final assembly of the Center Mount / 中軸架台組立(2台)

Two pairs of the Center Mount are completed at last.

やっと完成しました。

Now, the diameter of the bottom boss is shifting from 60mm to 45mm according to the change of the VIXEN products.  You can choose the size for the time being.  The clients are required to let me know of your desires ASAP.

今後は底部ボス径は、45mm(VIXENの新規格)に統一して行く予定です。 60mmφを希望される方はお早めにお知らせください。 当面はご希望にお応えするつもりです。

Altitude Angle Sensor(傾斜センサー) AAS-2

傾斜センサー AAS-2 は、3軸加速度センサーを用いた傾斜角度を直接計測するセンサーです。新たに WiFi 機能を内蔵し,水平エンコーダーをつなげるだけで,天体の導入支援システムを構築することができます。

【本センサーの特長】
 架台や鏡筒への取付位置を選びません
架台や鏡筒に取付けるだけで傾斜角を計測するので、従来のようなロータリーエンコーダー取付のためのスペースが不要で、特に EMS-BINO 用中軸式架台等には最適です。
 架台の水平出し不良の影響を受けにくくなります。 センサーは、重力方向に対する鏡筒の傾斜角を直接計測するので、架台の水平出し不良による導入精度低下の影響を受けにくくなります。
 WiFi 機能を内蔵しており,iPhone/Android と直接接続可能です。センサーに水平エンコーダーと電源をつなぐだけで,iPhone/Android のSkySafari と直接接続可能で,導入支援システムを簡単に構築することができます。
(この導入支援システムにより、NEXUS等の外部WIFIアダプターが不要になります。)

2016年7月14日追記:

Android系のスマホ/タブレットで接続しない機種があることが判明しましたので、以下に現状での(Android系の)ホワイト&ブラックリストを提示させていただきます。(iPhone系は問題ありません。)

【ホワイトリスト】
機種              Android OS Ver      SkySafari Ver
TECLAST X80 Pro        5.1.1
Google NEXUS6           6.0                   4.0
(←ただし、NEXUS6は初期操作にコツあり。該当機種をお持ちの方にはご説明します。)
SHARP AQUOS PHONE ZETA
(SH01F)        4.4.2        4.0 Plus
(docomo WiFi接続ツール」をアンインストールし、一度再起動して、接続する。)
【ブラックリスト】
機種           Android OS Ver   SkySafari Ver
Google NEXUS7(2013)  5.1.1            3.0 Pro
Google NEXUS7(2013)  5.1.1            4.0 Plus
Google NEXUS7(2013)  6.0              4.0 Plus
SONY XPERIA A4
(SO-04G)      5.02             4.0 Plus

★現状では iPhone 系が無難のようです。 鋭意研究と改良を進めておりまので、なにとぞよろしくお願いいたします。(ホワイトリストは、新たな機種での接続が確認でき次第に追加させていただきます。)

 

【傾斜センサー本体】

image 1

【本センサーの仕様】
・ 電源電圧 5~12V 消費電流 約 160mA
・ センサ分解能 10000 ステップ/360度(水平/垂直とも,ユーティリティソフトにより可変)

【鏡筒への取付例】
鏡筒へはベルクロ等で取付けます。

image2

【システム一式】
センサに水平エンコーダーと電源をつなぐだけで動作します。

image3

Mount holder of the compact center-mount / マウントホルダー(ハイランダー用軽量架台)

BINO作りが佳境に入ったところでハイランダー用架台のご注文が入りました。^^; 今後はすぐに対応できるように、マウントホルダーをまとめて加工しておくことにしました。
軽量マウント本体は、本日完売しましたので、またBINO製作の合間に10台製作しておく予定です。(少し先になりそうですが。)
因みに、ハイランダー用軽量架台=¥57,000(消費税別)、軽量(簡易)マウントホルダー=¥12,000(消費税別)です。

150LD-BINO completed (second one) / 150LD-BINO 新型2台目 完成

The second 15LD-BINO on the Center Mount is completed. It is identical with the first one, but this time, I have made the perfect jig for precisely drilling holes on the OTA tube to set the dovetail and the carrying handle grip. The clients may have no concern about the jig, but for me, it is very important because a good jig will promise me the repeatability of the good products.

15LD-BINOの中軸架台仕様の2台目が完成です。 1台目と仕様は全く同じですが、決定的に違うのは、アリガタ&運搬取っ手用の鏡筒への穴開けのジグを用意したことです。皆さんは、「それがどうした?」と言われるでしょうが、小規模ながら量産としての再現性を構築したという意味で、物作りとしては、決定的な違いがあるのです。 たとえ結果が同じでもです。(私自身、この仕事を始めるまでは長い間、自作マニアでした。プロとアマ(自作マニア)との決定的な違いは、技量ではなく、再現性と採算性を構築できているかどうかだと思います。 プロとして継続的に物作りをするスタンスですと、たまたまクリーンヒットしてホームランを打っても、何の意味もありません。 まあ、逆に言えば、採算性度外視の優秀な自作マニアには敵わない、ということにもなりますが、もともと目指す方向が違うのです。)

今回、ジクが用意できたのは、1台目の方が不要になった鏡筒バンドを寄贈してくださったからで、1号機の方には、改めてお礼申し上げます。 ジグは功を奏し、組み立てた初期の段階で左右の鏡筒は十分に平行になっていました。

SKY90-BINO preliminarily assembled / SKY90-BINO 仮組み立て

Only the handle and the anodizings are left to be done.

ハンドルを仕上げ、アルマイトが完了したら完成です。 予想通り、仮組み立てをした段階(つまり鏡筒方向の微調整なし)で初期の光軸が出ていました。 最近のモデュール化の成果です。一応アリミゾの爪には調整機構を装備しましたが、それは保険のようなもの。 実際にはほとんど使いません。

Innovative bracket setting (SKY90-BINO) / アリガタのセット方法(SKY90-BINO)

Here is the pictorial of the innovative bracket setting with no processing on the OTA itself. You can easily restore the OTA to the original conditions at any time you like. The additional light path is only 2.5mm of the rib of the bracket base pipe.

鏡筒バンドを排除し、かつ鏡筒は無加工のままで、かつ光路長の消費はほぼゼロ(2.5mm)でアリガタを自由角度位置で固定する方法です。写真だけ見ると、杞憂を持たれるかも分かりませんが、すでに数台のBINOでその効果は実証済みです。 鏡筒の長手方向で保持しないと気がすまないのは、単なる固定観念の呪縛です。鏡筒の方向精度は鏡筒端面で受けても十分に出せます。 幅が80mm程度の一体型鏡筒バンドよりも、鏡筒径95mmの端面に倣う方がむしろ有利と言えます。 面が正確に規定できれば、それに直交するアリガタも光軸も正確であることが期待できます。