フィールドスコープ KOWA TSN-883用アダプター・リング

fsad4

 昨年から、とある計画をすすめているのですが、その一環として、フィールド・スコープをファインダーとして使う、という事を試みました。ファインダーとしての機能のみならず、同時に高品位の屈折の像まで楽しんでしまおう、というものです。

 フィールド・スコープは、80mmを超える口径でEDレンズ、正立像、そして本体重量が1.5㎏ などという、信じられないスペックが目白押しです。ところが、大口径のフィールド・スコープでは最大実視界は2.4°止まりがほとんどで、3°を超えるものは、あまりありません。以前は実視界3°を超えるアイピースも各社出していたようですが、どうも人気が無く、今はあまり生産されていないようです。NAV-HWと双眼鏡EDGシリーズで技術力の高さを見せ付けた、ニコン・ビジョンのEDG 85-A は3.3°の実視界が得られますが、本体が2㎏ あって、他社のものよりひときわ重いようです。

 まあ、とにかく覗いてみよう、という訳で、さっそくあれこれ比較してみました。やはり口径の差は歴然としていて、どうしても80mmは欲しいところです。私が大いに期待したEDG 85-A は、アイピースの交換が、とにかく大変。怪力が無いと出来ませんでした。何で、アイピースも双眼鏡も、そしてフィールド・スコープも光学性能は素晴らしいのに詰めが甘いのでしょうね。結局選択したのは、Kowa Prominar TSN-883。88mmもの口径があって、しかもフローライト・クリスタルレンズ、本体1.5㎏。最も明るく像も秀逸でした。アイピース:TE-17W で実視野2.4°、見掛け視界72°です。それにしても、昔の望遠鏡の感覚からすると、ほとんど信じられないスペックです。望遠鏡業界の感覚が、未だに古典的・保守的概念から脱却できない部分を常々感じていますが、ここでもそれを感じてしまいました。

 さて、さっそく各種天体用アイピースで試してみました。愛用している笠井 EWV 32mm は、2インチバレルにレンズが詰まっておらず、しかも外す事が出来ます。しかも、スコープ本体のアイピース口部のリングを外して、これを被せるようにして見ると、無限遠でピントが出て、しかも実視野は3°以上取れているようです。ただし、見掛け視界は85°は得られません。専用アイピースの挿入部の径が細く、2”アイピースでは、視野がしっかりケラれてしまいます。アイピース・コンバーター TSN-EC3 を使って昔発売されていたTE-21WD を装着すると3°得られるようですが、今は入手が困難です。

純正アイピース:TE-17W を装着したところ

fsad1

リングを外したところ

fsad2

EWV 32mm を被せてみた。ピッタリ!

fsad3

 スコープ本体のアイピース口のリングは、口径54mmのネジ、EWV 32mm の鏡胴部(黒い部分)内径(2インチバレルを外した所)のネジは56mm、この、54mm→56mmのステップ・アップ・リングは、市販品には見当たりません。そこで、松本さんに製作を依頼した次第です。松本さんは、まるでドラえもんのようです。あっという間に、外周にギザギザの付いたフランジ付きのステップ・アップ・リングを作って下さいました。松本さんに送ったのは、スコープ本体のアイピース口のリングのみ。これを基にジグを製作して、ステップ・アップ・リングを作った、との事です。流石の技術力ですね。

松本製ステップ・アップ・リング

fsad6

EWV 32mm に装着したところ

fsad5

 とはいうものの純正のネジではありませんから、このような場合、何らかの潤滑材を使用しておいた方が安全です。使用したのは、テフロン配合のオイル:Wako’s メンテループごく少量。APM-Bino の耳軸のメンテに使用しているものです。装着してみると、まるで標準のアイピースのようで、ピッタリです。

fsad4

 フィールド・スコープは、焦点距離等の情報は公開しておらず、各社、問い合わせても教えてくれません。ただ、このスコープの焦点距離が500mmである、という話を聞きました。そうすると、f5.68、EWV 32mm で、15.6倍、実視界5.4°、射出瞳径5.63mmとなりますが、視野がしっかりケラれるので、手持ちの機材との比較で、EWV 32mm を装着した時の実視界、見掛け視界がどの位なのか、チェックしてみました。実視界は、何と、約4°、見掛け視界は、62°位でしょうか。また、しっかりケラれた分、目の位置がシヴィアになります。的確に眼の位置を合わせないとブラック・アウトしてしまうし、アイピースに眼を近づきすぎても遠すぎても見掛け視界は狭くなります。

口径 F 焦点距離 倍率 実視界 見かけ視界 アイレリーフ 射出瞳径
TSN-883 88mm 5.68 500mm
EWV 32mm 15.6 4°* 62°* 20mm 5.63mm
TE-17W 16.6mm* 30 2.4° 72° 20mm 2.9mm

                            * 推定値

 このスコープが活躍するのは、早くて春。現在は待ち遠しい日々を送っております。

 フィールド・スコープは、焦点距離等の情報は公開しておらず、各社、問い合わせても教えてくれません。ただ、このスコープの焦点距離が500mmである、という話を聞きました。そうすると、f5.68、EWV 32mm で、15.6倍、実視界5.4°、射出瞳径5.63mmとなりますが、視野がしっかりケラれるので、手持ちの機材との比較で、EWV 32mm を装着した時の実視界、見掛け視界がどの位なのか、チェックしてみました。実視界は、何と、約4°、見掛け視界は、62°位でしょうか。また、しっかりケラれた分、目の位置がシヴィアになります。的確に眼の位置を合わせないとブラック・アウトしてしまうし、アイピースに眼を近づきすぎても遠すぎても見掛け視界は狭くなります。

口径 F 焦点距離 倍率 実視界 見かけ視界 アイレリーフ 射出瞳径
TSN-883 88mm 5.68 500mm
EWV 32mm 15.6 4°* 62°* 20mm 5.63mm
TE-17W 16.6mm* 30 2.4° 72° 20mm 2.9mm

                            * 推定値

 このスコープが活躍するのは、早くて春。現在は待ち遠しい日々を送っております。

横浜市 Y.K.

管理者のコメント;

 YKさんより、フィールドスコープ用のアダプターに関するリポートをいただきました。

  小さなパーツを大きく評価してくださって、本当に製作者冥利に尽きます。 私は自分の機械加工はまだまだ素人の段階だと思っていますが、特に肉が薄いパーツの製作には気を使います。 加工物その物よりも、それを保持したりするためのジグ(最近、”治具”は英語の jig の借用だと知りました。)の製作や加工手順のプランニングの段階で勝負が決まります。
 さて、このスコープは進行中の巨大プロジェクトのファインダーに過ぎないのですが、私もその本命の完成を楽しみにしております。 この度はまた、タイムリーにパーツのリポートをくださいまして、誠にありがとうございました。



Knobs of the Dovotail holderノブが出来ました。

knob

Knobs are completed. Waiting for the left screw tap for the clamping head to come.

ノブが出来ました。 依頼者の方ご指定のサイズ、形状です。 このくらい(外径40mm)あると、指先だけで軽く締まるのだそうです。  もう全体が完成しているはずでしたが、届いた左タップ(のはず^^;)が、実は右タップと分かり、急遽再手配中です。(こういう間違いは珍しくありません。 機材屋さんも正しく発注したそうなので、メーカーの管理(出荷)ミスでした。)



The main part of the dovotail holderアリミゾのメインパーツです

azmp234

This is the main part of the dovetail holder. It will make a finished holder in combination with the clamping parts I introduced below.

 これがアリミゾの主要部です。 昨日のクランプパーツと合体して完成します。 いや、まだ依頼者の方ご指定の特製ノブを製作しないといけません。^^;



The core parts of the dovotail holder clampアリミゾクランプの心臓部です

bstip3

bstip1

bstip2

The shape of every corner of the brass tip has its own meaning.The dove-tailed side shape is for the straight movement, and the step of the bottom is for the limiter of the stroke.

 今日の写真で昨日のパーツの意味がお分かりになったと思います。

 真鍮パーツのアリガタ形状はまさしく、アリミゾ状のガイドに従うためであり、下部の段差は、アリミゾが空の状態で無用に締め込んで行った際のリミッター(パーツの脱落防止)の役割を担います。真鍮製のクランプヘッドは、M6の左ネジにより、時計回りにクランプノブをねじることで前進します。 これが右ネジだと逆になるので、クランプヘッドが直感に反した動きをしてしまいます。



Clamping Head Guide小さくても重要なパーツ(-2)

azazp

It looks too small for the dovetail holder for an OTA of 130mm doesn’t it?It is not the dovetail holder itself,. but the guide of the clamping head.

 鏡筒保持用のアリミゾ本体にしては小さ過ぎますね。これは面押しクランプ用のヘッドが正確に、しかも強力にアリガタをキャッチするようにするためのガイドの部分です。 前回ご紹介したネジ部分と併せて、重要かつ、初めての加工なので、真っ先にクリヤーしておかないといけません。 加工が不可能な場合は、設計変更となるからです。

 CNC加工としてはシンプルな方ですが、それでも初めて加工する時は、長時間を費やして組んだプログラムが意図した通りに動くかどうか、目が離せません。



A small but important part小さくても重要なパーツ

lfcr

Not yet finished, but this is an important part of the new central axis Alti-Azi mount I am making now.This is the clamp screw of the dovetail holder. The left handed screw will take an important role of pushing the cramping piece to the dovetail.

 今製作中の中軸式架台のアリミゾクランプに用いるネジです。 計画中のクランプ機構の実現には、左ネジがどうしても必要になる(アリガタをネジで直接押すのではなく、面押しクランピングピースを介す)のですが、ノブメーカーに特注のネジ部を見積もってもらったら@¥15,000くらいかかるようで、結局自分で製作することになりました。 まだ完成形ではありませんが、もうこれで、私にはアリミゾ機構全体の完成図が見えています。 結局、ノブも私が作ることになりました。.

 設計の推敲と特殊工具の注文で、随分と時間がかかってしまいましたが、これより工程が目に見える予定です。(経験不足と工具をいたわる気持ちから、今まではステンレスの加工を難削材として敬遠して来ましたが、本経験により、克服できたようです。)



15cmF5BINO新型”VERSION-8″新発売


 


(2014年12月21日、追記)
15cmF5BINO新型”VERSION-8″は発展的に中止し、VERSION9に移行しています。VERSION9につきましては、今後はリピーターの方、及び、当方で完成品を受け取れる方のご注文のみお受けすることに致しました。
また、一般的に、ここ数年でBINOの一貫製作の受注を中止する予定でございますが、経過措置として、受注も限定して行く所存でございます。(2011年2月15日)
銀ミラー移行後の2回目のVERSION-UPです。今日までに培ったノウハウを結集し、
DEEP-SKY用BINOとしての能力をさらに際立たせました。

 

VERSION-7(直前モデル)からの改善点:

1.EMSの第1ミラーハウジングの大型化

2.クレイフォード・フォーカサーの大型化;
2.5インチ(内径65mm)→3.5インチ(内径90㎜)

3.目幅クレイフォードの剛性アップ

 

価格は当面旧バージョン価格で据え置きます。

写真の1号機は3月7日に売約済みとなりましたが、現在お問い合わせいただいている
方々には優先的に対応させていただく所存です。(3月8日)(2号機は納期約1か月半、3号機は約3か月の納期予定)

 


15cmF5BINO新型”VERSION-8″価格表(消費税込み)(2011年2月15日)

本体価格 本体重量 幅広改造HF経緯台 BINO本体+経緯台の価格
15cmF5BINO \468,000 15kg \34,800 \502,800

 

カウンターウェイトシステム
counter weight system
OPTIONS \9,800

 

 ファインダー、アイピース、三脚等のOPTIONにつきましては、個別にご相談くださいませ。
(倒立像の標準ファインダーは附属します。)

 

Specifications
目幅調整範囲60mm(57.5mm)~75mm(78mm)

対物レンズ アクロマート
有効径 150mm
口径比 F5
焦点距離 750mm

正立光学系EMS正立系の反射回数2回本体重量15kg

 








photo1 photo2 photo3 photo4 photo5 photo6

 


 







photo7 photo8 photo9 photo10 photo11 photo12 photo13

 


 

 第5世代仕様(VERSION-5)以降、素材鏡筒の純正フォーカサーよりも一回り大きい、2.5インチクラス(内径65㎜)のクレイフォード・フォーカサーを採用して来ましたが、この度、第一
ミラーハウジングの大型化に伴い、思い切って3.5インチクラス(内径90㎜)のオリジナルフォーカサーを開発いたしました。ミラーハウジングやフォーカサーの大型化は、バックフォーカスのさらなる消費や重量増を伴うのが通例ですが、
鏡筒フランジをフォーカサーの外筒構造物として利用するという独創的なアイデアにより、追加重量なしで、逆に従来以上のバックフォーカスの追加確保という、大きな副産物まで獲得しました。接眼部の大型化は、最大限の周辺光量の確保と、コントラストの向上に大きく寄与します。写真6は素材鏡筒オリジナルのフォーカサー(左)と、当BINOのフォーカサー(右)を比較したものですが、
右の3.5インチフォーカサーの方がコントラスト向上に於いても格段に有利なことがよく分かります。

 


 

15cmF5-BINOの使い方(3月11日)

BINO本体が健全な状態を維持している限り、特に注意を要することはありません。
急に倍率を上げた時等にもし光軸のずれを感じられたら、右のEMSの第1ハウジングに設置してあるX-Y調整ノブ
を45度以内で調整されることで瞬時に調整することが出来ます。 これも頻繁に必要なわけではなく、同一観察者が
使用する限り、一度高めの倍率で観察された後は、その夜はこのノブさえ触ることはほとんどないでしょう。
X-Yノブと右の鏡筒の像の移動方向の関係については、こちらをご参照くださいませ。
また、同ノブを盛大に回転させないと像が上下にだぶるようでしたら、BINO本体のねじれが生じていますので、以下の方法で復元してください。(これも極めて簡単です。)

 


 

15cmF5-BINOのキャリブレーション(calibration)

「調整方法」という言葉が双眼初心者の方との齟齬を生ずる原因となっていたように思いますので、代わりに
キャリブレーション(calibration)という英語を使わせていただくことにします。

15cmF5-BINOは鏡筒(の平行度)の調整機構を省くことで、鏡筒2本からの追加重量ほぼゼロでBINOを構成しています。
また、調整機構がないのですから、調整が狂うこともありません。 極めてシンプルで、初心者にも優しいBINOであると言えます。

ただし、このBINOは、2つの鏡筒バンドをメガネ型に連結した物を前後に2組(合計4個)配置したフレーム構造を採っているため、
水平方向には鏡筒の平行度が狂う要素は全くありませんが、強くねじると、上下方向にねじれることがあり(その特徴を初期調整に利用しています)ますので、それを原点に復帰させる方法は知っておいていただく必要がございます。

ということで、”ゼロ設定”というような意味で、”キャリブレーション(calibraton)”という言葉を使わせていただきました。

 

どんな時に”キャリブレーション(calibration)”が必要なのか?

EMSのYノブ(金色の矢印シール)は常にほぼ原点方向(第2ミラーユニットの方向)を指しているのが理想です。 観察に支障がなければ、多少矢印が倒れていても、そう神経質になられる必要はありませんが、それが常時45度以上倒れた状態になるようでしたら、BINO全体がねじれていますので、次のようにして復元してください。(”ねじれ”は、BINO本体全体のねじれのことです。(下右の画像)。 このようなねじれが生じますと、EMSのYノブが原点位置の状態では、左右の鏡筒の像が上下にだぶることになります。)

 



 

”キャリブレーション(calibration)”の方法

方法と言うほど難しいものではありません。
まず、最低倍率のアイピースをBINOにセットし、右のEMSのYノブを原点に戻してみてください。 もし、その時に左右の像が上下方向にだぶって見えていたら、それを打ち消すようにBINO全体を強くねじるだけです。(ねじる方向に迷う必要はありません。 どちらかにねじってみて、もしずれが拡大したら逆方向にねじれば良いのです。)
固くてねじれない場合は、鏡筒バンドの4個のネジをほんの少しずつ緩めてからやってください。(上左の画像)(調整後は、元の状態に締めておいてください。)
この時、ハンドルやEMS、あるいはフォーカサー等のデリケートな部分を持って
ねじらないようにしてください。 フランジ付近の頑丈な部分を、片方は下から、もう片方は上から手を添えて、強くねじります。

老婆心ながら、付け加えますと、ねじる、というのは、ごく微量であり、この図のように外見で分かるレベルではありません。
低倍のアイピースで地上の目標を見ながら、像が合致するように調整してください。 このキャリブレーションは1次元の調整であることと、像の上下方向のずれには眼の補正がほとんど介入しないので、極めて簡単に行えます。

横方向については、バンド結束の構造上、狂いは生じ得ません。 低倍用BINOとしては十分に初期調整して出荷しているつもりですが、敢えて追い込みたい場合は、鏡筒バンドの底に紙等のシムを挟んでくださっても結構です。

地上の近距離の目標については、距離の近さに応じてXノブは反時計回りにいくらか倒れているのが正常なので、それにはあまり神経質になる必要はありません。

 



Graduated Ring, Analogue Setting Circle, on the HF mountHF経緯台に目盛り環を付けてみました

Now that local real time coordinates, Azimth and Altitude, are always accessable by a smart phone such as “iPhone4”, I thought that simpler devices on the mount would give us enough navigaition to the designated celestial object. There must be more simple way than be annoyed by complicated cables from the encoders connected to the controller.

It is a pitty that any of the star watching applications for iPhone has never reached the level of using as a digital setting circles on the scopes.Instead of that, I found a digital inclinometer would give enough precision for the Altitude display for the rich-field binoscopes.

And then, which device for the Azimith measurement will give the good solution? I got a cheap digital compass at first and tried it, but found it too slow to show the number before judging its unstability. After thinking of some other devices in vain, I reached the idea that traditional analogue setting circle will be better than the unstable digital compass or others. I have carved the scale lines and numbers on the pillar top ring of the VIXEN’s HF Alti-Azi Mount by the 4-axis CNC milling machine.

 導入支援システムはすでにあらゆる製品が成熟した形で供給されていますが、スマートフォンの進化と関連アプリの充実により、天体ごとのリアルタイムの正確な位置情報(方位と高度角)に簡単にアクセス出来るようになった今日、よりシンプルな導入手段も構築出来るのではないか?と模索中です。 当然のことと受け入れておられると思いますが、2つのエンコーダと表示器やコントローラーもしくは電源等を繋ぐケーブルを鬱陶しく思われたことは、誰しも一度や二度はあるのではないでしょうか。

 また、BINO用の中軸式架台では、左右の鏡筒の隙間に垂直回転軸とエンコーダを挿入しないといけません。 これもこのコーナーで解決例をお示ししているわけですが、仮に中軸式架台の垂直回転軸にエンコーダを仕込まなくても良いとすると、極めてシンプルで剛性の高い新規な構造が実現します。 その意味でも、上記のシンプルな導入手段を検討してみる意義は大きいわけです。

 今日ご紹介する目盛り環は、中軸式架台とは直接関係ありませんが、店頭に置いている10cmF5-BINO(初期の試作品)のHF経緯台の水平回転軸に目盛りを入れてみたものです。 当然ながら、目盛り環は径が大きいほど良いのですが、天頂時に鏡筒等と干渉するというジレンマもあり、今回はごくシンプルに、追加部品を持ち込まずに、架台の該当部に直接加工してみました。(焦点距離500mm、EWV32㎜で15.6倍、5.4度の実視界ですので充分に実用になるでしょう。)

 高度角の方は、ケーブルフリーのコンパクトなデジタル傾斜計が充分に役に立つことをweb上の情報から確信しており(誤差±0.1度以下)、現在注文中です。入手しましたら、またご紹介します。