Vertical axes in the making (Center Mount:First Lot) / 製作中の垂直回転軸(兼アリミゾ)(新型中軸式架台)

Two parts of them are combined togeter into a single vertical axis, in such a way that the dovetail holders face both sides of the axis. A secret know-how established the perfect parallel of the holders of both sides.

 10個の部品がありますが、残念ながら10台分ではなく、5台分です。 垂直回転軸は同じ2つの部品を対称的に組み合わせていますが、それには理由があり、また両サイドのアリミゾが実用上完璧に平行になるのには、秘訣があります。 お察しのように、この部分が新型中軸式架台のコアの部分であり、最も時間がかかる箇所です。(10個の部品をここまで仕上げるのに丸二日かかっています。)



Horizontal adjustment mechanism (SWAROVSKI-X95-BINO) / 左アリミゾの方向調整(SWAROVSKI-X95-BINO)

A tapered boss on the bese plate and a pair of set screws on the left dovetail holder offer the optimum horizontal adjustment.This adjustment is only done at the original assembly. Users only use the X-Y image shifter on the right EMS.

 左のアリミゾの初期の方向調整の機構をお示しします。 画像でお分かりの通り、赤道義の極軸の方向調整と同じやり方です。ボスがテーパになっているのがミソで、左右からセットビスで強く挟むことで、下向きにアリミゾを密着させる効果もあります。



Short version of EMS-UM (SWAROVSKI-X95-BINO) / 極短バレルのEMS-UM(SWAROVSKI-X95-BINO)

The limited back focus of the Objective Unit of X95 allows minimum length of the connecting barrel of the EMS-UM.Only 6mm height of the tapered 2″ flange is the end barrel of the EMS-UM specialized for X95-BINO.

 EMSの接続リング類のほとんどは、外径2インチで統一し、製造サイドとユーザーさんサイドでの汎用性(はんようせい、と読みます。←”ぼんよう”と読む人が意外に多いので解説しました。^^;”凡庸”とは失敬な(ё_ё))を配慮したものです。X95の対物ユニットは、バックフォーカスが短いので、通常の2インチバレルは使用できません。代わりに、高さわずか6㎜の接続用の2インチテーパリングを使用します。(完成したら、通常はそこでは着脱しません。)

 (ところで、接続リング類の規格を出来るだけ統一することは、メリットが大きいのですが、今までには、これによって、あり得ないことが起こった例がありました。^^; 一年くらいEMSを使われた方からの問い合わせで、「2インチアイピースが半分ほどしか挿入できず、不便をしています。」というのがあり、我が耳(目)を疑いましたが、真相は、望遠鏡挿入側のバレルと、眼側のフィルターリング側を全く逆にして望遠鏡に取り付けて使用しておられたわけです。同じ径だから、確かに挿入可能です。 ここまで極端だと、皆さん笑って読まれたでしょうが、こうした誤解はレベルに応じてよくあるものです。 ついでになりますが、もっと衝撃を受けた例は、EMSの眼幅調整用のクレイフォードの意味を全く理解されておらず、左右のEMS全体を大きく倒して眼幅調整?をしておられ、「像が倒れる」現象にずっと悩まされておられました。(3年も^^;) これからEMS-BINOユーザーになられる方には、これらの事例を不安材料にされるのではなく、むしろ普通に素直に対面されれば普通に使える、ということで、安心材料にして欲しいと思います。人間、ドツボに嵌ると、思い込みから抜け出せません。何かトラぶった時は、大抵、基礎的な部分で大きな過ちを犯しているものです。)



Horizontal axes (Center-Mount) / 水平回転軸(5台分)

Five horizontal axes are in the making.

 加工中の水平回転軸、5台分です。

 内外筒の嵌め合い加工では、材料の規格の選定や加工手順が作業の能率や仕上がりに明暗を分けます。 ここは経験の蓄積が物を言います。



Horizontal drum (Center-Mount) / 水平回転ドラム(5台分)

Five horizontal drums are in the processing.

 加工中の水平回転ドラム、5台分です。

 アイピースバレル式ヘリコイドは、目下発展型を開発中です。発展型では、アイピースのバレルに直接螺旋溝を彫るのではなく、バレルぴったりに螺旋加工済みの肉薄パイプを履かせるものです。



The first lot of the Center-Mount has been launched / 新型中軸式架台の初期ロット(5台分)製作、始動!

The core parts of the Center Mount, vertical axes, are being processed.

 最も重要な部分の、垂直回転軸(兼アリミゾ)5台分の材料です。 試作の成功により、いよいよ本格的に製作します。

 (15cmF5-BINO-VERSION-9 の1号機は、先日納品させていただきました。新型の中軸式架台は、あらゆるBINOに適用可能です。ご希望の方はお早めに意思表示をお願いいたします。(中軸式か、HF経緯台仕様か、ということです。))



Comparison of EMS-UXL and -ULS (15cmF5-BINO VERSION-9) / EMS-UXLと-ULSの比較 (15cmF5-BINO VERSION-9)

EMS-UXL EMS-ULS EMS-UXL EMS-ULS

Here are the comparison photos of EMS-UXL and EMS-ULS.Yellow,blue, and red outline represents the outlines of the second mirror, first mirror, and objective lens respectively.

 EMS-UXLとEMS-ULSの第1ミラーのサイズの違いが、15cmF5-BINOにセットした時に、どう見えるかをお示ししました。まず、一番左の2枚は、アイピースを撤去したEMSの眼側から、眼を20㎝程度離して見た時の状態です。 両者とも大きくケラレていると思わないでください。これだけ眼を離せば、この口径でF5という超短焦点ですから、口径の縁が余裕を持って見えないのは普通です。また、敢えて円形の制限絞りを設けていないので、ミラーエッジが楕円に見えます。見掛けのアウトラインの短径方向が、実際のミラーの長径方向です。(黄色、水色、赤のラインがそれぞれ、第2ミラー、第1ミラー、対物レンズのアウトラインを示しています。)

 次の2枚の写真は、眼をアイピースの想定視野環位置に置いて見た状態です。 ULSで少し口径がケラレて見えますが、これはカメラの位置によるもので、実際には一応フル口径を確保しています。UXLでは十分に余裕があるのが分かります。

 右の2組(合計4枚)は、EMS単体(左用)同士を、それぞれ入射側(望遠鏡側)と射出側(アイピース側)から見て比較したものです。アイピース側から比較した写真が、撮影角度の関係でちょっと極端になりましたが、傾向に間違いはありません。 EMS-UXLの圧倒的な優位性がよく表れています。

 ただ、何度も繰り返しますが、一般的に90度対空の大型の正立光学系としては、ULS的な傾向が標準であり、EMS-UXLがプレミアムな仕様であるとご理解いただければ幸いです。 開口窓(or入射窓)が真円に見えるような制限絞りを設けていない理由は、視野全体の光量を重視するためです。真円の制限絞りを設けていないので、ミラーの長径の先端部分(長さ不足)に相当する口径がけられ(周辺減光)たとしても、その位置が左右の視野で異なるため、双眼視ではさらに問題にならないと言えます。(一部のために全体を犠牲にする必要はないという判断で、ハウジングに楽に収納できる場合は、ミラーを1:2まで細長く削っていません。)



Premium choice of the first mirror (15cmF5-BINO VERSION-9) / EMS-UXL(第1ミラーの大型化の選択) (15cmF5-BINO VERSION-9)

You can choose larger first mirror,EMS-UXL, for the 15cmF5-BINO as a premium choice.You can compare the sizes of the first mirrors of EMS-UXL and -ULS in the left photo.

 15cmF5-BINO用のEMSの接続リング(ハウジング←→ヘリコイド間)のアルマイトが完了しましたので、VERSION9-1号機のEMS-UXL(OPTION)に取り掛かっています。左の写真に、比較のために、EMS-ULS用の第一ミラーを一枚隣に置きました。 圧倒的な差がありますが、EMS-ULSでも光軸上の口径は確保しますので、冷静なご判断のもと、ご予算と相談してお決めください。

 繰り返しご説明していますが、第一ミラーをいくら大きくしても、使用できるアイピースの視野環径はほとんど変わりません。(極論すれば、EMS-UMでも、EWV-32mm(85度)がほとんどケラレません。)

 第一ミラーを大きくするのは、視野中心以外の口径食をいかに減らすか、という目的です。 先日もご説明した通り、市販の大型双眼鏡(特に対空型で著しい)では著しい口径食を許容せざるを得ず、また観察者がアイピースをセットした双眼鏡を覗いても、具体的に支障をきたすものではありません。(ずっと許容されている理由でしょう。) ただ、EMSの場合は、構造がシンプルなので、(意図と意気込みさえあれば)その許容されて来た口径食を大幅に緩和させる選択肢も用意されている、ということです。

 情報が過多になって、初心者の方を混乱させるのが怖いのですが、第一ミラーをさらに大きくする意図が理解でき、さらにご予算(3万円ほどアップ)に余裕がある方のみEMS-UXLをご選択いただけばよいかと思います。 15cmF5-BINOは、もともと、リーズナブルな15cmアクロマートBINOをご提供するのが主旨ですので、どうか、無理のないご計画をお立てください。( Best or Nothing になりませんように。)

(補足:大根を切るとき、先っぽを切ると断面は小さく、上に上がるほど断面が大きくなります。ここまではどなたも理解されますが、斜めに切ると断面が細長くなるのです。(これも表面上は理解されますが) EMSは入射角が60度です。 入射角とは、大多数の方が誤解しておられるように、反射面と光線との角度ではなく、反射面の法線と入射光線の角度です。 ですから、EMSでは入射光線はミラー面に30度という、極端な急傾斜で入って行くことになります。ですから、EMSは常にミラー(標準斜鏡を使用する場合)の長径方向の長さに飢えているわけです。 逆に言えば、短径方向は常に余剰があると言えます。EMSをアイピースなしでセットして見て、「ケラレています。」と言われる初心者の方が多いですが、それは前記のミラーの使い方が理由で、光路径の限界アウトラインが一般のプリズム双眼鏡のように円でなく楕円に見えるためで、問題ありません。)



Helical grooving on Naglar4-22mm / Naglar4-22mmへの螺旋溝加工

A pair of Naglar4-22mm grooved helical on the barrels. I made two jigs to chuck them for the processing.

Naglar4-22mm のバレルに螺旋溝加工を施しました。 まずは依頼者のご理解と英断に敬意を表したいと思います。EWV32mm(専用螺旋溝バレル仕様)との併用を前提に施工しています。 安全に加工するために、アイレンズ側とバレル先端側にjig-1とjig-2を作りました。jig-1は、クリックスライド式アイキャップを外した部分を安全に把握し、工作機械のチャックがjig1だけを把握するためで、jig-2はバレル内のレンズの保護と、軸出し用のセンター穴を受け持つものです。

Naglar4-22mm の螺旋溝は一応、施工可能な場所のほぼ全域(ストローク15mm)に施しました(後で溝を延長加工するのは困難なため)が、現実には、EWV32mmに対してピント位置がマイナス(アイピース内部)9mmくらい(光路を余計に消費する方向)に来るため、Naglar4は2インチスリーブにほぼ全挿入した状態で使用することになります。(と言うか、鏡筒側の摺動(粗動)フォーカサーで基準のピント位置の最適化が自由に行える。)

極論すれば、Naglar4-22mmが使用する2インチアイピースの中でピント位置が一番マイナス側である場合は、Naglar4-22mmだけは常に2インチスリーブに奥まで挿入して固定し、大元の摺動(粗動)フォーカサーでピント位置に固定しておけば、螺旋溝加工も省けます。ただ、わずかでも微調整の保険があると何かと便利です。

右の写真でご推察のように、Naglar4-22mmは3mm以上引き出さない位置で固定すれば、脱落防止溝の悪影響を排除できるわけです。 Naglar4-22mmを3mm以上引き出して2インチスリーブのクランプネジを締めますと、アイピースがクランプネジと反対の方向に微妙に傾斜することが危惧されますが、極端に引き出さず、かつ左右のクランプネジの締め方を均等にしておけば、双眼視に支障をきたすことはないでしょう。(たったの3mmと思われるかも分かりませんが、摺動(粗動)フォーカサーで事前にピント位置が最適化された状態であれば、微調整の3mmは十分な長さです。)

ステレオタイプ(stereotype)の呪縛(2009年5月26日の日記)



Helical barrels on Naglar4-22mm and EWV32mm / Naglar4-22mm と EWV32mm のバレルヘリコイドフォーカシング、動作確認

The customized helical barrel on EWV32mm worked perfect as I had expected.In the case of the Naglar4-22mm, I found that there is almost no place to grip with the clicking slide eye-cap fully retracted.So I had to lift the cap up so that I could grip and turn it.

 Naglar4-22mm と EWV32mm の簡易ヘリコイドフォーカシングシステムが完成し、試運転してみました。まず、EWV32mmの方は、専用バレルに交換しただけあって、予想通りに完璧な操作性を確認しました。一方、Naglar4-22mmは、機構自体は問題なく動作するのですが、スライド式のアイキャップを一番下に下ろした状態(私の場合、メガネ装用のまま覗くので)だと、掴む所が狭すぎる(写真の銀色の部分のみ)ことに気付きました。 つまり、合焦のために掴んで捻るために、アイキャップをいくらか持ち上げないといけません。(アイキャップの部分を回しても空回りする)

 プランジャーが常に一定の力でバレル(溝)を押しているわけですが(プランジャーはアジャスタブルです)、アイピースの抜き取りは意外に楽でした。 挿入時には、最初入りにくくて面くらいましたが、原因は微妙に傾いた状態で挿入しようとしていたことが分かり、真っ直ぐに差し込むとわりと自然に差し込めました。アイピースは真っ直ぐに、そしてプランジャーと反対のスリーブ内面にバレルがぴったりと添うようにイメージしながらやると、軽く挿入できます。 慣れない間は、2インチスリーブをBINOから外してからアイピースを挿入した状態で再度BINO(EMS)にセットされたら良いでしょう。

 両者のピント位置ですが、私が以前の記憶から9mmくらいと認識していたのに対し、7mmほどの差しかありませんでした。 画像には、同じ地上目標を観察した時のアイピースの引き出し量を示しています。 最初にNG4-22mmで2mmほど引き出した状態を基準にしてBINOメインの摺動フォーカサーを調節しておいて比べました。 この時、EWV32mmだと引き出し量が約9mmでした。 鏡筒のメインフォーカサーで大体に合わせたNG4-22mmは、簡易ヘリコイドシステムのわずか数ミリ以内の調整域で快適に追い込めました。 結論として、着脱や合焦操作にはある程度の慣れは必要なものの、十分に実用になる方式であることを確認いたしました。

 また、2種類の2インチアイピースで操作性を試しながら感じたのですが、スリーブはアイピースごとに最適化した物をセットで運用しますと、さらに便利だと気付きました。。天体用に限れば、ファーストライトの時にピントを合わせておけば、次回からは全てのアイピースが同焦点で、フォーカシング操作自体が不要になります。

 この15cmF5-BINO-VERSION-9 の1号機は、上記接眼部OPTIONの他、EMS-ULSの上位機種のEMS-UXL(0PTION)が完成次第に納品させていただきます。 EMS-ULSとEMS-UXLは、外観は全く同じ仕様で、第一ミラー(望遠鏡側)のサイズのみが変わります。

 15cmでF5という短焦点ですから、もともと光軸上でのフル口径の光束を確保するだけでも大変で、4回~6回(対空型)反射の市販の大型双眼鏡では、視野周辺での著しい口径食は当然のこととして許容されています(市販の90度対空型では特に顕著。便宜上”視野周辺”という言葉を用いましたが、正確には、減光は視野中心付近からスタートし、損失が周辺ほど漸増するものであり、口径食の性質上、視野のごく最周辺だけでゴトンと減光するという意味ではありません。)。(口径食は、視野のケラレとは別のことです。初心者(光学に暗い人)には見分けにくい現象です。)

 その意味では、視野中心以外の口径食にはさほど神経質になる必要はありませんが、EMSはたった2回の反射で正立像が得られるシンプルな光学系ですので、第一ミラーの選択によっては、その著しい視野周辺での口径食を大幅に緩和できる(低倍視野周辺の口径食を皆無にするのは、原理的にほぼ不可能)選択肢も用意されています。 標準のEMS-ULSは、視野中心での口径(15cm)を確保し、低倍時の周辺光量も実用上は全く問題はありませんが、ご予算に余裕があり、より多い視野全体の光量を目指す方には、EMS-UXLのご選択をお勧めします。 今回のEMS-UXLが完成しましたら、-ULSとの内部の比較写真を公開させていただく予定ですので、ご判断材料にしていただけると存じます。



31.7 Helicoid with Minus Profile Adapter! / BORG直進ヘリコイドS + マイナス・プロファイル-アダプター

31.7 Helicoid Adapters. A minus profiled adapter saved 4mm than the standard one.

 このサイトをよく見てくださっていれば、EMSの接眼部が外径2インチのテーパフランジ形状になっていることをご承知のことと思います。 通常、このテーパフランジには48㎜規格の無色透明の防塵フィルターをセットし、内部への埃の侵入と、不用意に挿入された長すぎるアイピース類の先端がミラーを損傷するのを防いでいます。 そのため、31.7ヘリコイドセットの全高を標準よりも低くするのには細心の注意が必要です。 単純に内径2インチのベースキャップ部分を短縮したのでは、キャップの奥がフィルター枠に干渉し、テーパフランジの奥までかぶされらなくなってしまいます。

 つまり、BORGの直進ヘリコイドSの底部(36.4ネジ部先端)がフィルター面に接触せず、かつフィルター面より数ミリ高いフィルター枠がアダプターに干渉しないこと、さらにはアダプターに落ち込む(mimus profile)ヘリコイドのローレット部がアダプターの内径に接触してはなりません。

 それらの諸条件を満たしながら、ぎりぎり4mm総高を低くするためのアダプターの製作に成功しました。 使用するアイピースのピント位置の組み合わせにもより、最適な物を選んでいただくことになります。 因みに、2インチバレルに螺旋を施した簡易ヘリコイドシステムの総高=58mm≦78mm となりますので、一般的には短いタイプ(low-profile)の方が便利かと予想します。

 逆に総高を高くしないといけない場合は、何らの制約もありませんので、ずっと簡単です。