鳥取県の山内さんのED102S-BINOです

ed1021ed1022

 シュワルツ120S-Binoを入手してから1年経ちました、入手後は機会ある毎に山小屋で観望をしておりましてそれなりに楽しんでいました。

 120SはF5 600mmなので倍率をあまり上げられません、たまには惑星のうち好きな木星、土星を高倍率で見てみたくなり、観望始めたころ入手したVixen ED102SをBino化することを思い立ち、松本さんに相談したところ、Vixenのフォークマウントに無理なく乗るし、EDで見る惑星は素晴らしいものがあると教えられその気になり、昨年末更にED-102Sを購入した。

 松本さんの工程に上手く乗せていただき、たまには邪魔をしながら手伝いをして、いろいろカスタマイズをお願いしながら完成していただいた、三脚はチビーノと共用として、ファインダーはEMS-Sの正立、これはED102Sを最初に購入したときのものを転用し天頂でも導入可能とした、その他テルラドも初期のものから転用した。

 3月末には完成したがなかなか観望の良い機会に恵まれなかったが、梅雨も明けた今日、久しぶりに綺麗な月を見ることが出来たので、その感想を書いてみたい。

 最初にWV-32改を使用してみたがアポクロマートの120Sでは月の周辺に色収差が出ているが、ED102Sでは色収差は全くなく、25mm、17mm、12,5mmと差し替え、倍率を28.75  36.8  54.1  73.6と順次上げていったが、やはり色収差は全く感じられなかった。

 月面をじっくり観望したが、クレーターや海の部分もくっきりとしており、コントラストはとにかくすばらしいの一言に尽きる、明るさも色収差のない分光が一点に集中する為か120Sより明るい感じがする。

また月面を見ていて巨大なバルーンを見ているように感じたが、不思議な事に月の質量を感じた、立体感があり中心部付近がこちらに膨れている感じが如実に伝わってきて、どうしてこんなに巨大な天体が空中に浮いているのか不思議な感慨に取り付かれた、これは素人の感想と同じである。

 また、さそり座のアンタレスの赤い色もピンポイントでありながら、見事な赤色と言うより金色に輝いていた、月明の為M-4は見えなかった、今後の銀河探訪や観望が楽しみである。

 何年たっても観望技術は独力の為向上しないが今年の双眼サミットに持ち込んで諸先輩のご批評を得たいと考えているが、これから機会あるごとに観望を続け手持ちのアイピースの最高倍率5mm 184倍を使いこなしてみたいと思っている。

 今までにチビーノ、ナビーノ、EDビーノの3台を手にしているが夫々鏡筒に特徴があり、使い分け、棲み分けをしたいと思っている、1台を手放してグレードアップをはかったらという人もいるが、一度手にしたEMS-Binoは絶対手放すつもりはなく、グレードアップは4台目の購入になると思う、それ程一度手にしたら愛着のあるEMS双眼望遠鏡である。

山内 満喜男


管理者のコメント;
 山内さんの3台目のBINOとなったED102S-BINOについて、ご投稿いただきました。   時間的なマニア歴はまだ若い山内さんですが、連続して3台のEMS-BINOを使いこなしておられるのには目を見張らされます。

  説明が省略してありますが、テルラドの上には水準器を設置しておられ、スーパーナビゲーターの設定の能率と精度が向上しています。 また、表示器も見やすい位置に固定されています。

 ED102S-BINOが3月下旬に完成してから、まだ主な惑星の観測好期が到来していませんが、これから惑星をじっくりと観測された感想を伺うのが楽しみです。

 6月に北九州のTさんのED130SS-BINOを納品(兼ファーストライト)した際には、山内さんには大変お世話になりました。改めてお礼申し上げます。