EMS-UL in black in the maiking / 黒仕様EMS-ULセット 2台分

One is for 77ED2-BINO, and the other set is for the unit delivery.

1セットはこれから組み立てる77ED2-BINO用で、もう1セットはEMSのみの供給用(for US.)です。これで、黒ハウジングの在庫が払底していましました。
また、折しも、リミッターノブの在庫も払底したので、急いで次のロットを仕上げないといけません。(サイトのクラッシュ以来、散々な年の瀬です。)

Review of the plan of 90FL-BINO / 再投稿(websiteクラッシュで消えていた情報)

 

 

 

minimum iris

Innovative and amazing adjustable IRIS!!
It will take a significant role at the solar viewing etc.
BORGの画期的な虹彩絞りです。「何に使うの?」と思われる方は省いても良いでしょう。 しかし、人間の眼には当然の機能として備わっている可変虹彩絞り、眼視用望遠鏡とて、備わっていて邪魔になるはずはありません。
具体的には、以前にご紹介した(サイトクラッシュで現在消えていますが)COMBO-QUARKによるHα太陽観察に威力を発揮しますし、シーイングに応じた口径絞り等、応用はたくさんあります。

 

 

key groove on the draw-tube

Key groove on the daw-tube will make the part into a perfect light-weight free-stop focuser.
キー溝1本の加工で、ドローチューブが軽量、簡易なフリーストップのフォーカサーになります。重厚な伝統的フォーカサーに拘る方は、すぐには受け入れられないかも分かりませんが、眼視に本当に重厚なフォーカサーが必須なのか?という問いかけでもあります。
特にプライベートな望遠鏡であれば、儀式のように頻繁にフォーカサーを伸縮させる必要はありません。(工夫次第。)

Handles are set (90FL-BINO) / ハンドルセット

ハンドルをセットしました。 あと、ファインダー台座をセットするのみですが、作り置きしておいた相手板が家探ししても出てきません。(よくあること^^;) 今、材料を発注しています。 それが整い次第に納品です。(あと数日^^;)

Another 90FL-BINO almost completed / ほぼ完成!

Another BORG-90FL-BINO is almost completed.
2台目がようやくほぼ完成しました。 今回は黒いEMSにしましたが、白を好む方もいるかも分かりませんね。 黒で統一するも良し、敢えて黒と白でコンビを組むのもまた一興、ということでしょうか。

EMS-UL-SET was shipped to the US./ アメリカに送りました。

The photo above is just before the final assembly. The finished EMS-UL set was sent to the US. today.
最終組立中のEMS-ULセット。
今日完成して米国に旅立ちました。
HPの工事中でご迷惑をおかけしております。 週明けまでには何とか復旧できそうですので、よろしくお願いいたします。 (復元できないファイルもありますが、画像ファイルは全て残っています。)

Reform of the old “EMS-ES” / 旧箱型EMS-ESの銀ミラー化リフォーム

I usually reject reform of such old EMS. But I sometimes accept it just out of whim.
ここまで古いEMSのリフォームはお断りすることが多いのですが、依頼者の方の思い入れが伝われば、承ることもあります。もっとも、ミラー厚を厚い方に統一した現在、薄いミラーの在庫が乏しいため、いつまでもは対応できませんが。(31.7バレルはお客様がセットされたものであり、標準は36.4ネジです。)

 

 

アクロバティックなミラー配置にご注目ください。(アクロバットは私のライフワーク。^^;)光路長を極限まで短縮するには、アクロバティックな作業が決め手になります。 ケース内光路長は、ケース角柱の1辺の長さ(50.0mm)と同じです。(EMSの原理を示唆する意義ある数値です。(当然ながら、光軸に平行な入出射光線の経路長は全て同じ。従って、側面の対角線に置いた平面鏡1枚と同じ光路長になる。))  当時、基礎的な機械設備だけのオールマニュアル加工でこれを作っていました。 エコノミータイプとして作った物でしたが、その後の合理化(具体的にはダイカストの導入)で、コストメリットが無くなりましたので、復刻の要望が多い中、敢えて復刻する予定はありません。(ただ、自作的には示唆する物が多く、ご参考になると思います。)

 

APM140-BINO; First Come, First served /早い者勝ち、APM140-BINO希望者募集

 

(This photo is the last model. The next one has FTF-3-inch focusers)

Another APM140-BINO will be completed in a few weeks.
And I am going to deliver it to the happy guy who raise his hand at first.
If there are many applicant, the guy who can take the binoscope at my shop,
or the repeater of my Binoscope will have the priority.
(The standard set price for abroad(without consumption tax) is 1396,000YEN)

3台目のAPM140-BINOが数週間以内に完成する運びとなりました。
つきましては、希望者の方を募りたいと思います。
希望者多数の場合は、リピーターの方や当方で引取が出来る方を優先させていただきます。

標準セットの価格の参考例をお示しします。(不要なパーツは排除できます。)

●明細(全て消費税込):
特化APM140鏡筒2本分(短筒化鏡筒、フォーカサーなし; メーカーによる
短縮加工料がORIGINALフォーカサーと相殺されます。)
————————————————- ¥796,000

フェザータッチ3インチフォーカサー取り付け(アダプタ製作含)×2
———————————————— ¥199,600
EMS-UXLセット  ——————– ¥270,000
バンド加工、運搬取手、アリガタ設置他 ¥ 32,400
中軸式架台 ———————————– ¥99,360
延長ピラー————————————– ¥12,960
VIXEN APP-TL130三脚  ———————¥19,980(特価)
ハンドルユニット(カウンターウェイト兼用)—¥23,760
傾斜センサー ———————————¥34,560
(ケーブル類は附属しますが、アプリ、電源等は別途お求めください。)
エンコーダ  ———————————-¥16,200
ドットファインダー——————————¥2,980
—————————————————————————
—————————————–合計  ¥1,507,800

この度の完成品BINO即納のチャンスは特例です。
事情は10/27の投稿でご紹介しています。
(前の依頼者の方が鏡筒調達の遅れに痺れを切らされて機種変更されたように、
この鏡筒の速やかな供給は今後も当てになりませんので、今回が貴重なチャンスになります。)

trimming the edge / 角のトリミング(干渉回避)

“Trimming” in a word, but it is not so easy just as trimming your garden tree or a sheet of paper.
Especially the edge of the long material should be carefully examined the best way to hold it and to mill it.

トリミング、と言っても、紙や庭木を剪定するようには行きません。特に長い材料は、加工マシン
のキャパを超えてしまうことが多く、運良くキャパ内に収まったとしても、加工部が固定部から遠く離れた
りしていたら、綺麗に加工できないどころか、事故に至る危険性が高くなります。
頭を捻れば、意表を突く正解が浮かぶこともあります。^^(もちろん、設計段階でそうした作業効率
を配慮しておくことも大切です。)

EMS-US for the single use / 単体用EMS-US

These might be common pictures for you who have been watching my website.
Here I am showing the minimum profiled connection of the standard housings.
Most of the sizes of the standard housings are 2″(-inch), male or female, in common for the convenience of the users to make the most of the personal applications.
The default twisting angle is so clear to restore that you have only to make the entrance and exit openings intersect each other by the right angle.

If you have a bit more patience to read the closer explanation, I will show you the
amazing numeric secret of the EMS.
What is the right twisting angle of the EMS from the assumed starting position of one-dimensional connection of EMS of 120-deg deflection? Let’s assume the angle is “beta”.
Look at the diagram below.

You may know the ratio of the standard business paper is one by square root of two (1:1.4142….).
The angle “alpha” between the diagonal line and the long side is the same as the inclination of second light path of the EMS seen from behind.

And,2x-alpha = beta(70.5287…deg.)=the very twisting angle of the EMS!!
And cos(beta)=1/3. Isn’t it amazing???
And the ratio of 1:1.4142…. is called the “Silver Ratio”. Am I the only one who feel it so divine??
もう珍しくない写真ですが、標準ハウジングを最短で接続する方法です。EMS-US/UMはこの方法で接続しています。ジョイント部は全て、2インチのオスかメスになっていて、ユーザーさんサイドでの応用にも配慮しています。(EMS-US〜ULまで、ハウジングは全て共通です。)
(接続のデフォルト位置角は、両開口面が互いに直交するところですので、再現に迷うことはありません。)

11/01 追記:EMSの数字的な神秘?について、以前より時々ご紹介していますが、皆さん、割りと無関心なようで、掲載する度に、正直、がっかりします。 まあ、「見えれば良い。」ということでしょうかね。^^; 確かに、EMSは原理を知らなくても使えますしね。 でも原理が理解できると、ずっと楽しさも増すんですけどね。^^;