Feeding mechanism of the 115APO-BINO / 平行送り機構(115APO-BINO)

A great idea of feeding one of the OTAs hit on at the last stage of making.

初作のBINOは製作の終盤で良いアイデアが閃くことが多いのですが、今回もそうでした。
仮組立段階で初期図面に問題が発覚し、現場で最適なアイデアが閃くわけです。
天体望遠鏡仕様の双眼望遠鏡の目幅調整ですから、自作初心者はまずは旋盤の送り機構のような重厚なスライド機構を用意しようと考えますが(私自身もそうでした)、数十年の経験を経て、それほど大掛かりな機構は必要でないことを悟りました。よりシンプル、軽量に目的を果たすことが出来ます。
最近製作したスライド装置では、送り機構すら省いた物が多かったのですが、今回は、敢えて最適位置に送り機構を設けることで逆にクランプ機構が省けるため、構造は意外にシンプルです。 今回は依頼者の方の希望もあったこともあり、送り機構付きとしました。送り機構の仕組みから、リミッターを別に施工する必要もなくなりました。

今回の115ED-BINOの受注は、1.鏡筒平行移動方式、2.中軸架台セット という無理難題で^^;、受注時には具体的なプランは全く無かったのですが、土壇場で何とかなりそうです。^^