Innovative zero-profiled focuser / ほぼゼロ・プロファイルのフォーカサー

The clamping mechanism was changed from the chucking system to the stronger slit clamp.
 クランプ機構を同軸チャックから、より強力なスリットクランプに変更しました。 同軸チャックはシンプルで理想的と思ったのですが、極端な加重に対してスリップする傾向が見られたことと、微動ノブとチャックの距離と暗がり(しかも手袋使用も考慮)での操作性に問題がありそうだったためです。(同軸チャックは、他の目的でまた威力を発揮するはずです。)
フランジ(鏡筒パイプ末端の白い部分)の後ろにフォーカサーが来るのが通常ですが、このフォーカサーは、フランジを合焦メカに取り込み、ドローチューブがローレットネジ付近の15mm程度だけを残して、全て鏡筒内に縮退します。ゼロ・プロファイル(Zero-Profile)というのは、そういう意味です。 それにより、鏡筒を切断することなく、所定のバックフォーカスを余裕で確保できました。
 「暗がりで目盛りが見えるか?」と言われそうですが、まずは昼間に十分に使用して、微動ノブの回転とドローチューブの移動速度を感覚的に身に付けてください。(微動ノブ1回転=1.5mm) また、目盛りは手持ちのアイピースのピント位置の誤差を把握するのに便利で、誤差が分かれば、同焦点化の対策も立てやすくなります。

Another Center Mount completed ! / 当面最後の中軸架台

 今でも私はこの架台の主旨には、ベアリングは不要だと思っていますが、重箱の隅をつつくのが天文マニア、7~8台目の方が、台所用の計量器をBINOに押し付けて、水平回転の初動の負荷を360度に渡って表を作成して負荷のムラを指摘され、重い腰を上げて採用したのがスラストベアリング、その後、スラストベアリング仕様を標準としました。
 ところが20台目くらいの方から、それでも水平回転が渋いというご指摘があり、ラジアルベアリングをさらに追加したのですが、結局はその方の場合は、要求がさらに上回り、最終的に返品になりました。ただ、その方以外は、スラスト、ラジアルのベアリング仕様で十分にご満足いただいています。(依頼、ラジアル、スラストベアリング内蔵が標準です。(価格据え置き)
  もちろん、私もより良い製品を作ろうという向上心は常に持ってはいますが、総重量2.5kg程度の架台の主旨(遠征用に特化した超軽量コンパクト架台)やトレードオフをご理解いただいた上でご注文いただけると幸いです。
 

 エンコーダの回転止めのセットスクリュー(芋ネジ)は、不必要に強く締めないでください。未だ事故は生じていませんが、樹脂製のエンコーダハウジングを破壊しない程度に締めてください。^^; その他、機械的な常識に添ってご使用ください。(率直な苦言を申しますと、一般に、天文マニアは批判力がある割に、機械音痴の方が多い印象がございます。)
 またエンコーダアピンは折れやすいので、お取り扱いには十分にご注意ください。

Vertical Unit of the Center Mount completed !

これで主要パーツの在庫が払底しましたので、中軸架台は当分の間作れません。
 ご希望の方は、当サイトを常にご注視いただき、次回製作開始のタイミングでお知らせください。原則として、長期予約は受け付けません。(勝手を申しますが、全て、私一人で管理しておりますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。)

Another Center Mount in the making

Small but important part for the Center Mount.
Nerve consuming work which requires a lot of concentration.
小さな部品ですが、神経を使う作業で、長くは続けられません。

Another handle parts (15cmF5-BINO)

Cross joint between the handle rod and the grip
ハンドルロッドとグリップを連結する要の部品です。
 この部品は、先日ご紹介した部品と共に、なるべく切らさないようにしていますが、仕事の優先順位から漏れれば、どうしても厭なタイミングで在庫切れになります。