day, today.
When I was watching the H-alpha Sun through the Solar EMS-BINO near the entrance of my shop , my Master,Mr.NIshikawa(the leader of the Armwrestling Dojo), kindly brought me the new T-shirt designed for our Dojo.(Thsi is the naked one.)
The shirt was so nice and I was extremely happy that I could share the vivid prominence of the Sun through the Binoscope. He was so efficient to catch the prominence of the Sun despite that it was his first experience.

今日は二重の意味で記念すべき日となりました。
Hα太陽の観察システムを構築したばかりの125ED-BINOを、店の入り口付近にセットアップして太陽を見ていたら、アーム道場の師匠のNnishikawaさんが出来上がったばかりの道場ロゴ入りのTシャツを届けてくださいました。
Sサイズということで、着られるか不安がありましたが、延びる素材で、この通り全く問題なし。(因みにシャツの中身はこれです。^^;)
月末の試合(於:米子がいな祭)に向けて身が引き締まるわけですが、それよりも、この稀有なタイミングで師匠に太陽のプロミネンスを見ていただけたことがラッキーでした。
正立像で(鏡筒2本の)双眼で、しかも12.5cmの口径でHα太陽を見たのはまだ世界で私と師匠だけかも分かりません。
(ただ強烈な太陽光を単純に減光しただけでは、黒点は見えますが、彩層やプロミネンスは見えません。それらが見えるようにするには、太陽光の幅広い波長域の中から、Hα線だけをピンポイントで抜き出さないといけないので、極めてハードルの高い挑戦なのです。(一般の方もご存知のように、通常の望遠鏡は太陽に向けることすら厳重タブーです。(失明する))