APM120mmSD-Binoculars on the One-Arm-Mount arrived !(センターアームマウント)

APM120mmSD-Binoculars on the One-Arm-Mount arrived yesterday.
It was more than “Splendid” for its price. There was nothing to be nitpicked.
It offered the flawless terrestrial view and the flying crow appeared over my head by chance seemed to be locked on the field by the smooth operation of the mount.
付属の18mmで地上風景を見る限り、この価格にしてこれ以上を望む理由がない見え味。当然ながら、色収差の片鱗も伺えず、抜群の抜けの良い視界です。
偶然頭上に飛来したカラスを追うと、ロックオンしたかのうように静止して見え、カラスの表情まで伺えました。中軸アームマウントの操作性の良さを物語っています。

ご承知のように、この双眼鏡は31.7アイピース用ですが、射出窓径はほぼ差し込み径一杯ほどあるので、バレルが外せる正の2インチアイピースであれば、接眼ヘリコイドの外径に被せるスリーブを製作することで(合焦条件さえ合えば)使用することができます。正視眼(もしくは矯正眼)であればMASUYAMA32mmで無限遠にピントが出ます。ケラレはほとんど気にならないレベル。(ちょうど、EMS-UMに使用した時と似ています。)

なぜヘリコイドの外径に(2インチ)アイピースを被せても良いかというと、この双眼鏡のヘリコイドが回転式のシンプルな物だからです。(改造)2インチアイピースを接眼ヘリコイドに被せた後は、アイピース自体を捻じれば合焦操作が可能になるわけです。
(視野環径47mmのアイピースを射出窓径約30mmの双眼鏡に使用して、なぜほとんどケラれないか?ですが、それは全く不思議はありません。F値の小さい望遠鏡ではよくあることです。長くなるので説明は省きます。)

私が市販の大型双眼鏡の取扱を開始したことについて、不思議に思われるかも分かりませんが、このAPMの90度対空双眼鏡は、稜線外し(倍幅)アミチプリズムに目幅調整用のロンボイド(菱形)プリズムを組み合わせた、合計4回反射のシンプルな正立光学系を用いており、まさに私のポリシーに合致していたからです。
EMS-BINOのプリズムVERSIONと言って良いくらいです。

この後、操作ハンドル、ファインダー、タブレット等をセットする汎用台座をセットし、エンコーダ内蔵の水平回転部と傾斜センサーによる導入支援を整えたら完成です。(フルセット、及びOPTION価格等はいずれ公開いたします。)

H-alpha Solar through the thin clouds(20cm-BINO)

Far behind the real image by both eyes, a large prominense can be seen near the north pole when the clouds are less. It is impossible for the cheap WIFI-CAMERA to express the real image of the both eye viewing.

公開したくないくらいの出来の悪い動画ですが、薄雲の中に見えた北極付近のプロミネンスが見えています。
安物のWIFIカメラ、ピントの追い込み不足等もありますが、鏡筒2本の双眼視の見え方は到底再現できません。
全く同一の画像を左右に振り分ける双眼装置と違い、個性が違う2本の光学系を通し、シーイングの位相も異なる左右の像を脳内でコンポジットする効果は、文章では表現し辛いものがあります。
「双眼になると良く見える・・」と言うよりも、「単眼で皆無に見えた情報が双眼で初めて見えて来る・・」という表現が当たっています。

20cm-objective housing; super-light-weight plan / 超軽量20cm対物ユニット

1:フード兼セル
2:セル部品兼後方フランジ(ラッパ)との接続リング
3:後方フランジ(ラッパ)
(2と共に対物レンズを挟み込む締めリングがもう一つ必要です(これから作る)が、重量は無視できる程度です。)

より光軸にシビアな反射望遠鏡でも”ドブ”があります。より光軸に寛大な屈折式なら、尚更より簡素な作りの実用的な大口径望遠鏡があっても良いのでは?^^
(薄いのが良くて採用した「寸胴鍋」ですが、予想通り、その薄さと大きさ故に加工は困難を極めます。適切なジグが功を奏すことは言うまでもありません。)

20cmF7-BINO project launched! / いよいよ20cmF7-BINOに着手

These objective lenses have been kept for more than ten years waiting their turn to be made a start by me.
A great idea of the portable 20cm-BINO has been hit on, and I decided to make a start with it.

自分用のBINOを作るのは何十年ぶりか??^^; 常に自分のは後回しでした。画期的にポータブルな20cm-BINOのアイデアが閃いたので、急遽スタートすることにしました。(10年以上前に確保していた対物レンズ(アクロマート);20cmF7; 所村さん(日本屈折光学)の最後の自信作です。)

TTS160 Mount base is almost completed / TTS160マウントの基礎部分がほぼ完成しました。

TTS160マウントは立派な架台であり、これから載せるであろうBINOもそれなりの物になるはずで、地上風景の観察や事前チェックにフリーで利用できないようでは困ります。延長筒を兼ねた水平回転部を下にセットすることで、それが解決しました。

Mechanism of the vertical unit (Center Mount) / 垂直回転ユニットの構造(中軸架台)

Here is the mechanism of the vertical unit.
The bearing ring is waiting the processing of the slit clamp.

中軸架台の垂直回転ユニットの構造です。
軸受リングにはこれからスリットクランプの加工を施します。

Bottom holes of larger housing of EMS / EMS(大)底面の穴加工

The processing as such is the signature move for the CNC milling machine.
やり残していた、大型ハウジングの最後の工程、底面への穴開けです。
こうした作業はCNCフライスの真骨頂です。

3-inch EMS in the developing / 3インチ用EMS 開発中

3-inch EMS for the single use is in the developing.
For the single eye use, there are no restriction in the size of the second unit, and a pair of the larger housings will make an ideal 3-inch EMS.

単眼用ですと、目幅の制約がありませんから、第1,第2ユニット共に大型ハウジングが使用できます。後は、光路長との折り合いを見てミラーサイズや接続管の長さを決定するのみです。